先生があなたに伝えたいこと / 【加藤 敦史】関節の痛みで苦しんでいる患者さんが、元気になる瞬間に立ち合えるのが整形外科医の醍醐味です。人生を楽しむ選択肢の一つとして人工股関節置換術という方法も考えていただけるといいと思います。

先生があなたに伝えたいこと

【加藤 敦史】関節の痛みで苦しんでいる患者さんが、元気になる瞬間に立ち合えるのが整形外科医の醍醐味です。人生を楽しむ選択肢の一つとして人工股関節置換術という方法も考えていただけるといいと思います。

津田沼中央総合病院 加藤 敦史 先生

津田沼中央総合病院
かとう あつし
加藤 敦史 先生
専門:股関節

加藤先生の一面

1.最近気になることは何ですか?
最近筋トレを始めました。筋肉ムキムキの人はどうやってその身体を手に入れるのか気になります(笑)。

2.休日には何をして過ごしますか?
温泉が好きなので、時々山梨や栃木あたりまで出かけて家族一緒に過ごしています。

携帯・スマートフォンサイトもチェック!

携帯電話・スマートフォン

バーコードリーダーで読み取ってください。携帯電話・スマートフォンからもご覧いただけます。
http://kansetsu-itai.com/m/interview/dr290.php

*携帯電話・スマートフォンからアクセスしていただく場合、パケット通信料は、お客様のご負担となりますので予めご了承ください。

QRコード

先生からのメッセージ

関節の痛みで苦しんでいる患者さんが、元気になる瞬間に立ち合えるのが整形外科医の醍醐味です。人生を楽しむ選択肢の一つとして人工股関節置換術という方法も考えていただけるといいと思います。

股関節の構造Q. まず始めに、股関節はどんな構造になっているのでしょうか? それぞれの部位や働きを簡単に教えてください。

A. 股関節は、骨盤側にある受け皿の役目を果たすお椀状の寛骨臼(かんこつきゅう)と大腿骨の先端にあるボール状の大腿骨頭(だいたいこっとう)から成り立っている臼関節(きゅうかんせつ)です。歩くだけで体重の数倍もの力が加わるため、股関節全体が関節包(かんせつほう)、靭帯、筋肉で覆われ、しっかりとサポートする構造になっています。

変形性股関節症Q. 股関節の主な疾患について教えてください。

A. 外来診察中によく見かけるものに変形性股関節症(へんけいせいこかんせつしょう)があります。発育過程で大腿骨頭が脱臼していたり、ケガによって股関節に骨折や脱臼が生じた際、時間の経過とともに関節軟骨が擦り減り股関節に変形をきたす病気です。
ほかには、特に高齢者に多い大腿部頸部骨折(だいたいぶけいぶこっせつ)があります。高齢者で、転んで股関節が痛いと訴えられる方は、股関節の大腿骨側が折れていることが多いです。

津田沼中央総合病院 加藤 敦史 先生Q. 変形性股関節症にはどのような症状があらわれ、どれくらいの年代の方が多いのでしょうか?

A. 股関節やお尻全体が痛い、あるいは膝や腰の痛みを訴える方もいらっしゃいます。腰痛で来院されたら実は股関節が原因だったということも少なくありません。股関節が変形することで近くにある腰椎や膝関節にも負担がかかってしまうのです。そのため、腰痛を訴えられる患者さんには股関節も調べるようにしています。

Q. 変形性股関節症の治療法について教えてください。

A. まずはリハビリと生活指導、投薬で様子をみます。リハビリでは主にストレッチや筋力トレーニングを行いますが、当院は理学療法士や作業療法士も多く、きめ細かな指導を行っています。また、普段から痛みの出ない範囲でなるべく動いてもらうように指導もします。関節に負担のかからない水中歩行、水泳、水中体操はとくにお勧めです。
また、体重コントロールの指導や杖歩行もすすめています。
いまは、痛み止めの薬や湿布も様々な種類のものが出ているので、運動療法と生活改善、投薬で症状が改善される方もいます。

Q. それでも改善しない場合には手術になるのでしょうか?

A. 手術には種類があります。若い方の場合は骨切り術(こつきりじゅつ)といって関節の向きを変え、体重を支える面を変えてしまう方法もあります。
あまりに痛みがひどく、手術のリスクなども理解いただいたうえで患者様のご希望があれば、股関節を人工股関節に置き換える人工股関節置換術(じんこうこかんせつちかんじゅつ)を行いますが、こちらから積極的に勧めることは決してありません。患者様がやりたくなった時期に受けられることが一番と考えています。お子さんがまだ小さい、仕事が忙しいといった理由でリハビリしながら先延ばしにされる方もいらっしゃいます。
ただし、高齢者の大腿骨頸部骨折(だいたいこつけいぶこっせつ)の場合は、すぐに手術をしなくては寝たきりになってしまうので手術が必要になるケースが多いです。

Q. 高齢者の大腿骨頸部骨折について教えてください。

A. 高齢者は年齢とともに骨がもろくなっているので転んだり、しりもちをついたりといった小さなきっかけでも骨折につながります。骨折の治療にはインプラントを入れて折れた骨をつなげる骨接合術と、人工物に置き換えなくてはいけない場合があります。大腿骨の転子部(てんしぶ)骨折であれば、関節包より外側の骨折なので血流が豊富にあり骨接合術が有効ですが、頸部骨折は関節包内の骨折で血流が乏しく、骨癒合が期待できなかったり、骨頭が壊死しやすくなったりするため人工物に置き換える場合もあります。

大腿骨頸部骨折

Q. 人工股関節にもいろいろな種類があるのでしょうか?

A. 人工股関節は大きく分けて、セメントを使用して固定するセメントタイプと、セメントを使わなくて骨と固着するセメントレスタイプがあり、当院ではセメントレスタイプを主に使用しています。また、手術には股関節の寛骨臼と大腿骨頭をともに人工物に置き換える全人工股関節置換術(ぜんじんこうこかんせつちかんじゅつ:THA)と、大腿骨頭だけを人工物に置き換える人工骨頭置換術(じんこうこっとうちかんじゅつ:BHA)とがあります。
変形性股関節症の場合は、寛骨臼も骨頭も両方変形をきたしているのでTHAで両方換えることで痛みを取ります。大腿骨頸部骨折の場合はBHAにすることが多いのですが、長い年月のうちに人工物の大腿骨頭のほうが硬いために寛骨臼側が傷んでしまう可能性が高いので、60代くらいで活動性の高い方の場合では、はじめからTHAを選択するようにしています。

全人工股関節置換術(THA)の例

人工骨頭置換術(BHA)の例

津田沼中央総合病院 加藤 敦史 先生Q. 人工股関節そのものは以前に比べて進歩しているのでしょうか?

A. 人工股関節の一番の課題であった摺動面(しゅうどうめん:人工股関節の擦れ合う面)のポリエチレンが摩耗してできる摩耗粉(まもうふん)が、人工股関節の固定性に悪影響を及ぼしていたのが、ポリエチレンが進歩して摩耗しにくくなり人工股関節の耐用年数は大幅に向上しました。

Q. 人工股関節手術も以前に比べて進歩しているのでしょうか?

A. 従来は股関節に至るために筋肉や腱を切って手術を行っていましたが、最近では最小侵襲手術(さいしょうしんしゅうしゅじゅつ)といって、筋肉と筋肉の間から股関節にアプローチする方法を取る医療機関が増えてきました。皮膚の切開が少なく、筋肉も傷つけないので手術後のリハビリも早く済むというメリットがあります。また、筋肉や腱を切らないことでしっかりと人工股関節を支えられるので、人工股関節の脱臼リスクを下げることも期待できます。
しかし、変形が大きい場合や再置換手術(さいちかんしゅじゅつ:人工股関節を入れ換える手術)の場合は、視野を広く取る必要もあります。したがって必ずしも最小侵襲手術を行うわけではありません。

フットポンプQ. 手術の合併症について教えてください。また、合併症を防ぐためにどのような対策をとられているのでしょうか?

A. 人工股関節のおもな合併症脱臼感染症です。脱臼については前述の筋肉を切らないアプローチ法で、感染症については手術前後の抗生剤の投与で予防しています。ほかにもエコノミークラス症候群と呼ばれる下肢静脈血栓症(かしじょうみゃくけっせんしょう)にも注意が必要ですが、手術後にフットポンプや血栓を防ぐ薬も使ってリスクを下げています。

津田沼中央総合病院 加藤 敦史 先生Q. 最後に、先生方が整形外科医を志されたきっかけは何でしょうか?また、印象に残っている患者さんのエピソードを教えてください。

A. 整形外科医を志したのは、痛みで苦しんでいる患者さんが手術後に元気に生活する姿を見て、元通り以上に回復させることができる整形外科に魅力を感じたからです。
印象に残っているのは、80代の患者さんです。グランドゴルフが趣味で股関節が悪いながらも大会でずっと優勝してきたのが、痛みのために優勝できなくなって...ついに「また優勝したいから手術をお願いします」と訴えてこられたのです。「私ができるのは手術で痛みを取ることだけですよ」とお伝えしたのですが、その方は手術後のリハビリもがんばり、大会でまた優勝することができたんです。大喜びで「先生のおかげです」といわれたときは、まるで自分のことのようにうれしかったですね。
関節の痛みで苦しんでいる患者様が、元気になる瞬間に立ち合えるのが整形外科医の醍醐味です。人生を楽しむ選択肢の一つとして人工股関節置換術という方法も考えていただけるといいと思います。

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

加藤 敦史先生からのメッセージ

※ムービーの上にマウスを持っていくと再生ボタンが表示されます。

取材日:2018.12.11

*本ページは個人の意見であり、必ずしも全ての方にあてはまるわけではありませんので詳しくは主治医にご相談ください。

先生の一覧へ戻る

病院検索をする

ページトップへ戻る

先生があなたに伝えたいこと

股関節股関節

膝関節膝関節

肩関節肩関節

肘関節肘関節

足関節足関節

手の外科手の外科

脊椎脊椎

病院検索 あなたの街の病院を検索!

先生があなたに伝えたいこと 動画によるメッセージも配信中!