先生があなたに伝えたいこと / 【柏木 忠範】股関節の痛みは、初期であれば運動療法で改善させることができ、人工股関節置換術も体に負担の少ない低侵襲手術が一般的になっています。痛みは我慢せずに、早めに相談されることをおすすめします。

先生があなたに伝えたいこと

【柏木 忠範】股関節の痛みは、初期であれば運動療法で改善させることができ、人工股関節置換術も体に負担の少ない低侵襲手術が一般的になっています。痛みは我慢せずに、早めに相談されることをおすすめします。

医療法人社団 宏志会 豊岡第一病院 柏木 忠範 先生

医療法人社団 宏志会 豊岡第一病院
かしわぎ ただのり
柏木 忠範 先生
専門:股関節

柏木先生の一面

1.休日には何をして過ごしますか?
庭で工作をしたり、草花を植えたりしています。いま夢中になっているのはバラづくり。今年はどんな風に咲くのか楽しみです。

2.最近気になることは何ですか?
自分の健康です。元々運動しないタイプでしたが、最近の風潮に合わせて、太らないように走ったり筋トレしたり、気を付けるようになりました。

携帯・スマートフォンサイトもチェック!

携帯電話・スマートフォン

バーコードリーダーで読み取ってください。携帯電話・スマートフォンからもご覧いただけます。
http://kansetsu-itai.com/m/interview/dr302.php

*携帯電話・スマートフォンからアクセスしていただく場合、パケット通信料は、お客様のご負担となりますので予めご了承ください。

QRコード

先生からのメッセージ

股関節の痛みは、初期であれば運動療法で改善させることができ、人工股関節置換術も体に負担の少ない低侵襲手術が一般的になっています。痛みは我慢せずに、早めに相談されることをおすすめします。

Q. 股関節はどんな構造になっているのでしょうか?それぞれの部位や働きについて簡単に教えてください。

A. 股関節は体重がダイレクトにかかる荷重関節であると同時に、骨盤の臼蓋(きゅうがい)に大腿骨の先端の丸いボールがはまって1点を中心にボール状の運動をする球関節と呼ばれる仕組みになっています。関節表面には軟骨があって股関節に受ける衝撃をやわらげ、動きをスムーズにする潤滑油のような役割を果たしています。

Q. 股関節の疾患について教えてください。

A. 来院される方で最も多いのは、変形性股関節症(へんけいせいこかんせつしょう)といって、軟骨がすり減って徐々に骨が変形し、歩行が困難になる病気です。生まれつき臼蓋のつくりが浅い臼蓋形成不全(きゅうがいけいせいふぜん)の方の場合、臼蓋が長年の使用に耐えられず、その分、老化現象が早まることが原因として挙げられます。早い方では40〜50歳くらいから発症します。

ほかには大腿骨頭壊死症(だいたいこっとうえししょう)という病気があります。アルコールを大量に飲む方や、リウマチや難病の治療でステロイドを大量に使用している方の場合、骨頭部分に血流不全が生じて骨頭が壊死し、痛みがでることがわかっています。

Q. それぞれの疾患に、性別や傾向はありますか?

A. 臼蓋形成不全は女性に多く、大腿骨頭壊死症は比較的男性に多く見られます。遺伝的な要因もあるかもしれませんが、親が臼蓋形成不全であっても男性は臼蓋形成不全になりにくい傾向にあります。外傷が原因で起こる変形性股関節症もありますし、スポーツも原因になり得ます。実際に来院されるのは60代、70代の方が多いです。

Q. その治療法について教えてください。

A. まずは、どこからその痛みが起こっているのか病状を理解してもらいます。動き過ぎると股関節への負担が増えますから、股関節に負担がかからないよう日常生活の見直しもしていただきます。和室の生活であればベッドやいすを使う、杖を使って歩くといった工夫で股関節の負担をやわらげることができます。あとは運動療法によって股関節を安定させ、軟骨への負担を減らすようにします。股関節周辺の筋肉をまんべんなく鍛えるには、寝ているときに横向きになって重力に逆らって足を上げ下げするのもいいですし、プールで水の抵抗にさからって歩くのも股関節に負担をかけないのでおすすめです。

なお、当院ではなるべく痛み止めは処方しないようにしています。痛みを感じながら運動療法を行うことで、変化に敏感になってほしいとの考えからです。ただ、どうしても耐えられず、日常生活に支障を来すようであれば最低限の内服薬は出します。

Q. それでも痛みが改善しないようであれば、手術になるのでしょうか?

A. 傷んで変形した股関節の表面を人工関節に置き換える人工股関節置換術(じんこうこかんせつちかんじゅつ)という方法がありますので、そのメリットとデメリットを説明させていただきます。人工股関節置換術を行うと痛みが取れて両方の脚の長さも整い、リハビリで筋肉がつくことできれいに歩けるようになります。 変形が強くて痛みがつらいようでしたら、初診の際に手術の説明をすることもありますが、決断されるのはあくまでご本人です。その場で決断される方はほとんどいません。ただ、比較的早く返事をくださる方は多いです。それだけ痛みがひどく、思い余って来院されたということなのでしょう。病院で説明を受けたことによって、自分が置かれている現状を理解して道筋も見えたので、お任せしようという気持ちになってくれるのかもしれません。

Q. 人工股関節にもいろいろな種類があるのでしょうか?

A. 人工股関節には主にセメントを使用して固定するセメントタイプと、セメントを使わずに骨と固着させるセメントレスタイプがあり、当院ではセメントレスタイプを使っています。様々な形状のものがあり、骨にうまくフィットする構造になっているので、症例や骨格によって使い分けています。このタイプの人工股関節には、一般的に、骨に接する部分にチタン合金、動く部分にはコバルトクロム合金、軟骨の代わりとなる受け皿部分にはポリエチレンが使われています。

医療法人社団 宏志会 豊岡第一病院 柏木 忠範 先生Q. 人工股関節そのものは以前に比べて進歩しているのでしょうか?

A. 骨にしっかり固定されるように、形状や素材、あるいは表面処理技術が進歩しています。そのほか、人工股関節はポリエチレンライナーと骨頭ボール部が摺動して機能していますが、以前は、その界面の摩擦によってポリエチレンライナーが摩耗し、結果として人工股関節がゆるむという問題がありましたが(「人工股関節とゆるみ」参照 https://www.kansetsu-itai.com/yurumi/loo001.php)、しかし近年、ポリエチレン素材の改良が著しく進んだことで摩耗しにくくなって、ゆるみも生じにくくなり、長もちするようになっています。

Q. 手術の手技も以前に比べて進歩しているのでしょうか?

A. 皮膚の切開が小さくなり、体にとって負担が少なく、脱臼しにくい低侵襲(ていしんしゅう)手術が一般的になっています。当院でも、以前は15〜20cmだった皮膚の切開が、いまは6〜8cm程度になり、中の組織もできるだけ切らずに温存するようにしています。

近年は、手術のアプローチも前方からのアプローチなども行われるようになっていますが、当院では長く確立された術式であり、術者にとって視野が確保しやすく、より確実に施術を行えるという観点から、後方からのアプローチを採用しています。

Q. 入院期間はどれくらいですか?

A. 以前は1ヵ月~1ヵ月半くらいでしたが、切開の大きさを小さくしたこともあり、2〜4週間程度で退院できるようになりました。

Q. 手術の合併症について教えてください。また、合併症を防ぐためにどのような対策をとられているのでしょうか?

A. 感染血栓脱臼といった合併症に注意する必要があります。まず、手術時間をできるだけ短くして感染リスクを減らし、手術後はフットポンプや弾性ストッキングを着用し、血液をサラサラにする薬を使いながら、血栓が起きないようにしています。脱臼に関しては、外転枕(がいてんまくら)という脱臼を起こす動きを防ぐ装具を使ってしばらく様子を見ます。

医療法人社団 宏志会 豊岡第一病院 柏木 忠範 先生Q. 手術した患者さんからはどんな声がありますか?

A. 「予想していた以上に痛みが取れた」、「歩くのがつらくて、これまであきらめていた旅行やスポーツがまたできるようになった」といってくださる方が多いです。

Q. 普段、診療を行ううえで、先生が意識していらっしゃることがあれば教えてください。

A. 患者さんは、いま自分がどういう状態で、どの段階にあるかがわからずに不安になっている部分が大きいと思うので、できるだけ病状を丁寧に、詳しく説明するようにしています。

医療法人社団 宏志会 豊岡第一病院 柏木 忠範 先生Q. 先生が医師を志された理由やエピソードがありましたら教えてください。

A. 小さなころから病弱で、病院と縁が深い幼少期を過ごしていました。ですから、患者さんの気持ちがよくわかるつもりでいるのですが・・・。工作やものづくりが好きで手先も器用なほうだったし、親に医師になることを勧められたこともあり、手先を使って患者さんの役に立ちたいと整形外科を選びました。

柏木 忠範 先生からのメッセージ

※ムービーの上にマウスを持っていくと再生ボタンが表示されます。

取材日:2019.4.16

*本ページは個人の意見であり、必ずしも全ての方にあてはまるわけではありませんので詳しくは主治医にご相談ください。

先生の一覧へ戻る

病院検索をする

ページトップへ戻る

先生があなたに伝えたいこと

股関節股関節

膝関節膝関節

肩関節肩関節

肘関節肘関節

足関節足関節

手の外科手の外科

脊椎脊椎

病院検索 あなたの街の病院を検索!

先生があなたに伝えたいこと 動画によるメッセージも配信中!