先生があなたに伝えたいこと / 【薮野 亙平】人工股関節手術では痛みを取るだけでなく、関節本来の自然な動きを取り戻すことが重要です。最新の技術を駆使しながら、その自然な動きを追求しています。

先生があなたに伝えたいこと

【薮野 亙平】人工股関節手術では痛みを取るだけでなく、関節本来の自然な動きを取り戻すことが重要です。最新の技術を駆使しながら、その自然な動きを追求しています。

健康保険組合連合会 大阪中央病院 薮野 亙平 先生

健康保険組合連合会 大阪中央病院
やぶの こうへい
薮野 亙平 先生
専門:股関節膝関節

薮野先生の一面

1.最近気になることは何ですか?
 わが国の膨張する医療費が気になります。安心、安全の手術ができ、患者様の医療費をいかに抑えられるかを考えています。人工股関節の手術は保険適応になりますが、早期にリハビリを始められればより早く機能回復ができ、入院期間が短縮されて医療費の低減につながります。

2.休日には何をして過ごしますか?
 休日は、頭と身体のリフレッシュするため、ヨガをしたり、サーフィンなど近くに海に行く事が多いです。普段は都会の病院で勤務しているため、オンとオフをつけ、仕事に100%集中できるようにように心がけています。

先生からのメッセージ

人工股関節手術では痛みを取るだけでなく、関節本来の自然な動きを取り戻すことが重要です。最新の技術を駆使しながら、その自然な動きを追求しています。

Q. 人工股関節の手術はどこまで進歩しているのでしょうか?

A. 手術前に立てる「術前計画(じゅつぜんけいかく)」が進歩しています。そもそも人工股関節手術を行う目的は、股関節がもともと持っている本来の動きを再現することです。痛みを取ることはもちろんのこと、人工股関節に置き換えられた股関節をいかに違和感なく動かせるのかが求められています。自然な動きを実現するために、患者さんの股関節を3次元(3D)構造で把握し、そこをどのように人工股関節に置き換えれば良いか、術前にコンピュータを使って綿密に計画することが重要とされるようになりました。

健康保険組合連合会 大阪中央病院 薮野 亙平 先生Q. 具体的にどのような計画が行われるのですか?

A. まずは患者さんの股関節をCTMRIで撮影し、それをコンピュータで3D画像にし、さらに時間軸を追加した4D動作解析を行います。股関節がどのように変形していて、現状はどのように動かせているのか患者さんごとに異なりますので、その確認をします。そこで骨と骨同士のぶつかりなどを入念にチェックし、シミュレーションを何度も行って術前計画を立てます。

Q. そうした計画を行うメリットは何ですか?

A. 手術中において一番重要なのは、ディシジョンと呼ばれる執刀医の意思決定です。もし、手術中にちょっとした迷いがあれば、手術に時間がかかってしまったり、ミスの元になったりします。術前計画において何度も手術をシミュレーションしていれば、迷う余地がなく、素早くディシジョンを行うことができます。脚の長さや、筋力のレベル、どれぐらいどの方向に脚を開くことができるかなど、総合的に見据えた計画ができていれば、手術の正確性も高まります。

Q. オーダーメイド治療というのは、どういうものですか?

A. こうした術前計画のシミュレーションを、さらにもう一段階進めたものになります。コンピュータ上で3次元構造にしたデータを、医療用の3Dプリンターを使って実物大のモデルにし、患者さん専用の、手術の際に補助となるガイドツールをつくるのです。人によって股関節の形状や傷み方は異なるので、その人だけにぴったりフィットする手術のツールをオーダーメイドすれば、より的確な手術ができます。患者さんによって実物大モデルが必要だと判断した場合は、こうした技術を取り入れるケースもあるので。

ナビゲーションシステムを用いた人工股関節手術Q. では、実際の手術はどのように進められるのですか?

A. 3次元で術前計画したものと実際の手術の映像を画面上に重ねられる、ナビゲーションシステムという装置に従って手術を行います。シミュレーションした手術の再現性を上げるために、長さ1ミリ、角度1度の単位で人工股関節の設置場所を指定できるため、精度の高い手術ができます。手術は大体、1時間程度で終わります。

健康保険組合連合会 大阪中央病院 薮野 亙平 先生Q. 手技の面でも進歩はありますか?

A. 関節と関節をつなぐのは、筋肉と靭帯です。人が体を動かす際には、この筋肉と靭帯の働きがとても重要になるので、それらをできる限り温存する手技を取り入れています。昔の人工股関節手術のやり方は、ある程度筋肉や靭帯を傷つけざるを得なかったのですが、現在は傷をできる限り小さくして、体へのダメージを少なくする手術が主流になっています。
実際にメスで切りながら股関節へ至るにはさまざまなアプローチ法がある中、私は前方アプローチ法(Direct Anterior Approach)を取り入れています。国内では今のところ、ほとんどありませんので、今後、コンピューターナビゲーションが普及し、前方アプローチができる医師が増えてくれば、患者さんにとって良いと思います。私は、スイス、フランス、ドイツ、アメリカなどで人工股関節手術の第一人者といわれる先生方に教わり、キャダバートレーニング(遺体を用いた手技向上トレーニング)を重ねたうえで、この手術を行えるようになりました。

Q. 前方アプローチ法は、ほかのアプローチ法とどう違うのですか?

A. 筋肉はいくつかのグループになっていて、そのグループの間にあるすき間を通って進入していくのが前方アプローチ法です。筋肉は神経ごとにグループに分けることができます。大臀筋神経支配の筋肉がグループAだとすると、その後ろ側の坐骨神経支配の筋肉はグループBになります。このグループAとグループBの間を通って進むと、どちらのグループにも迷惑がかかりません。これが前方アプローチ法です。
一方、斜め前から入る前側方アプローチ法は、グループBに少しお邪魔しなければなりません。また、後ろ側の筋肉を切開する後方アプローチ法と違って、筋肉が温存されて脱臼しにくいため、日本では前側方アプローチ法が行われることも多いですが、残念ながら一部の組織を傷つけてしまいます。前方アプローチ法には高度な技術が求められるのですが、どこも傷つけずに股関節に至ることができるのです。

前方アプローチ法 前側方アプローチ法(一部の組織を傷つけてしまう) 股関節(大腿骨の骨頭) 後方アプローチ法(筋肉を切開する必要がある) 大臀筋神経支配の筋肉(グループA) 坐骨神経支配の筋肉(グループB)

Q. 筋肉や靭帯を温存できると、どんなメリットがありますか?

A. 術後の回復のスピードに圧倒的な差があります。また、患者さんの術後の満足度にも開きがあります。右側の人工股関節は昔のやり方で手術し、左側の人工股関節は新しいやり方で手術された患者さんがおられますが、今まで右側のほうでも満足されていたのですが、左側を手術して前回との違いに驚かれていました。それは筋肉が温存されているかどうかが大きなポイントになっているのです。

健康保険組合連合会 大阪中央病院 薮野 亙平 先生Q. 体の動かしやすさには、筋肉が重要な役割を果たすのですね。

A. 最近は「筋膜リリース」という言葉も流行っていますが、実は前方アプローチ法は筋膜リリースをしながら入っていきます。筋肉はその表面が筋膜に覆われているのですが、関節を長く患っておられる方は筋膜が筋肉周囲にかなり癒着しています。そこをゆるめて剥がしていくことで、温存された筋肉がさらに高いパフォーマンスを発揮できるのです。

Q. 今後さらに人工関節手術の技術は進歩していきますか?

A. ロボットを取り入れた手術も徐々に進んでいくと思います。米国製のロボット内視鏡手術システムがすでに世界中で使用されていますが、これは戦場の怪我人をアメリカ本国から遠隔操作で手術できるように開発されました。遠方からでも手術できることに加え、動きに制限のある人間の医師とは違って、ロボットなら360度全方位から細かい処置ができますし、微妙な手の震えというのもありません。当院でも今後、ナビゲーションシステムにロボットアームを連動させた技術を取り入れていく予定です。

歩行アシストロボットQ. リハビリに適用できるロボットもありますか?

A. 術後は切開した痛みがあるうえに筋力が低下していることもあり、脚を上げづらいという患者さんが少なくありません。当院では少しでも早く機能回復できるよう、歩行アシストのロボットを活用しています。電動アシスト自転車は、軽く漕ぐだけで坂道でもスムーズに進めますが、それと同じようにわずかな筋力で楽に脚が上げられるのでトレーニングがしやすくなるのです。術後2~3日間はこの歩行アシストロボットを使って歩行訓練を行うと、その後のリハビリが順調に進められます。

Q. では最後に、先生が医師を志されたきっかけを教えてください。

A. 大学は工学系の学部に進もうと勉強していたのですが、母が病気になったことがきっかけで医師の道を志しました。父の勧めも受け、受験直前に志望を医学部に変更したのです。人の役に立てる仕事はほかにもたくさんありますが、辛い痛みを取り除いてあげて、日常生活に戻してあげることができるこの仕事に誇りを感じています。患者さんご自身だけでなく、ご家族の方に喜んでいただけるのも大きなやりがいになっています。

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

薮野 亙平 先生からのメッセージ

※ムービーの上にマウスを持っていくと再生ボタンが表示されます。

取材日:2019.12.13

*本ページは個人の意見であり、必ずしも全ての方にあてはまるわけではありませんので詳しくは主治医にご相談ください。

先生の一覧へ戻る

病院検索をする

ページトップへ戻る

先生があなたに伝えたいこと

股関節股関節

膝関節膝関節

肩関節肩関節

肘関節肘関節

足関節足関節

手の外科手の外科

脊椎脊椎

病院検索 あなたの街の病院を検索!

先生があなたに伝えたいこと 動画によるメッセージも配信中!