先生があなたに伝えたいこと / 【洲鎌 亮】患者さんが思っておられることや症状を正直に話していただける雰囲気を作って、こちらからも患者さんに伝えるべきことを正直にお伝えして、お互いの信頼関係を築くことを心がけています。良い治療はそこから始まると思っています。

先生があなたに伝えたいこと

【洲鎌 亮】患者さんが思っておられることや症状を正直に話していただける雰囲気を作って、こちらからも患者さんに伝えるべきことを正直にお伝えして、お互いの信頼関係を築くことを心がけています。良い治療はそこから始まると思っています。

大阪市立大学医学部附属病院 洲鎌 亮 先生

大阪市立大学医学部附属病院
すがま  りょう
洲鎌 亮 先生
専門:股関節

洲鎌先生の一面

1.最近気になることは何ですか?
 サッカーのセレッソ大阪のチームドクターをしていますので、選手の怪我が気になります。

2.休日は何をして過ごしますか?
 サッカーに関連することをしていることが多いです。チームに同行したり、選手のケアです。自分達がサッカーをすることもあります。私も中学からずっとサッカーをやっていて病院のサッカーチームの監督兼ときどきプレーヤーです(笑)。それ以外はできるだけ子どもと遊ぶようにしています。4人も子どもがいて、楽しいですよ。

携帯・スマートフォンサイトもチェック!

携帯電話・スマートフォン

バーコードリーダーで読み取ってください。携帯電話・スマートフォンからもご覧いただけます。
https://kansetsu-itai.com/m/interview/dr246.php

*携帯電話・スマートフォンからアクセスしていただく場合、パケット通信料は、お客様のご負担となりますので予めご了承ください。

QRコード

先生からのメッセージ

患者さんが思っておられることや症状を正直に話していただける雰囲気を作って、こちらからも患者さんに伝えるべきことを正直にお伝えして、お互いの信頼関係を築くことを心がけています。良い治療はそこから始まると思っています。

股関節の構造(正面図)Q. 初めに股関節の構造を教えてください。

A. 股関節は骨盤側のお碗状をした寛骨臼(かんこつきゅう)というところに、大腿骨頭(だいたいこっとう)という丸いボールがはまり込む形をしています。丸と丸ですからあらゆる方向に動かせるのが特徴です。

大阪市立大学医学部附属病院 洲鎌 亮 先生Q. 股関節の代表的な疾患とは何でしょうか?

A. 最も多いのは変形性股関節症(へんけいせいこかんせつしょう)です。日本人では特に二次性と呼ばれる、何らかの原因があって股関節の軟骨がすり減って変形や痛みを生じるというケースがほとんどです。この何らかの原因の主なものが、寛骨臼形成不全(かんこつきゅうけいせいふぜん)です。もともとお碗の部分の被りが浅いために、大腿骨頭の全体で荷重を受けることができず、狭い範囲に荷重が集中するために軟骨がすり減ってしまいます。

変形性股関節症

Q. もともと、ということは、寛骨臼形成不全は生まれつきのものなのですか?

A. 以前はそういわれていましたが、近年では発達性といわれます。幼児期からの成長の過程で寛骨臼が十分に発達しなかった状態です。

正常 寛骨臼形成不全

大阪市立大学医学部附属病院 洲鎌 亮 先生Q. それでは変形性股関節症の治療について教えてください。すぐに手術が必要なのでしょうか?

A. まずは保存治療を行うのが一般的で、手術に至るケースは決して多くありません。保存治療とは股関節周囲の筋力を鍛える運動療法や痛み止めの服用などです。それでも痛みが改善せず生活に支障が出るようであれば手術が選択肢となります。

Q. 手術にも種類があるのですか?

A. 寛骨臼形成不全が見られるが変形がそれほど強くない場合は、お碗の被りをよくする寛骨臼回転骨切り術(かんこつきゅうかいてんこつきりじゅつ)が選択肢となります。但し、当院では骨切り術の適応は40歳までとしています。人工股関節全置換術(じんこうこかんせつぜんちかんじゅつ)は最終的な治療手段となります。かつては60歳まで手術を延ばしたほうが良いとされてきましたが、人工股関節は進歩が著しく、今では40代、50代でも日常生活で困っている患者さんには、早めに手術を行って生活の質(QOL)を上げるほうが良いという考え方が整形外科医の間でも多くなってきました。

寛骨臼回転骨切り術

人工股関節全置換術の例

人工股関節全置換術の例

大阪市立大学医学部附属病院 洲鎌 亮 先生Q. 人工股関節の進歩は目覚ましいのですね。

A. 人工股関節自体だけでなく、手術手技や手術に使う器械などのすべてが改善、改良されてきました。中でも、人工股関節の一部であるポリエチレン素材が最も進歩しました。人工股関節はカップ、ステム、骨頭ボールと大きく分かれ、ポリエチレンはカップに入れて軟骨の代わりとするものです。このポリエチレンは歩くたびに摩耗するのですが、その摩耗量が昔に比べて格段に少なくなりました。摩耗することによってできる摩耗粉(まもうふん)が、人工股関節のゆるみの原因となりますので、ゆるむリスクの低減につながります。またボールを金属からセラミックにすることで、さらに摩耗しにくくなり、人工股関節がゆるむリスクは以前に比べ大幅に低減しています。最近では、Aquala(アクアラ)というポリエチレンとボールとの間に水の膜のようなもの作る表面処理技術が日本で開発されるなど、摩耗への挑戦はますます進んできていると思います。

Q. 実際には人工股関節の耐用年数はどれくらいですか?

A. 私が整形外科医になった20年ほど前は15年ぐらいといわれていました。今では、患者さんに「15年で入れ換えの必要が出てくる場合もありますが、私たちは一生に一度の手術だと思ってやっています」と説明するようにしています。実際に一生に一度という方が大半をしめます。ちなみに現在の人工股関節のデータとして、20年で入れ換えの確率は5%から10%と出ていますが、最新の人工股関節では耐用年数はもっと延びると思います。

Q. ところで大腿骨頭壊死症(だいたいこっとうえししょう)という病気も、進行すれば人工股関節の適応と聞いています。この疾患についてもぜひお聞きしたいのですが。

A. 大腿骨頭壊死症は、血流が悪くなるために大腿骨頭が壊死してしまう疾患です。日本と韓国に圧倒的に多く、実は我が国の研究レベルは世界トップクラスです。特に当院は、前教授が、厚生省の骨頭壊死研究班の班長を務めるなど、大腿骨頭壊死症の治療では再先端を自負しています。

大腿骨頭壊死症

大腿骨頭壊死の際に行う骨切り術の例Q. 治療法にはどのようなものがあるのですか?

A. 病期と壊死の大きさで異なり、最初の診断で将来も予測できるのがこの疾患の特徴です。骨頭の中に壊死ができた段階ならまずは安静、そして免荷を行います。急性期を過ぎると運動療法です。壊死が進行して骨頭が陥没してしまっている場合や、壊死の範囲が大きく陥没する可能性が高い場合には骨切り術や人工股関節手術の適応となります。骨切り術は、骨頭より下の部分で大腿骨を切り、陥没のある部分が体重のかからない位置にくるよう前方または後方に回転させたり、ぐっと斜めに移動させたりします。

大阪市立大学医学部附属病院 洲鎌 亮 先生Q. わかりました。それでは改めまして、ここで人工股関節手術の手術手技の進歩についてお話しいただけますか?

A. 皮膚切開の大きさだけでなく、筋肉をできるだけ傷つけないMIS(最小侵襲手術:さいしょうしんしゅうしゅじゅつ)は、近年大きく進歩した手術手技です。そして電子機器の進歩に伴い、精度の高い術前計画ができるようになりました。3Dテンプレートと呼ばれるコンピューターを用いたソフトを用い、患者さんごとに最適な人工股関節のサイズや機種、設置位置、角度などをシミュレーションします。また、人工股関節を入れたあとにどれくらい関節を動かすことができるかも術前に評価しています。この評価をあらかじめ患者さんにお伝えすることで、患者さんご自身が術後の生活をイメージしやすくなるのです。

Q. 手術において独自に取り組まれていることはありますか?

A. 当院では手術室に専門医師が必ず3人入ります。複数でそれぞれチェックしたり助言したりします。これにより手術の安全性をより高め、毎回同じレベルの手術を提供することができます。

大阪市立大学医学部附属病院 洲鎌 亮 先生Q. 人工股関節手術を受けられた患者さんが退院後に気をつけなければならないことはありますか?

A. 股関節周囲の筋力を維持するために、「よく動いてほしい」です。人工股関節を入れたあとも筋力を保っておくことが大切なのです。何といっても人工股関節手術は、股関節が悪いために日常生活や楽しみが制限されていたことを改善するために行うものです。よほどの激しいスポーツでなければ制限はありません。ぜひ、やりたいことをやって、行きたいところへ行ってください。

Q. 最後に先生が治療をされる上で大切にされていることは何でしょうか?

A. 患者さんが思っておられることや症状を正直に話していただける雰囲気を作って、こちらからも患者さんに伝えるべきことを正直にお伝えして、お互いの信頼関係を築くことを心がけています。良い治療はそこから始まると思っています。

※Aquala(アクアラ)は京セラ株式会社の登録商標です。

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

洲鎌 亮 先生からのメッセージ

※ムービーの上にマウスを持っていくと再生ボタンが表示されます。

取材日:2018.4.4

*本ページは個人の意見であり、必ずしも全ての方にあてはまるわけではありませんので詳しくは主治医にご相談ください。

先生の一覧へ戻る

病院検索をする

ページトップへ戻る

先生があなたに伝えたいこと

股関節股関節

膝関節膝関節

肩関節肩関節

肘関節肘関節

足関節足関節

手の外科手の外科

脊椎脊椎

病院検索 あなたの街の病院を検索!

先生があなたに伝えたいこと 動画によるメッセージも配信中!