先生があなたに伝えたいこと / 【三雲 仁】腰部脊柱管狭窄症の手術手技は十分に確立されています。安全性は高いといえるでしょう。【相馬 真】何より大事なのはきちんとした診断、総合的判断です。最小の治療で最大の効果を得るためです。

先生があなたに伝えたいこと

【三雲 仁】腰部脊柱管狭窄症の手術手技は十分に確立されています。安全性は高いといえるでしょう。【相馬 真】何より大事なのはきちんとした診断、総合的判断です。最小の治療で最大の効果を得るためです。

医療法人社団 健整会 米倉脊椎・関節病院 三雲 仁 先生

医療法人社団 健整会 米倉脊椎・関節病院
みくも  ひとし
三雲 仁 先生
専門:脊椎外科

三雲先生の一面

1.最近気になることは何ですか?
 東京オリンピック後の経済状況や国際情勢の変化の問題ですね。

2.休日には何をして過ごしますか?
 買い物に行ったりゴルフに行ったり、家族サービスです。

総合病院 厚生中央病院 相馬 真 先生

総合病院 厚生中央病院
そうま まこと
相馬 真 先生
専門:脊椎外科

相馬先生の一面

1.最近気になることは何ですか?
 第一子が生まれましたので子どもの将来のことです。

2.休日には何をして過ごしますか?
 釣りが趣味で、春から秋にかけてよく渓流釣りに行きます。

携帯・スマートフォンサイトもチェック!

携帯電話・スマートフォン

バーコードリーダーで読み取ってください。携帯電話・スマートフォンからもご覧いただけます。
https://kansetsu-itai.com/m/interview/dr183.php

*携帯電話・スマートフォンからアクセスしていただく場合、パケット通信料は、お客様のご負担となりますので予めご了承ください。

QRコード

先生からのメッセージ

腰部脊柱管狭窄症の手術手技は十分に確立されています。安全性は高いといえるでしょう。(三雲先生)
何より大事なのはきちんとした診断、総合的判断です。最小の治療で最大の効果を得るためです。(相馬先生)

高齢化とともに増加傾向の疾患、「腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)」。名前は少し難しいですが私たちに身近な病気です。そこで、三雲仁先生、相馬真先生にわかりやすく解説していただきました。

腰部脊柱管狭窄症とその治療法

Q. 腰部脊柱管狭窄症とはどのような疾患なのですか?

総合病院 厚生中央病院 相馬 真 先生、医療法人社団 健整会 米倉脊椎・関節病院 三雲 仁 先生三雲先生:まず脊柱管というのは神経の通り道で、椎体(ついたい)と椎間板(ついかんばん)の後ろ側にあります。椎間板は脊体のつなぎ目にあたる部分です。
相馬先生:椎間板は軟らかい軟骨で常に動いている組織なので、ここが最初に傷んできます。傷んでくるとガタつきがでてきます。そうすると椎間板そのものが潰れて広がり、脊柱管のほうへ膨隆したり、椎間関節の裏側にある黄色靱帯(おうしょくじんたい)という上下をつないでいる靱帯に負荷がかかり、肥厚していきます。前からは椎間板が押し寄せ、後ろからは靭帯が肥厚して、神経が挟み撃ちになり、神経の通り道が細くなってしまうんです。すると神経が圧迫されていろいろな症状が出てくる。これが「脊柱管狭窄症」で、腰部に起きることが多いんです。
ほかに、椎間板がガタついているうちに、椎間関節に負荷がかかり、関節が肥大化します。それも脊柱管狭窄症の原因になります。
三雲先生:軟骨が削れてくるとそれを補うための骨棘(こつきょく)がでてきて、脊柱管は前後左右どこからも圧迫される可能性があるんです。ただ、脊柱管の広さには個人差があって、もともと細い方は少し狭くなっただけで神経が圧迫されて症状が出ますし、広い方は少々変形しても症状が出ないということもあります。

正常な脊椎の断面図 脊柱管狭窄症の断面図

Q. 原因はわかっているのですか?

三雲先生:大部分は加齢変化です。生まれつきとか過去の腰のケガとか背骨の病気とかといったことが原因になることもありますし、それまでの生活環境や労働環境が原因で比較的若く発症することもあります。だれもが加齢とともに脊柱管は必ず狭窄しますが、症状がでるかでないかは個人差があります。

Q. この病気ではどのような症状が現れるのでしょうか?

馬尾障害三雲先生:特徴的な症状は「間欠性跛行(かんけつせいはこう)」です。しばらく歩いていると足につっぱり感が出たり、しびれや痛みを感じたりして「休みたいな」という気持ちになります。前屈みになったり座ったりして腰を丸めて休むと、局所の毛細血行が回復してまた歩くことができるということを繰り返します。これは「馬尾障害(ばびしょうがい)」といわれるものです。
相馬先生:馬尾というのは、脊髄が第一腰椎付近で終わりますので、そこから先は末梢神経ですね。この神経の束を総称して馬尾と呼びます。そこで起きる障害を馬尾障害といい、ほかにもしびれ、重症化すると尿が出にくくなるといった症状がでます。
三雲先生:それとは対照的に、下肢痛や臀部痛といった神経痛を主体とした症状を「神経根障害(しんけいこんしょうがい)」といいます。馬尾障害と混在している場合も多々ありますが、馬尾障害の割合の方が多いようで、治療法などは少し分けて考えています。明確な線引きはできませんが、馬尾障害では薬物療法(血流改善)・装具療法を、神経痛では薬物療法(痛み止め)・ブロック療法などを中心に根気よく行います。しっかり保存療法を行っても良くならない時は手術治療もおすすめしています。

医療法人社団 健整会 米倉脊椎・関節病院 三雲 仁 先生Q. 馬尾障害では手術しか治療法がないのですか?

三雲先生:まずは保存療法を徹底的に行います。たとえば姿勢を適正に保ったり、腰に負担を減らすなど日常生活動作の改善や、リハビリによる筋力強化、消炎鎮痛剤・血流改善薬などの薬物療法、コルセットを使う装具療法などいろいろな治療法があります。症状の改善が無く障害の程度が増悪するようであれば、手術治療をおすすめします。

Q. 神経根障害の方はいかがでしょうか。

三雲先生:同様に保存療法を行います。少し痛い思いをしますが神経痛には神経根ブロック注射が効果的で、手術を回避できることもあります。仕事や日常生活に支障が出るような著しい痛みや、神経麻痺が出ている場合に行います。

Q. 馬尾障害では、どのタイミングで手術を考えることになりますか?

医療法人社団 健整会 米倉脊椎・関節病院 三雲 仁 先生三雲先生:先に述べたようにこの病気では加齢変化であり、神経は徐々に圧迫されていくので症状の進行もゆっくりです。神経というのはゆっくりの変化に強いので痛み、痺れ、間欠性跛行などの症状はある程度我慢することになります。今は普通に歩けている方が、「1年経ったらどうなりますか?」とよく聞かれますが、「やはり1年分少しは悪くなりますが、うまく付き合ってください」と答えています。ヘルニアや椎体骨折など急激な変化は別として、手術を考えるタイミングは、神経症状の増悪、排尿障害、ご本人の決断といったところでしょうか。
相馬先生:総合的に正しくきっちり診断するということです。「レントゲンで診て狭いから手術しましょう」ではないのです。きちっと診断をし、患者さんの状況を把握して、最良の治療法、手術法を選択することが大事です。そうすると最小の治療で最大の効果を獲得することができます。尿が出にくい、便秘を繰り返すという膀胱直腸障害(ぼうこうちょくちょうしょうがい)の徴候があれば、待ったなしで手術ですね。

腰部脊柱狭窄症とその治療法

Q. 手術について教えてください。

腰椎変性すべり症相馬先生:手術の基本は「神経の通り道を広げる」ことです。骨のガタつきが少ない場合は、開窓術(かいそうじゅつ:除圧術)を行います。椎弓(ついきゅう)を削って肥厚した黄色靭帯を切除して神経の通りを良くします。ガタつきがひどい場合や、腰椎がずれている(腰椎変性すべり症)、椎間板が傷んでいて垂直性の不安定性がある場合は除圧固定術を行います。黄色靭帯や変性した椎間板を取り除き、腰椎から採取した骨を詰め、椎弓根スクリューや椎体の間に入れるケージなどを併用し骨を固定します。

総合病院 厚生中央病院 相馬 真 先生Q. ガタつきや不安定性の程度で手術法が変わるのですね。

相馬先生:そうです。靭帯は骨を支えるためにあるので、それを取るとガタつきや不安定性が増してしまいます。そのためしっかりと固定する固定術も必要なんです。

Q. 手術のリスクとリスク回避策についてもお聞かせいただけますか。

三雲先生:合併症(対策)を示します。硬膜損傷、神経損傷(拡大鏡、顕微鏡を使用して愛護的操作)、術後血腫(十分な止血、排液管の設置)、血栓症(術中フットポンプ、弾性ストッキング)、術後感染(クリーンルーム、清潔操作)などがあります。また、全身麻酔で手術を行いますのでご高齢の方は全身状態の悪化にも注意が必要で、術前にしっかりと検査をします。

Q. 神経損傷ってちょっと怖いですね。

相馬先生:神経を切ってしまうわけでなく、狭いところで手術するので神経をちょっと押してしまったりすることです。そうすると手術後に足の動きが若干鈍かったり尿の出が悪かったりしますが、数ヵ月で改善することがほとんどです。昔のように「腰の手術をしたら車いすになる可能性がある」といったことではありません。
三雲先生:昔は、脊椎の手術は出血との戦いだったと先輩医師から聞いています。今は麻酔の技術が良くなり腹圧を減じながら低血圧麻酔を行いますので、手術野の出血はよくコントロールできます。手術道具、止血する材料など大変進歩し、手術手技も確立され安全な手術になったといえるでしょう。腰の手術をしたら立てなくなるというイメージはもう過去のものです。

総合病院 厚生中央病院 相馬 真 先生Q. なるほど。手術手技の進歩とは具体的に?

相馬先生:小さな皮膚切開で手術ができるようになりました。開窓手術なら内視鏡でできます。そのため出血量は少なく、かつ、手術時間も短く、術後の痛みもかなり楽で、2、3日にすればほとんどの方が歩けます。ですから、日常生活に支障があるならば手術を受けられるのが良いと思います。安静時でもしびれがあったり神経麻痺が強かったりする場合は、手術後もそれが多少残ってしまうことがありますので、そうなるまでに手術をするのが望ましいのではないでしょうか。

Q. 手術がいかに進歩しているのかよくわかりました。ところで手術は1度で済むものなのですか?

三雲先生:開窓術の場合、手術したところは固定されていませんから、5年、10年の単位でみた場合、同じところに狭窄症を起こす確率が1割程度はあります。固定術の場合は、固定された上下に負担がかかって、隣接椎間障害という狭窄症を起こすことがあります。したがって、定期検診が大切です。また、少しでも違和感があればすぐに受診していただきたいと思います。

Q. 手術後、日常生活で気をつける点はありますか? またスポーツはできるのでしょうか?

総合病院 厚生中央病院 相馬 真 先生、医療法人社団 健整会 米倉脊椎・関節病院 三雲 仁 先生相馬先生:気をつけるのは、普通の生活をしていただくことでしょうか。腰の手術をしたからと、頑張って腹筋背筋を鍛えると、かえって再発します。また、開窓術の場合は、術後1、2ヵ月はコルセットをしていただいて、3ヵ月くらいで軽い運動を始めてもらって結構ですし、半年もすればゴルフやテニス程度は大丈夫ですよ。固定術は骨を切除しますので、4ヵ月から6ヵ月コルセットで腰を守って、レントゲンでチェックをして骨がついていることを確認したら、スポーツも許可しています。半年から1年が目安です。

Q. 先生方のお話を聞いていますと手術に対して前向きになれそうです。

三雲先生:安心安全にできる手術を心掛けております。時々、何歳まで手術ができますか?と聞かれますが、気力と体力があれば何歳でも大丈夫です。人生100年時代といわれています。80歳を過ぎて残りの人生を、手術をして元気にハッピーに過ごしますか? 我慢して過ごしますか? そういうことだと思います。

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

三雲 仁 先生からのメッセージ

※ムービーの上にマウスを持っていくと再生ボタンが表示されます。

取材日:2016.10.19

*本ページは個人の意見であり、必ずしも全ての方にあてはまるわけではありませんので詳しくは主治医にご相談ください。

先生の一覧へ戻る

病院検索をする

ページトップへ戻る

先生があなたに伝えたいこと

股関節股関節

膝関節膝関節

肩関節肩関節

肘関節肘関節

足関節足関節

手の外科手の外科

脊椎脊椎

病院検索 あなたの街の病院を検索!

先生があなたに伝えたいこと 動画によるメッセージも配信中!