先生があなたに伝えたいこと / 【大沼 弘幸】人生百年時代。痛みを取って、いくつになっても自分の足で歩くために、人工膝関節置換術(じんこうひざかんせつちかんじゅつ)は非常に有効な治療法です。

先生があなたに伝えたいこと

【大沼 弘幸】人生百年時代。痛みを取って、いくつになっても自分の足で歩くために、人工膝関節置換術(じんこうひざかんせつちかんじゅつ)は非常に有効な治療法です。

川崎市立多摩病院 大沼 弘幸 先生

川崎市立多摩病院
おおぬま ひろゆき
大沼 弘幸 先生
専門:膝関節

大沼先生の一面

1.休日には何をして過ごしますか?
最近はまっているのはパンとケーキづくりです。自信作は短時間で揚げるカレーパンで、フワフワでサックサクなんです。子どもにも一番おいしいと褒められました。あとはウォーキングやジョギングで汗を流すようにしています。

2.最近気になることは何ですか?
超高齢社会において、医師として、いま自分に何ができるのかということを常に考えています。自分が高齢になった時のことも考えますが、社会保障制度など少し不安ですね。

携帯・スマートフォンサイトもチェック!

携帯電話・スマートフォン

バーコードリーダーで読み取ってください。携帯電話・スマートフォンからもご覧いただけます。
http://kansetsu-itai.com/m/interview/dr292.php

*携帯電話・スマートフォンからアクセスしていただく場合、パケット通信料は、お客様のご負担となりますので予めご了承ください。

QRコード

先生からのメッセージ

人生百年時代。痛みを取って、いくつになっても自分の足で歩くために、人工膝関節置換術(じんこうひざかんせつちかんじゅつ)は非常に有効な治療法です。

膝関節の構造Q. 多くの方が膝の痛みを抱えて生活しているかと思いますが、そもそもこの痛みはなぜ起こるのでしょうか?

A. 膝は下肢の関節の中で一番傷みやすく、疾患数も多い関節です。膝関節を構成する半月板や軟骨、骨、靭帯が傷んで膝の動きが不安定になる、あるいは断裂した軟骨や半月板が剥がれて正しい位置に収まっていないことから痛みが起こることが考えられます。

変形性膝関節症Q. 痛みを起こす主な病名について教えてください。

A. 最も多いのは変形性膝関節症(へんけいせいひざかんせつしょう)です。女性は閉経前から骨萎縮(こついしゅく)という症状があり、患者さんは圧倒的に女性が多いので骨粗鬆症(こつそしょうしょう)との関連性も指摘されていますが、はっきりとした因果関係はみつかっていません。変形性膝関節症は肥満体型の方が膝の負担が大きいのでなりやすい傾向にありますが、骨が脆くて筋力がない華奢な人でもなります。
スポーツや肉体労働など、膝関節の使い過ぎが原因で半月板が傷ついて痛みを引き起こす半月板損傷も多くみられる疾患です。看護師や清掃の仕事などで立ったりしゃがんだりといった動作が多い方や、立ちっ放しの方もなりやすい傾向があります。

川崎市立多摩病院 大沼 弘幸 先生Q. どのような治療が行われるのでしょうか?

A. 変形性膝関節症は、骨と軟骨とがこすれ合って炎症を起こし痛みが生じるので、まずは炎症があるか、関節水腫がたまっているかを診ます。変形が軽度なら、筋力強化やストレッチを行いながらヒアルロン酸注射を使って様子を見ます。関節液に含まれるヒアルロン酸を補うことで関節の働きを取り戻し、痛みを和らげることを目指すものです。
膝関節に負担がかかる仕事の場合、使いっ放しでメンテナンスをしていないために症状が出ることが多いので、そうした仕事に就く以上、筋力をつける準備やストレッチというメンテナンスが不可欠となります。本来は、子供のうちから虫歯にならないように歯を磨かされるように、仕事に就く前にそういった知識を備えておくべきと私は考えていますが、まだまだ世の中には普及していないようです。

Q. それでも改善されない場合には、手術という流れになるのでしょうか?

A. 患者さん一人ひとりの年齢、変形の原因や症状、その程度によって選択される治療法を段階的に行っていきます。関節鏡が進歩し、関節の中の異物を取り除いたり、痛んだ半月板だけを縫合したりすることが可能になり、患者さんの体の負担が少ない手術で膝の機能を改善できる場合もあります。それでも改善されない場合には、膝関節を人工関節に置き換える人工膝関節置換術(じんこうひざかんせつちかんじゅつ)を行います。この手術を受ける方の平均年齢は75~80歳ですが、それよりも若くて活動性のある方や、スポーツをしたい方には膝の内側の骨に切れ目を入れて、O脚になって内側にかかっている重心を矯正する骨切り術(こつきりじゅつ)という方法もあります。

骨切り術の例

Q. 人工膝関節には種類があるのでしょうか?

A. 近年、形状やサイズなど様々なタイプが開発されています。膝関節の内側部分だけが痛んでいる場合には、その部分だけを人工関節に置き換える人工膝関節単顆置換術(じんこうひざかんせつたんかちかんじゅつ)、関節の変形が外側や半月板、軟骨にも及んでいるようであれば人工膝関節全置換術(じんこうひざかんせつぜんちかんじゅつ)になります。膝関節には膝の動きを支える前十字靭帯(ぜんじゅうじじんたい)、後十字靭帯(こうじゅうじじんたい)、内側側副靭帯(ないそくそくふくじんたい)、外側側副靭帯(がいそくそくふくじんたい)の4本の靭帯があります。人工膝関節全置換術は膝関節全体を人工関節に置き換えますが、前十字靭帯と後十字靭帯は切除すると膝関節の自然な感覚を失ってしまうので、十字靭帯の機能が残っているようであれば、それを温存するタイプの人工膝関節を選択します。

人工膝関節単顆置換術

人工膝関節全置換術

Q. 手術になる方の平均年齢は70代以上とのことですが、高齢ゆえのリスクはあるのでしょうか?

A. 手術に年齢制限は設けていません。人工膝関節手術は、除痛(じょつう:痛みが取れること)に関しては多くの患者さんが満足されています。ある程度の高齢になれば高血圧や糖尿病、不整脈など何らかの持病がありますが、麻酔や薬も進歩しているので手術が行える体制は整っています。全身麻酔に耐えられ、リハビリをやっていける気力がある方であれば、痛みを取って元気を取り戻すという意味で、手術は非常に有効な治療法だと思います。「年齢が高いから手術に向いてないのではないか」、「手術をして歩けなくなってしまうのではないか」と考えていらっしゃる方は多いですが、決してそんなことはありません。少し前までは「もう80歳だから」という時代でしたが、いまは100歳まで生きる時代です。いつまでも自分の足で歩きたいと考えている方には、きちんと説明して手術の決断を後押ししてあげています。

川崎市立多摩病院 大沼 弘幸 先生Q. 人生百年時代に、自分のことを自分でできるようになれば意欲も湧いてきそうです。手術を受けられた方からはどんな声がありますか?

A. 「身の回りのことが自分でできるようになった」、「痛みが取れて好きな旅行に行けるようになった」という声を聞きます。膝が痛くて家の中に閉じこもっていた方が行動的になるのは喜ばしいことです。

Q. 人工膝関節や手術の方法は昔に比べて進歩しているのでしょうか?

A. 人工膝関節のパーツに使用されているポリエチレンが進歩し、昔に比べて耐久年数が向上しています。また、術前にコンピュータ上で骨を切る角度、設置位置を正確にシミュレーションできるようになり、手術時間もミスも大幅に減少しています。
手術後は翌日にはリハビリを開始し、早期離床を目指しています。元々自力で歩けていた方で2週間程度、歩けなかった時期がある方でも3~4週間程度で歩けるようになってお帰りいただいています。手術で歩けなくなるという心配は無用です。

Q. 先生が手術をされた最高齢の患者さんは?

A. 92歳の方です。内科系の疾患とは違い、人工膝関節置換術は手術内容としては骨折の治療と大して違いはありません。膝がよくなれば、散歩や趣味を楽しむことができるようになって、患者さんの生活の質(QOL)を向上させることができます。そういう観点で、人工膝関節置換術をする意義は大きいと思います。

Q. 先生が医師を志されたエピソードがありましたら教えてください。

A. 父が歯科医師をしていた影響で医療に興味がありました。学生時代にサッカーをやっていて疲労骨折した際に診断に難渋し、治療に時間がかかったことがあり、スポーツ医療や骨を治せる医師になりたいと思ったのがきっかけです。

川崎市立多摩病院 大沼 弘幸 先生Q. 先生はノルディック・ウォークの普及に力を入れていらっしゃるとお伺いしました。ノルディック・ウォークについて教えてください。

A. ノルディック・ウォークとは、2本の杖を使って歩くウォーキングです。杖を2本使うことで両膝にかかる負担が小さくなり、さらに上半身の筋力がアップして姿勢もよくなります。研究論文でも心拍数、血圧、運動強度が上がることが明らかになっています。ゆっくり歩いてもいいし、競歩のように速足でもいい。膝が痛い人にとっても腰が痛い人にとっても負担が軽くなり、あらゆる年代の方が気軽にできる健康法としてお勧めです。これからも、多くの方にいくつになっても歩き続けられるよう、ノルディック・ウォークの魅力を伝えていきたいと思います。

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

大沼 弘幸先生からのメッセージ

※ムービーの上にマウスを持っていくと再生ボタンが表示されます。

取材日:2018.12.17

*本ページは個人の意見であり、必ずしも全ての方にあてはまるわけではありませんので詳しくは主治医にご相談ください。

先生の一覧へ戻る

病院検索をする

ページトップへ戻る

先生があなたに伝えたいこと

股関節股関節

膝関節膝関節

肩関節肩関節

肘関節肘関節

足関節足関節

手の外科手の外科

脊椎脊椎

病院検索 あなたの街の病院を検索!

先生があなたに伝えたいこと 動画によるメッセージも配信中!