先生があなたに伝えたいこと / 【大下 優介】低侵襲手術や装具療法、様々な診療科の医師との連携を通じて、脊椎腫瘍の患者さんがご自宅で安心して過ごせるようにサポートしています。【江守 永】椎間板ヘルニアの治療には椎間板内酵素注入療法も視野に、患者さんに負担の少ない治療を行っています。

先生があなたに伝えたいこと

【大下 優介】低侵襲手術や装具療法、様々な診療科の医師との連携を通じて、脊椎腫瘍の患者さんがご自宅で安心して過ごせるようにサポートしています。【江守 永】椎間板ヘルニアの治療には椎間板内酵素注入療法も視野に、患者さんに負担の少ない治療を行っています。

昭和大学横浜市北部病院 大下 優介 先生

昭和大学横浜市北部病院
おおした ゆうすけ
大下 優介 先生
専門:脊椎脊髄

大下先生の一面

1.最近気になることは何ですか?
 やはり新型コロナウィルスのことが気になります。終息したら、以前のように海外の学会に参加したいです。

2.休日には何をして過ごしますか?
 大学のラグビー部のチームドクターを務めていて、楕円球を追っている学生たちからいつもパワーをもらっています。

昭和大学横浜市北部病院 江守 永 先生

昭和大学横浜市北部病院
えもり はるか
江守 永 先生
専門:脊椎脊髄

江守先生の一面

1.最近気になることは何ですか?
 新型コロナウィルスの終息時期です。それ以外では、神奈川県アイスホッケー連盟の理事を務めさせていただいていて、大学の女子アイスホッケーチームのチームドクターでもあるので、日本のアイスホッケーを盛り上げていくことをいつも考えています。

2.休日には何をして過ごしますか?
 娘と遊びにいくことが多いです。水族館がお気に入りです。

先生からのメッセージ

低侵襲手術や装具療法、様々な診療科の医師との連携を通じて、脊椎腫瘍の患者さんがご自宅で安心して過ごせるようにサポートしています。(大下先生)
椎間板ヘルニアの治療には椎間板内酵素注入療法も視野に、患者さんに負担の少ない治療を行っています。(江守先生)

このインタビュー記事は、リモート取材で編集しています。

脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア

Q. 本日は脊椎の低侵襲手術や、こちらの病院で行われている椎間板ヘルニアの最新治療について詳しく教えていただきたいと思います。先生方のご専門の脊椎の疾患に多いとされる椎間板ヘルニア(ついかんばんへるにあ)脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)とはどのような疾患なのでしょうか?

江守先生:椎間板ヘルニアは、背骨を構成する椎間板の中の髄核(ずいかく)が、お腹の方から背中の方に飛び出して神経を圧迫して痛みや痺れを起こす、比較的若い患者さんに多い疾患です。

椎間板ヘルニア

これに対して、脊柱管狭窄症というのは、背骨をつくる骨同士をつなぐ靭帯のひとつである黄色靭帯(おうしょくじんたい)や背中の関節、あるいは背骨自身が神経を圧迫して痛みを起こす疾患です。比較的高齢の方に多い疾患で、長い距離が歩けなくなる間欠性跛行(かんけつせいはこう)という症状があらわれます。

正常な脊椎の断面図 脊柱管狭窄症の断面図

昭和大学横浜市北部病院 江守 永 先生Q. それぞれ疾患の原因となる生活習慣や職業などはあるのでしょうか?

江守先生:椎間板ヘルニアの場合は喫煙者や、比較的重いものを持つような仕事の方に多いといわれています。脊柱管狭窄症に関しては、高齢になると誰しも少なからず脊柱管は狭くなっていくものです。

Q. 脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニアの治療はどのようなものになるのでしょうか?

江守先生:まずは、痛みや炎症を抑える薬を使いながら、リハビリなどを行う保存治療で様子を見ます。リハビリは、ストレッチで柔軟性を高め、体幹や筋力を鍛えて腰痛を防ぐ体づくりを目指します。投薬やリハビリでも効果が見られない場合には、神経根ブロック注射を行うこともあります。

Q. こちらの病院では、椎間板内酵素注入療法という治療を採り入れられていると伺いました。これについて詳しく教えてください。

江守先生:ヘルニコアという薬剤を椎間板の髄核内に直接注射することで、圧迫を取って痛みや痺れを和らげる椎間板内酵素注入療法を行っています。ヘルニコアは日本で開発され、2018年に承認された新薬で、当院では2020年から導入しています。従来の手術と異なり、神経に直接触れないため、神経損傷や合併症のリスクを減らせることが特長です。また、入院期間も1泊2日と、土日で治療することも可能なため、社会復帰が早くできるのもメリットです。

椎間板内酵素注入療法

昭和大学横浜市北部病院 江守 永 先生Q. 逆に従来の手術に比べてデメリットはありますか? 適応にならないヘルニアもあるのでしょうか?

江守先生:効果があらわれるまでに時間がかかることと、学会統計によれば、効果があるのが75%程度と手術に比べて低いことです。また、ヘルニコアの適応となるのは、ヘルニアが靭帯を破って硬膜外に突出している「経靭帯脱出型」の場合に限られますし、アレルギー反応を起こす恐れがあるので、投与は1回だけです。

Q. 実際にヘルニコアを投与した患者さんの反応はいかがですか?

江守先生:ほとんどの患者さんは症状が改善し、当院では従来のようなヘルニア手術は減っています。

Q. 先生方は脊椎低侵襲手術を積極的に採り入れられているそうですね? 脊椎手術における「低侵襲」とはどういった手術なのでしょうか?

大下先生:背骨は体を支える柱であり、神経を包み込む入れ物ですから、症状に応じて腫瘍や飛び出した神経を手術で取る、ネジで固定するなどの処置を行います。従来の手術では、背中の皮膚を大きく切開して筋肉を全部剥がしてから骨や靭帯を削っていたのに対し、棘突起(きょくとっき)という骨をノミで縦に割って、そこから削る棘突起縦割法(きょくとっきじゅうかつほう)によって、筋肉を切らずに温存し、余分な組織のみを切除できるようになりました。当院では患者さんの症状によって、ときには体の側面からのアプローチも併用しながら、棘突起縦割法で体に負担の少ない低侵襲手術を行っています。

棘突起縦割法の例

棘突起縦割法の例

低侵襲手術は皮膚切開が小さくて済むため、出血も少なく、入院期間が短いことがメリットです。

Q. どんな手術でも低侵襲手術で行ったほうがよいのでしょうか?

昭和大学横浜市北部病院 大下 優介 先生大下先生:手術はできる限り小さい傷で迅速に行い、患者さんへの負担を減らすことが私たちのモットーですが、症状によっては従来通りの手術を行ったほうが確実に施術できる場合もあるので、必ずしも低侵襲手術にこだわるわけではありません。

Q. 低侵襲手術はどの病院でも行えますか?

大下先生:いまでは多くの医療機関で低侵襲手術を行っていますが、患部へのアプローチの方法はそれぞれの医療機関によって異なります。

脊椎腫瘍について

昭和大学横浜市北部病院 江守 永 先生、大下 優介 先生Q. 続いて脊椎腫瘍について伺いたいと思います。こちらの病院には、多くの脊椎腫瘍の患者さんが来院されると伺いました。脊椎の腫瘍と聞くとちょっと怖いイメージがありますが、脊椎の腫瘍について教えてください。

大下先生:脊椎の腫瘍には背骨から発生する原発性の腫瘍と、肺ガン、乳ガン、前立腺ガンなどの悪性腫瘍から転移する転移性の腫瘍とがあります。当院の患者さんは転移性の腫瘍の方が多く、原疾患の治療をしている医師と常に連携して治療にあたっています。

Q. 具体的には、整形外科ではどのような治療を行っているのですか?

大下先生:筋力低下がみられる患者さんには歩行訓練やリハビリについて案内したり、骨転移が進んで痛みに苦しんでおられる方には症状に応じて痛み止めの処方やコルセットを作製したりしています。腫瘍が大きくなり、背骨を圧迫している場合には、必要に応じて外科的治療を行うこともあります。放射線治療など原疾患の治療にスムーズに移行できるよう、緩和医療科の医師や薬剤師とも連携しながら、常に低侵襲な治療法を検討します。

Q. 治療にあたって、モットーや座右の銘などありましたらお聞かせください。

大下先生:患者さんの想いや希望に応える治療を行いたいと思っています。できる限り歩いて帰宅していただき、手が麻痺しているようであれば装具を使っていただいて、ある程度身の回りのことができるようにサポートしています。
江守先生:患者さんには、できるだけわかりやすく説明することを心がけています。また、すぐに手術に進むのではなく、近隣の医療機関と連携して、患者さんがご自宅で安心して過ごせるようにしたいと考えています。

Q. 痛みに悩んでいる患者さんに向けてメッセージをお願いします。

昭和大学横浜市北部病院 江守 永 先生、大下 優介 先生大下先生:悪性腫瘍の骨転移が起こっても、いまでは痛みを抑える様々な薬がありますし、装具を使った治療やリハビリなどできる治療はたくさんあります。様々な診療科の先生と密に連携を取りながら治療にあたっていきますので、お気軽にご相談ください。
江守先生:腰痛や下肢の痛みで何年も悩んでいらっしゃる方も多いと思います。すぐに手術になることはありませんので、現在の状態を把握するために、お気軽にご相談いただければと思います。

リモート取材日:2021.3.24

*本ページは個人の意見であり、必ずしも全ての方にあてはまるわけではありませんので詳しくは主治医にご相談ください。

先生の一覧へ戻る

病院検索をする

ページトップへ戻る

先生があなたに伝えたいこと

股関節股関節

膝関節膝関節

肩関節肩関節

肘関節肘関節

足関節足関節

手の外科手の外科

脊椎脊椎

病院検索 あなたの街の病院を検索!

先生があなたに伝えたいこと 動画によるメッセージも配信中!