先生があなたに伝えたいこと / 【堀江 亮佑】肩関節は毎日の生活でもっともよく使う関節です。痛みや拘縮(こうしゅく)を完治させるには時間がかかりますが、しっかり治すことが大切です。

先生があなたに伝えたいこと

【堀江 亮佑】肩関節は毎日の生活でもっともよく使う関節です。痛みや拘縮(こうしゅく)を完治させるには時間がかかりますが、しっかり治すことが大切です。

香川県済生会病院 堀江 亮佑 先生

香川県済生会病院
ほりえ りょうすけ
堀江 亮佑 先生
専門:肩関節

堀江先生の一面

1.最近気になることは何ですか?
 2年前に買った家のローンのことと(笑)、自身の健康が気になるようになりました。

2.休日には何をして過ごしますか?
 8歳と5歳の息子と一緒に、野球やボーリングなどをして遊んでいます。

携帯・スマートフォンサイトもチェック!

携帯電話・スマートフォン

バーコードリーダーで読み取ってください。携帯電話・スマートフォンからもご覧いただけます。
http://kansetsu-itai.com/m/interview/dr237.php

*携帯電話・スマートフォンからアクセスしていただく場合、パケット通信料は、お客様のご負担となりますので予めご了承ください。

QRコード

先生からのメッセージ

肩関節は毎日の生活でもっともよく使う関節です。痛みや拘縮(こうしゅく)を完治させるには時間がかかりますが、しっかり治すことが大切です。

肩関節の名称Q. はじめに、肩関節の仕組みについて教えてください。

A. 肩関節を構成する骨として、鎖骨(さこつ)、肩甲骨(けんこうこつ)、上腕骨(じょうわんこつ)があります。それぞれの骨が様々な靭帯、腱、筋肉で繋がれています。肩甲骨の関節窩(かんせつか)と呼ばれる部分が上腕骨を受けるお皿のようになっており、一般的に肩関節と呼ばれているのが、この関節窩と上腕骨で構成される肩甲上腕関節(けんこうじょうわんかんせつ)です。しかし肩甲上腕関節周囲には、肩甲骨の肩峰と鎖骨で構成される肩鎖関節(けんさかんせつ)や、第2肩関節と呼ばれる肩峰下関(けんぽうかかんせつ)など様々な関節が存在するためひとくちに「肩が痛い」といっても、どの部分が傷んでいるのかは人それぞれなのです。

Q. 関節の疾患にはどのようなものがあるのでしょうか?

A. 1番多いのは腱板断裂(けんばんだんれつ)です。上腕骨を覆うように肩甲下筋(けんこうかきん)、棘上筋(きょくじょうきん)、棘下筋(きょくかきん)、小円筋(しょうえんきん)という筋肉が存在し、それぞれの筋肉が上腕骨に付着する部分は腱成分になっています。
これら4つの筋肉を総称して腱板(けんばん)と呼びます。腱板、特に棘上筋と棘下筋は腕を挙げる際に上腕骨と肩峰に挟まれ、摩擦されやすい構造になっています。これらの腱が切れた状態を腱板断裂と呼びます。また、肩関節は人体最大の可動域(かどういき:関節を動かすことができる角度)を有する関節です。股関節も球関節で臼蓋という深い屋根で大腿骨頭をしっかり覆っていますが、それに比べて受け皿である関節窩は非常に浅いため脱臼も多いのです。

肩の筋肉の名称

肩の痛み イラストQ. 中高年の方に多い「五十肩」というのはどのような疾患なのでしょうか?

A. 肩の痛みと拘縮(こうしゅく:関節が硬くなって関節の動きが制限されること)が出る疾患で、腱板を裏打ちする関節包が分厚くなり、関節内が狭くなることによって起こります。この症状は、40代〜60代の方に多く、はっきりした原因はわかっていません。

Q. 五十肩も痛みが出るそうですが、肩こりとは違う痛みなのでしょうか?

香川県済生会病院 堀江 亮佑 先生A. 肩こりは悪い姿勢などの影響で筋肉の血流が悪くなることで、だるさや鈍い痛みが起こるものです。一方、五十肩は関節内の炎症が原因で、腕を動かすことで激しく痛みます。また、多くの方が「夜間痛」といって夜になると痛みが酷くなると訴えます。腱板断裂の方はさらに、寒いときにも痛みが強くなるようです。

Q. 五十肩に特徴的な症状は?

A. 腕を上げると痛むため、結髪動作(けっぱつどうさ:髪を結ったり洗ったりする動作)や結帯動作(けったいどうさ:洋服の後ろのファスナーが閉められない)などの制限がおこることが特徴的な症状です。洗濯物が干せないなど、日常生活に支障が出ることも多くなります。また、夜間に痛みが強くなるので寝返りが打てない、痛みで何度も目が覚めるということもあります。

Q. 動かさないようにすれば、痛みは出ないのでしょうか?

A. 時間はかかりますが、基本的に安静にしていれば痛みは弱まります。「運動したほうが良いですか」と聞かれることがありますが、動かすことで炎症が進むので痛みが強いうちはできるだけ動かさないようにしてください。

香川県済生会病院 堀江 亮佑 先生Q. 五十肩の治療には、どのくらいの時間が必要なのでしょうか?

A. だいたい半年から2年くらいかかります。五十肩には3つの段階があります。はじめに痛みが強くなるとともに、可動域が狭くなっていくfrozen phase(疼痛期)。この時期はなるべく安静にして、痛みを抑えることに集中します。次に拘縮したままで痛みは弱くなるfreezing phase(拘縮期)となります。このあたりから、少しずつリハビリを始めます。その段階を経て、痛みも可動域も改善されるthawing phase(回復期)という段階を迎えます。

香川県済生会病院 堀江 亮佑 先生Q. リハビリが治療の中心なのですね。

A. はい。五十肩で手術をする方はまれです。痛みが強い場合、ステロイドを関節内に注射したり、痛み止めの内服薬や湿布などの外用薬を処方したりします。
肩のリハビリは、温かいタオル(ホットパック)で10分〜15分ほど温めて筋肉を緩め、痛みを考慮しながらストレッチを行います。上腕骨が動いても肩甲骨が動きにくいなど、いろいろなパターンがありますので、患者さんの症状に合わせたリハビリメニューを組み合わせていきます。

Q. リハビリの前に温めるとおっしゃいましたが、普段の生活でも温めたほうが良いのでしょうか?

A. 温めるのは効果的だと思います。なぜ温めたほうが良いのか、科学的根拠ははっきりしていませんが、おそらく筋肉のこわばりが緩むことで痛みが和らぐのではないかと考えています。

Q. 五十肩で手術することはまれだということですが、手術が必要になるのはどのようなときなのでしょうか?

A. 「どうしてもこの時期までに、ここまで動かせるようになる必要がある」という人の場合、関節包切離という手術を行います。ただ、術後に再び炎症を起こすことも多く、手術で切った関節包が再度周囲の組織と癒着することで可動域があまり改善しない可能性があります。一時的に治すことはできますが、よほどでなければ積極的に勧めることはありません。肩の手術で多いのは、腱板断裂と脱臼、そして変形性肩関節症です。

香川県済生会病院 堀江 亮佑 先生Q. 脱臼というと整復して治るイメージでしたが、手術が必要なのですか?

A. 外れた肩を一時的に戻すのは簡単ですが、上腕骨頭を関節窩に吸い付かせる働きをする関節唇(かんせつしん)が、靭帯ごと剥がれることで緩みができてしまうのです。つまり、外れやすい状態になるということです。特に十代の若い人が脱臼すると、8割から9割が再発するといわれているので(反復性肩関節脱臼)、若い人ほど手術を勧めます。

Q. 腱板断裂や脱臼では、どのような手術が行われるのでしょうか?

A. 腱板断裂では、本来、上腕骨に張り付いている腱板がめくれた状態になっているので、骨の中にアンカーという糸がついたネジを差し込み、上腕骨に腱板を縫い付ける手術を行います。手術は関節鏡で行うので、傷口が大きく開くことはありません。脱臼も同じように鏡視下手術(きょうしかしゅじゅつ)で、関節窩にアンカーを打ち込んで靭帯を固定します。関節鏡視下手術の場合、術後は腱板の場合では4週間から6週間、脱臼の場合は4週間は装具で固定します。装具が取れてからも半年はリハビリが必要です。時間をかけてしっかり治すことが大切です。

腱板の修復

腱板の修復

Q. では、変形性肩関節症の手術はどのような方法なのでしょうか?

A. 変形性肩関節症では人工肩関節置換術(じんこうかたかんせつちかんじゅつ)を行います。関節内の軟骨がすり減り、骨と骨の隙間がなくなる「関節症性変化」が出ている場合に、肩の関節を人工関節に置き換える手術です。

Q. 人工肩関節には種類があるのでしょうか?

A. 通常型とリバース型の2種類があります。変形性肩関節症でも腱板が残っている場合、人工関節置換術後も残存腱板を使って腕を挙げることができます。その場合は通常型を使います。一方、腱板が残っていない場合はリバース型を使います。腱板断裂性の関節症などの場合、腱板の力で腕を上げることができません。そのため、三角筋の緊張を利用して腕を上げられるようにするのです。そのときに使われるのがリバース型人工肩関節です。
リバース型人工肩関節では、多くの場合最大でも130度ほどまでしか腕があがりません。そのため、腱板がなくても100度以上手が上がる人は適応にはなりません。

通常型の人工肩関節置換術

通常型の人工肩関節置換術

リバース型の人工肩関節置換術

リバース型の人工肩関節置換術

香川県済生会病院 堀江 亮佑 先生Q. ありがとうございました。最後に、先生が医師として大切にされていることをお聞かせください。

A. 症状を見る、患者さんの話に耳を傾けることはもちろん、表情やちょっとしたことからわかることにも注目して、患者さんの気持ちに寄り添える医師でありたいと思っています。

取材日:2018.1.22

*本ページは個人の意見であり、必ずしも全ての方にあてはまるわけではありませんので詳しくは主治医にご相談ください。

先生の一覧へ戻る

病院検索をする

ページトップへ戻る

先生があなたに伝えたいこと

股関節股関節

膝関節膝関節

肩関節肩関節

肘関節肘関節

足関節足関節

手の外科手の外科

脊椎脊椎

病院検索 あなたの街の病院を検索!

先生があなたに伝えたいこと 動画によるメッセージも配信中!