先生があなたに伝えたいこと / 【小瀬 忠男】大事なのは「患者さんの痛みに共感」し、その方にとって最適なオーダーメイドの治療を提供することです。

先生があなたに伝えたいこと

【小瀬 忠男】大事なのは「患者さんの痛みに共感」し、その方にとって最適なオーダーメイドの治療を提供することです。

医療法人社団 愛宝会 浜田山病院 小瀬 忠男 先生

医療法人社団 愛宝会 浜田山病院
おせ   ただお
小瀬 忠男 先生
専門:関節外科(股関節膝関節脊椎)・スポーツ整形外科

小瀬先生の一面

1.最近気になることは何ですか?
行きつけのラーメン店のチャーシューが少し小さくなった事。

2.休日には何をして過ごしますか?
家族とゆっくり過ごしています。

携帯・スマートフォンサイトもチェック!

携帯電話・スマートフォン

バーコードリーダーで読み取ってください。携帯電話・スマートフォンからもご覧いただけます。
https://kansetsu-itai.com/m/interview/dr221.php

*携帯電話・スマートフォンからアクセスしていただく場合、パケット通信料は、お客様のご負担となりますので予めご了承ください。

QRコード

先生からのメッセージ

大事なのは「患者さんの痛みに共感」し、その方にとって最適なオーダーメイドの治療を提供することです。

Q. まず、関節や腰の痛みで初めて受診したときの診察について教えてください。先生が特に心がけておられることはありますか?

医療法人社団 愛宝会 浜田山病院 小瀬 忠男 先生A. 私のモットーは「患者さんに笑顔を提供できる治療」です。そのための第一歩は「患者さんの痛みに共感すること」ですから、診察では、何よりそのことを心がけています。まずは、いつから、どこがどのように痛いのか時間をかけてよく聞き取ります。その痛みに対して、MRICT、血液検査などで精査しますが、それは「痛みのあるその日のうちに」というのが大事です。診断の精度は情報の正確さと量に比例するからです。こうした得た情報を基に、治療方針を来院初日に決定します。

Q. 具体的にはどのような疾患の方が多いのでしょうか?

A. 変形性股関節症(へんけいせいこかんせつしょう)変形性膝関節症(へんけいせいひざかんせつしょう)、また腰痛では、脊椎圧迫骨折(せきついあっぱくこっせつ)が増えています。脊椎圧迫骨折は骨粗鬆症(こつそしょうしょう)などによって脊椎が潰れてしまうもので、変形性関節症とともに加齢も大きな要因となります。

変形性股関節症

変形性膝関節症

脊椎圧迫骨折

医療法人社団 愛宝会 浜田山病院 小瀬 忠男 先生Q. では治療についてですが、すぐに手術が必要なのでしょうか?

A. 診断結果によっては患者さんの生活の質(QOL)を第一に考え、手術をお勧めすることもあります。ですが保存的治療が有効なことも少なくありません。変形性股関節症、膝関節症なら筋力トレーニングや場合によって痛み止めなどの投薬治療、装具治療など、患者さんの状態によって選択します。手術につきましては、比較的初期なら、自身の関節を温存できる骨切り術(こつきりじゅつ)を選択し、軟骨がほぼ消失してしまっているような進行期なら人工関節置換術(じんこうかんせつちかんじゅつ)が適応となります。
脊椎圧迫骨折は、安静、鎮痛剤内服やコルセットの着用から始まり、ブロック注射でも軽快しないようでしたら椎体形成術を行っています。

Q. 脊椎圧迫骨折における椎体形成術とはどういう手術なのですか?

A. 骨折した骨に小さなバルーン(風船)の付いた手術器具を入れ、風船を膨らませて潰れた骨を、出来る限り骨折前に近いところまで持ち上げます。風船を抜いたあとの空洞には骨セメントを入れるという手術です。小さな傷で手術時間も短く、患者さんの負担が少ないのがメリットです。但し骨折した骨の数や形などによって適応とならないこともあります。

脊椎圧迫骨折における椎体形成術

Q. 人工関節手術における手術手技についてはいかがでしょう。進歩しているのでしょうか?

ナビゲーションシステムを用いた人工膝関節手術A. MIS(最小侵襲手術)の時代からナビゲーションの時代に突入していると思います。当院でも導入していますが、それは、「患者さんは人生をかけて手術に臨んでいる」からです。これに対して私たちは「1mm、1度のズレも許さない、妥協しない技術を」を提供しなくてはなりません。それを日々の研鑽とナビゲーションシステムで実践しているわけです。もちろんMISも必要な手術だと思っています。傷は少しでも小さいほうが良いでしょう。ですが、MISが傷の小ささばかりにこだわって、患部がしっかり見えないとか正確性が少しでも劣るならば、それは何の意味もないと私は考えます。最優先は"正確な手術"であり、20年間はちゃんと使える人工関節なのです。それが実現できるのであれば可能な限り傷は小さく、特に患者さんがそう望まれればそれを行うという考え方ですね。ドクターごとに正義はありますから、何が間違いというのではなく、それが私の正義かなと思います。

医療法人社団 愛宝会 浜田山病院 小瀬 忠男 先生Q. 大変よくわかりました。先生が目指される正確な手術のためにナビゲーションは有効というわけですね。

A. 術者の優れた技術にナビゲーションがあったらさらに良いと思いますよ。そのほうが患者さんにとってプラスだと考えます。たとえば今やカーナビは、タクシーにも付いていますよね。それは、道を熟知しているプロのタクシーの運転手さんも、カーナビを使えばさらに早く、より正確にお客様を目的地に送れるということなのです。もちろんナビゲーションがなくても手術はできるし、ナビゲーションが指示するままに手術をするわけではありません。より良い手術のために大いに参考にして、決めるのはプロとしての医師の自分です。ナビゲーションの指示よりも自分が良いと判断すれば、自分の思うように人工関節を入れます。

Q. ナビゲーションの進歩もさらに期待したいですね。

A. まだまだ発展途上ですからね。でも10年後、20年後には進歩してナビゲーション手術はスタンダードになるのではないでしょうか。しかしながら今のナビゲーションを使いこなせないと、次世代のナビゲーションも使えないと思います。

Q. 人工関節自体の進歩についてはいかがですか?

医療法人社団 愛宝会 浜田山病院 小瀬 忠男 先生A. 人工関節も進歩しています。たとえば人工関節のパーツ同士がこすれあう、摺動面(しゅうどうめん)です。軟骨にあたるポリエチレンが進歩して摩耗しづらくなり、人工関節が弛むというリスクはますます低減しています。また、サイズやデザインも日本人に合ったものが出てきました。そして、それらの良い道具をきちんと正確に入れるのは、やはり医師の技術です。私は思うのですが、「弘法筆を選ばず」といいますけれども、それは例えであって、弘法さんはそのとき最高の筆を使われていたはずです。良い道具と弘法さんの腕で素晴らしい書となるわけです。医師も道具に頼らず匠の技を磨き続けないといけません。

医療法人社団 愛宝会 浜田山病院 小瀬 忠男 先生Q. 今回、先生の治療に対する熱い思いがよく伝わってきました。最後に、先生がかねがねいっておられる「地域に根差した治療」についても、お考えをお聞かせいただけますか?

A. 人生をかけて手術を受けられる患者さんに呼応し、私たちもこの病院に根差し、患者さんと添い遂げることを信条としています。患者さんには手術後に長い人生が待っているわけですから、「最後まで診る」ことが重要だと思っています。

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

小瀬 忠男 先生からのメッセージ

※ムービーの上にマウスを持っていくと再生ボタンが表示されます。

取材日:2017.8.18

*本ページは個人の意見であり、必ずしも全ての方にあてはまるわけではありませんので詳しくは主治医にご相談ください。

先生の一覧へ戻る

病院検索をする

ページトップへ戻る

先生があなたに伝えたいこと

股関節股関節

膝関節膝関節

肩関節肩関節

肘関節肘関節

足関節足関節

手の外科手の外科

脊椎脊椎

病院検索 あなたの街の病院を検索!

先生があなたに伝えたいこと 動画によるメッセージも配信中!