先生があなたに伝えたいこと / 【寺山 弘志】低侵襲手術の実績は1000例を超えました。早期に、動きの制限なく元の生活に戻れるよう、できるだけ筋肉などを温存できる手術方法を日々追究しています。

先生があなたに伝えたいこと

【寺山 弘志】低侵襲手術の実績は1000例を超えました。早期に、動きの制限なく元の生活に戻れるよう、できるだけ筋肉などを温存できる手術方法を日々追究しています。

医療法人サカもみの木会 サカ緑井病院 寺山 弘志 先生

医療法人サカもみの木会 サカ緑井病院
てらやま ひろし
寺山 弘志 先生
専門:股関節

寺山先生の一面

1.休日には何をして過ごしますか?
最近は病院に引きこもり気味です(苦笑)。時々友人が心配して連れ出してくれるので、年に数回は一緒にゴルフを楽しんでいます。

2.最近気になることは何ですか?
人工股関節置換術で関節包と靭帯を温存させる手技を浸透させたいと思っています。各地の病院で行われている手技を見に行き、情報交換をして刺激を受けています。

先生からのメッセージ

低侵襲手術の実績は1000例を超えました。早期に、動きの制限なく元の生活に戻れるよう、できるだけ筋肉などを温存できる手術方法を日々追究しています。

Q. まず始めに、股関節はどんな構造になっているのでしょうか?

A. 股関節は人体最大の関節で、大腿骨側にある丸い大腿骨頭が骨盤の受け皿となるお椀のような臼蓋(きゅうがい)にはまり込む構造になっている球関節です。本来、四つ足歩行で一番うまく体重がかかる構造になっているのですが、二足歩行になったことで、最も大きい関節ゆえに負担がかかりやすく、加齢とともに関節を覆う軟骨が摩耗し、痛みが出やすくなる関節でもあります。

Q. 股関節の疾患について教えてください。

A. 日本人には臼蓋のつくりが浅い臼蓋形成不全(きゅうがいけいせいふぜん)が原因で起こる変形性股関節症(へんけいせいこかんせつしょう)が最も多いのですが、股関節の軟骨部分にあたる股関節唇(こかんせつしん)が痛む股関節唇損傷も増えていることが、近年MRIの進歩でわかってきました。股関節唇損傷はスポーツなどが原因で起こる外傷性のものや、変形性股関節症の一環として起こる場合もあります。
ほかには、骨頭の血流障害が起こって骨が壊れていく大腿骨頭壊死(だいたいこっとうえし)という、難病に指定されている病気もあります。膠原病(こうげんびょう)や関節リウマチの治療でステロイド薬を長期に服用してきた方、アルコールを大量に摂取している方に多くみられますが、はっきりとした原因はわかっていません。変形性股関節症は高齢女性に多く、大腿骨頭壊死は比較的男性に多いという印象があります。

Q. その治療法について教えてください。すぐに人工股関節置換術になるのでしょうか?

A. 変形が強くないようであれば、中枢神経系統にきく鎮痛剤も使いながら運動療法を始めていただきます。股関節に負担がかからないプールでのウォーキングがお勧めです。
けがが原因の初期の変形性股関節症に対しては、内視鏡を使って損傷した部分を切除、縫合する方法や、若くて軟骨が残っている場合には、骨切り術(こつきりじゅつ)といって股関節の体重がかかる位置を矯正する方法もあります。
ただ、近年は人工股関節の耐用年数が飛躍的に向上しているので、30代で骨切り術を行って自前の関節を温存できたとしても、10~20年後に再手術が必要になるようであれば、最初から痛んだ部分を人工股関節に換える人工股関節置換術(じんこうこかんせつちかんじゅつ)を勧めます。

Q. 人工股関節にもいろいろな種類があるのでしょうか?

A. 主に骨セメントを使って骨と固定させるセメントタイプと、骨セメントを使わずに固定できるセメントレスタイプがあり、当院ではほぼ100%セメントレスタイプを使用しています。術式には大腿骨側も臼蓋側もすべて人工物に置き換える人工股関節全置換術(じんこうこかんせつぜんちかんじゅつ)と、大腿骨頭側のみを取り換える人工骨頭置換術(じんこうこっとうちかんじゅつ)とがあります。最近の人工股関節は骨とうまく癒合(ゆごう)するように表面加工されているので、高齢であっても問題なく手術できます。当院で手術した最高齢の方は95歳でした。

Q. 95歳とはすごいですね。手術前は元気に歩いていた方ですか?

A. 人工股関節置換術は、痛んだ部分を人工股関節に取り換えることで痛みを取る手術です。その方は寝たきりでしたが、大腿骨頸部(だいたいこつけいぶ:大腿骨の骨頭を支える頸(くび)の部分)を骨折され、痛みでおしめを替えることさえ難しくなり、大腿骨の先端にある大腿骨頭を人工骨頭に取り換える人工骨頭置換術を行いました。その方のそれまでの活動性や股関節の動きを考慮しながら一人ひとりに合った手術の展開方法を日々研究しています。

医療法人サカもみの木会 サカ緑井病院 寺山 弘志 先生Q. 人工股関節そのものは以前に比べて進歩しているのでしょうか?

A. 様々な形状やサイズのものがあり、素材や表面加工が進歩して骨と癒合しやすくなっています。また、関節が摺動(しゅうどう:こすれあうこと)する部分に用いられているポリエチレンライナーが進歩して摩耗しにくくなり、人工股関節の寿命は大幅に延びました。

Q. 人工股関節の手技も以前に比べて進歩しているのでしょうか?

A. 術前に3次元の画像診断で患者さんの関節の状態を把握し、どのインプラントをどういった角度で設置するのがベストなのか、ということを綿密に計画できるようになりました。さらに、術中にはレントゲン透過装置を使って人工股関節の設置状態や、左右の脚の長さや股関節のバランスをリアルタイムに確認しながら、より安全に、確実に行えるようになっています。
手技に関しては、いまでは日本全国で切開部分を小さくし、筋肉や腱を切らずに体への負担を少なくする低侵襲手術が一般的になっています。日本に仰臥位前側方進入法(ぎょうがいぜんそくほうしんにゅうほう)による低侵襲手術が初めて紹介されたのは2009年ですが、当院では2010年から採用して、これまでに手術実績は1000例を超えました。当院では、全国の数名の医師と連携し、術式の研究、検証を重ねて、さらに一歩踏み込んだ関節包(かんせつほう)も靭帯も温存できる手術になっています。
日本人の股関節は欧米人に比べて柔軟性があり、脱臼しやすい傾向があります。痛みを取るために手術するわけですが、脱臼するとその場から一歩も動けないほどの痛みが起こります。手術で筋腱を切ってしまうと股関節の動きを制御する働きが弱くなり、どうしても脱臼しやすくなってしまいます。そこで、股関節は人工物に換えても、周辺組織は可能な限り生体に近いまま残して張力を保つ術式を追究してきました。従来の手術では、手術後間もない時期に正座を崩して膝を傾けて反対側の足の下に敷く、いわゆる横座りや、和式のトイレでしゃがむなどの動作は禁忌事項(きんきじこう:状態を悪化させるおそれのあること)でしたが、靭帯・筋腱温存手術では、手術当日から姿勢の制限は一切ありません。患者さんが痛みなく制限なく動ける様子をみていると、こちらもうれしくなります。

医療法人サカもみの木会 サカ緑井病院 寺山 弘志 先生Q. 手術の合併症について教えてください。また、合併症を防ぐためにどのような対策をとられているのでしょうか?

A. 怖いのは細菌感染、次いで血栓(けっせん:血管中の異物が血流を妨げること)、塞栓症(そくせんしょう:血栓が血管をふさぐことで臓器不全を起こす症状)です。そのために、バイオクリーンルームで抗生剤を投与しながら手術を行い、細菌感染を防いでいます。さらに、手術で患部を動かさない時間が長くなると血液の流れが滞って血栓が起きやすくなり、塞栓症を起こすと命にかかわることがありますので、できるだけ手術時間を短くして、術後の早期離床を目指しています。

Q. 先生が医師を志された理由やエピソードがありましたら教えてください。

A. 母が臼蓋形成不全で長年股関節の痛みに悩まされているのを見ていたので、外科医になって治したい気持ちが芽生えました。後に母の両方の股関節の手術を行うことができました。

医療法人サカもみの木会 サカ緑井病院 寺山 弘志 先生Q. 最後に関節の痛みに悩まれている方に向けて、メッセージをお願いします。

A. 股関節が痛くても、顔色が悪くなるわけでも食欲がなくなるわけでもないので、周りの人にはなかなか理解してもらえないかもしれませんが、痛みがある生活はストレスが溜まります。困っているようであれば、まずは股関節を専門にしている整形外科を受診してください。いまは関節包や靭帯を温存する方法など、人工股関節置換術も進歩していますので、早期に痛みなく日常生活に復帰できるようになりますよ。

寺山 弘志 先生からのメッセージ

※ムービーの上にマウスを持っていくと再生ボタンが表示されます。

取材日:2019.7.20

*本ページは個人の意見であり、必ずしも全ての方にあてはまるわけではありませんので詳しくは主治医にご相談ください。

先生の一覧へ戻る

病院検索をする

ページトップへ戻る

先生があなたに伝えたいこと

股関節股関節

膝関節膝関節

肩関節肩関節

肘関節肘関節

足関節足関節

手の外科手の外科

脊椎脊椎

病院検索 あなたの街の病院を検索!

先生があなたに伝えたいこと 動画によるメッセージも配信中!