先生があなたに伝えたいこと / 【坂井 宏章】人工股関節の手術は、近年その手術手技の精度が増し、人工股関節も進化し続けています。その結果として良好な長期成績が期待できるようになったことから、適応年齢が下がってきています。

先生があなたに伝えたいこと

【坂井 宏章】人工股関節の手術は、近年その手術手技の精度が増し、人工股関節も進化し続けています。その結果として良好な長期成績が期待できるようになったことから、適応年齢が下がってきています。

名古屋市立大学病院 坂井 宏章 先生

名古屋市立大学病院
さかい  ひろあき
坂井 宏章 先生
専門:股関節

坂井先生の一面

1.最近気になることは何ですか?
 新型コロナウイルスの蔓延が、いつ収束するのかが気になります。収まったら、プライベートでは家族旅行に、仕事では学会や手術見学に行きたいです。早く日常を取り戻せることを祈っています。

2.休日には何をして過ごしますか?
 最近は、家族でゆったりと家で過ごすことが多いです。下の子どもが小さいので、世話に手がかかる状況ですが、日々の成長に喜びを感じています。

先生からのメッセージ

人工股関節の手術は、近年その手術手技の精度が増し、人工股関節も進化し続けています。その結果として良好な長期成績が期待できるようになったことから、適応年齢が下がってきています。

このインタビュー記事は、リモート取材で編集しています。

Q. 股関節はどのような構造になっていますか?

A. 骨盤に寛骨臼(かんこつきゅう)という受け皿があり、そこに大腿骨の先端部にある大腿骨頭(だいたいこっとう)がはまっています。ボール・ジョイント構造になっているので、足腰をさまざまな方向に自由に動かせます。また、全体重を支えることができる、人体最大の強靭な関節です。

股関節の構造

Q. 股関節の代表的な疾患を教えてください。

A. 最も代表的な疾患は、変形性股関節症(へんけいせいこかんせつしょう)です。股関節の表面はつるつるとした軟骨で覆われているのですが、加齢とともに軟骨が減少していきます。そこに股関節の"かぶり"の浅い異常があったり、股関節に強い負荷がかかるような活動性があったりするなど、さまざまな要因が重なることによって、股関節に変形をきたしてしまうのがこの疾患です。日本人で特に女性の方は、生まれつき大腿骨頭の受け皿となる寛骨臼が浅い方がおられます。このような方は、若いうちは問題がありませんが、50代ぐらいになると軟骨の損傷が進んで痛みが出る場合があります。
ほかには、国の難病にも指定されている大腿骨頭壊死症(だいたいこっとうえししょう)があります。ステロイド剤を使用したり、アルコールの摂取量が多いと発症することがあります。大腿骨頭に血流障害が起き、壊死の範囲が広がると骨が潰れ、強い痛みを感じます。

変形性股関節症

大腿骨頭壊死症

名古屋市立大学病院 坂井 宏章 先生Q. 治療法を教えてください。

A. 若い方や痛みが強くない方は、痛み止めなどを用いる薬物治療や、関節の運動に関係する筋力を向上させる運動療法などから始めます。一方で、激しい痛みがあって日常生活が辛いという方や、痛みで歩けない方もおられます。そうした方は、手術療法を望まれることが多いです。当院は大学病院なので、開業医の先生からのご紹介で最初から手術を依頼されることも少なくありません。

Q. どのような手術になりますか?

A. 第一選択になるのが、傷んだ股関節を人工の股関節に入れ替える人工股関節置換術(じんこうこかんせつちかんじゅつ)です。近年、その手術手技の精度が増し、人工股関節も進化し続けていることから長期成績が向上し、30年の耐用年数も期待できるといわれています。その結果、適応年齢も下がってきています。とはいえ残り寿命を考えると、若い患者さんの場合、将来的に人工股関節の入れ替えが必要になる可能性がゼロではありません。そのようなケースでは、ご本人の骨を温存する骨切り術(こつきりじゅつ)を行うこともあります。
人工股関節置換術は、痛みの原因となっている部位全体を取り替えるので、痛みから解放されます。そのため、手術を受けられた方は、「やってよかった」「もっと早く手術すればよかった」とおっしゃられる方が多いです。

人工股関節置換術の例(後述するセメントレスタイプの場合)

人工股関節置換術の例(後述するセメントレスタイプの場合)

股関節に かぶり の浅い異常がある場合の骨切り術の例

Q. 人工股関節置換術に種類はあるのですか?

A. 変形性股関節症の場合は、一般的に股関節全体をインプラントに置き換える全人工股関節置換術(THA)になります。また、寛骨臼側の骨は残して大腿骨頭側だけをインプラントに置き換える人工骨頭置換術(じんこうこっとうちかんじゅつ:BHA)という手術もあります。BHAが適応になる例として挙げられるのは、高齢の方に多い大腿骨頸部骨折です。ただし、同じ大腿骨頸部骨折であっても、若い方の場合は、あえてTHAにすることもあります。その理由は、大腿骨頭に置き換えられたインプラントは、寛骨臼に負担をかけ続けることから、術後寿命が長い若年者では、寛骨臼に障害が起こる恐れがあるからです。

人工骨頭置換術(BHA)の例

人工骨頭置換術(BHA)の例

名古屋市立大学病院 坂井 宏章 先生Q. インプラント自体にも種類があるのですか?

A. 大別すると、骨とインプラントを固定するために骨セメントを用いるセメントタイプと、セメントなしで固定するセメントレスタイプがあります。セメントレスタイプは、ステムやカップの表面に特殊な加工が施されており、そこに骨が入り込んで固定されるようになっています。当院では、基本的にこのセメントレスタイプを使っています(前述)。ただし、患者さんの骨があまり残っていない場合や重度の骨粗しょう症、あるいは大腿骨髄腔が大きい場合は、より強固に固定するためにセメントタイプを使う場合もあります。

セメントタイプの人工股関節置換術の例

セメントタイプの人工股関節置換術の例

Q. インプラントの形状もいろいろあるのですか?

A. さまざまな種類がある中、私がよく使用しているのはテーパーウェッジ型と呼ばれるものです。大腿骨は頸部が少し前に飛び出ていて、さらにねじれており、人によって差異があります。そのため、患者さん個々の形状に合うようにインプラントを挿入しなければなりません。テーパーウェッジ型なら挿入時の角度を微調整しやすく、操作の自由度が高いため、狙った場所に設置しやすいのです。さらに、大腿骨は外側に出っ張りがありますが、このインプラントは角を落とした形状になっているので、挿入しやすいのも利点です。世界中で同じタイプの製品が広く使われており、長期成績も安定しています。

くさびのように骨の中に噛ませて固定するテーパーウェッジ型ステムの例

名古屋市立大学病院 坂井 宏章 先生Q. 人工股関節置換術の手技の進歩についても教えてください。

A. 時代とともに手術手技は進歩していますが、最終的な目標は今も昔も変わりません。患者さんの痛みを取り除き、一生痛みなく歩行ができるようにすることです。そこを目指す過程で、手術による身体への負担を極力軽減する手技が考えられてきました。皮膚を切開する創(きず)をできるだけ小さくし、筋肉をあまり損傷せずに股関節に進入する方法です。現在、股関節に至るアプローチは複数あり、それぞれに利点と欠点がある中、当院では前側方アプローチ法を取り入れています。股関節の外側にある中殿筋(ちゅうでんきん)を少し切る必要があるのですが、術中に寛骨臼側の状態が確認しやすく、脱臼しにくいうえ、さまざまな症例に対応できます。

前方からのアプローチ法 前側方アプローチ法 後方からのアプローチ法(筋肉を切開する必要がある)

Q. 手術の合併症についても教えてください。

A. いつも患者さんに詳しくご説明している合併症が、細菌が入ることで起こる感染症です。手術時間が短ければ感染のリスクを下げられるので、手際のよい手術を心がけています。さらに、口腔内の細菌も影響しますので、虫歯や歯周病などがないか、手術前に確認を行っています。
ほかには、脱臼や、エコノミークラス症候群と呼ばれる深部静脈血栓症肺塞栓症なども合併症として挙げられます。

名古屋市立大学病院 坂井 宏章 先生Q. ありがとうございました。では最後に、先生が医師を目指されたきっかけと、医師としての想いを聞かせください。

A. 兄が医師の道へ進んだ影響もありますが、人の役に立ちたくて志しました。現在、股関節を専門に診ている中で気になるのは、痛みの原因がわからずあちこちの病院で受診されている患者さんが多いことです。股関節の疾患は、あきらかに変形がある場合はレントゲンですぐに診断がつくのですが、初期の段階だと腰や膝に比べ、診断がつきにくい面があります。そうした場合も適切に見極めて治療し、辛い思いをされている患者さんのお役に立ちたいです。また、スポーツドクターの資格も持っているので、時間に余裕ができればスポーツ領域での医療において社会貢献をしたいとも思っています。

リモート取材日:2021.05.14

*本ページは個人の意見であり、必ずしも全ての方にあてはまるわけではありませんので詳しくは主治医にご相談ください。

先生の一覧へ戻る

病院検索をする

ページトップへ戻る

先生があなたに伝えたいこと

股関節股関節

膝関節膝関節

肩関節肩関節

肘関節肘関節

足関節足関節

手の外科手の外科

脊椎脊椎

病院検索 あなたの街の病院を検索!

先生があなたに伝えたいこと 動画によるメッセージも配信中!