先生があなたに伝えたいこと / 【橋本 慶太】変形性足関節症(へんけいせいそくかんせつしょう)やリウマチ、外反母趾(がいはんぼし)などの治療の選択肢は増えています。関節を温存して痛みを取り除き、歩く機能を回復させることを目指します。

先生があなたに伝えたいこと

【橋本 慶太】変形性足関節症(へんけいせいそくかんせつしょう)やリウマチ、外反母趾(がいはんぼし)などの治療の選択肢は増えています。関節を温存して痛みを取り除き、歩く機能を回復させることを目指します。

公立岩瀬病院 橋本 慶太 先生

公立岩瀬病院
はしもと けいた
橋本 慶太 先生
専門:足関節、整形外科全般

橋本先生の一面

1.休日には何をして過ごしますか?
家族サービスですね(笑)。まだ小さい子どもが2人いるので近くの公園などに遊びに連れていっています。

2.最近気になることは何ですか?
足の痛みで悩んでいる患者さんがここ最近増えてきています。近隣の病院から相談されることも多く、足の専門医として力になりたい想いがますます強くなっています。治療の選択肢は増えているので、足関節および足部に特化した医療機関として、周囲の医療機関とも連携しながら積極的に情報発信をしていきたいと思います。

携帯・スマートフォンサイトもチェック!

携帯電話・スマートフォン

バーコードリーダーで読み取ってください。携帯電話・スマートフォンからもご覧いただけます。
http://kansetsu-itai.com/m/interview/dr291.php

*携帯電話・スマートフォンからアクセスしていただく場合、パケット通信料は、お客様のご負担となりますので予めご了承ください。

QRコード

先生からのメッセージ

変形性足関節症(へんけいせいそくかんせつしょう)やリウマチ、外反母趾(がいはんぼし)などの治療の選択肢は増えています。関節を温存して痛みを取り除き、歩く機能を回復させることを目指します。

足関節の名称Q. 足関節(そくかんせつ)の構造について教えてください。

A. 足関節は主に脛骨(けいこつ)、腓骨(ひこつ)、距骨(きょこつ)の3つの骨から成り、周囲の靭帯が足首のスムーズな動きを支えています。

変形性足関節症Q. 足関節の痛みでお悩みの方にはどのような疾患がありますか?

A. 代表的な疾患として変形性足関節症、外反母趾、リウマチ性前足部(ぜんそくぶ)障害があります。変形性足関節症は加齢が原因で足関節が変形して痛みが出てくることが多いです。また、骨折あるいは捻挫した後に、月日が経って痛みを感じたら実は変形していたということもあります。また、事故などによる複雑骨折では手術をしても関節が変形しやすくなっているために、時間が経つにつれて痛みが出てくることがあります。

公立岩瀬病院 橋本 慶太 先生Q. 痛みを感じたら早めに診察を受けること、足関節を骨折したら治っても定期的に受診することが大切ということですね。リウマチ性前足部障害や外反母趾の症状についても教えてください。

A. リウマチ性前足部障害は足の指が脱臼して変形したり、足の裏にタコができたりして痛みを感じ来院される方が多いです。外反母趾は親指が外側に向かい変形することで靴を履くときに痛みを感じ、歩きにくくなってしまいます。

Q. 足関節の疾患はどれくらいの年齢の患者さんが多いのでしょうか? 骨粗鬆症(こつそしょうしょう)との関連はありますか?

A. 50代から70代くらいの女性が多いですが、リウマチでは20代の方もいますし、80代で手術をされる方もいらっしゃいます。女性が圧倒的に多いので骨粗鬆症も一因と考えられますが、はっきりとした因果関係はわかっていません。

Q. どのような診察が行われるのでしょうか?

A. まずはレントゲンを撮って関節がどれくらい変形しているのかを診ていきます。靭帯を傷めているのであればエコー検査も行います。さらに詳しく検査するためにMRI検査を行い、靭帯の損傷具合も確認します。

Q. 治療法について、まずは外反母趾について教えてください。

A. 外反母趾は中足骨(ちゅうそくこつ)と基節骨(きせつこつ)との角度(外反母趾角)で変形の度合いを測ります。それが40度以上であれば重症と判断します。軽い変形であれば装具や特別な靴の中敷きを作ってそれ以上の変形を予防し、痛み止めも使いながら様子を見ます。筋力が弱くなると症状が進行する場合があるので、筋力トレーニングも指導します。床にタオルを敷いて足の指を使ってたぐり寄せる、足の指を使ったじゃんけん、あるいは背伸びするだけでも効果があります。

Q. それでも改善しない場合には手術ということになるのですか?

A. 中足骨の一部を切り取り、変形した骨の角度を変えて体重のかかるところを改善する中足骨骨切り術(ちゅうそくこつこつきりじゅつ)という方法があります。

Q. 自分の骨を活かすのですね?

A. そうです。変形性足関節症の場合は足関節の動きを制限して痛みを改善させる足関節固定術という方法もあります。外反母趾の場合にはできるだけ関節を温存する治療を行います。人間の足は歩くとき、まずは踵(かかと)を着いてからつま先が接地し親指でぐっと踏み出す仕組みになっているので、足の指はむやみに固定してしまうと痛みは取れても蹴りだす力が出せず、足を引きずるような歩き方になってしまうことがあります。当院ではリウマチに関してもできるだけ関節を温存しながら正常な形に戻し、歩く機能を回復させる治療をしたいと考えています。

公立岩瀬病院 橋本 慶太 先生Q. 変形性足関節症の治療法についても教えてください。

A. 軽度であれば、まずは痛み止めの薬を使い、装具や中敷きを作って足首に負担がかからないようにして様子を見ます。筋力が落ちると痛みを感じやすくなるので、筋力トレーニングも併せて行います。
変形が強いようであれば、足関節の動きを制限することで痛みを改善させる足関節固定術になります。内視鏡を使って変形した骨を削り、金属のスクリューを入れて固定するものです。以前は大きく切開して手術を行っていましたが、最近では内視鏡を使って小さい侵襲で手術が行えるようになり、関節への負担や痛みもかなり抑えられるようになりました。

Q. リウマチの場合はどうでしょうか?

A. リウマチ性前足部障害で関節が壊れている方は、関節を人工物に置き換える人工足関節置換術(じんこうそくかんせつちかんじゅつ)を行います。足関節は膝や腰と比べて関節が小さいにもかかわらず、そこに体重が大きくかかる関節なので、かつては人工足関節の耐用年数が不安視されていましたが、近年では素材が進歩して耐用性が大幅に向上しています。

人工足関節置換術

Q. 手術後の入院期間やリハビリについて教えてください。

A. 変形性足関節症やリウマチで人工足関節置換術を行った場合、足首に体重がかかりすぐに動かせないので、歩行練習を始めるまでに時間がかかります。若い方で松葉杖が使えるようであれば早く退院できますが、そうでなければだいたい1ヵ月から1ヵ月半程度の入院とリハビリが必要です。

Q. かなり重症でも痛みはとれるのでしょうか?

A. リウマチ性前足部障害で親指の変形が強く、ほかの指も全て脱臼し、大きなタコができて痛みを訴えられていた方に関節を温存した手術を行い、タコもなくなり「痛みが取れた」と喜ばれました。
先ほどご説明した通り、足指の関節を固定してしまうと踏み返す力がなくなって足に力が入らなくなるので、最近では関節を温存する手術が主流になってきています。

Q. 先生が治療の上で心がけていらっしゃることは何ですか?

A. 患者さんの痛みを取ることです。重症の場合にはメスを入れることになりますから、患者さんの多くは不安になられます。手術しないで治す方法、手術して治す方法の両方のメリットとデメリットをしっかり説明し、最終的には患者さんに判断してもらうようにしています。手術では、あらかじめどれくらい骨を切ればよいか、どれくらい矯正すればよいのか、綿密に術前計画を立ててから臨むようにしています。

公立岩瀬病院 橋本 慶太 先生Q. 先生が足関節の専門医を志されたきっかけがありましたら教えてください。

A. 学生時代にラグビーで足を傷めたとき、なかなか足の専門の医師が見つからず、病院をいくつかまわってから疲労骨折していたことがわかりました。このような経験から、足を診る医師になりたいと思いました。

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

橋本 慶太先生からのメッセージ

※ムービーの上にマウスを持っていくと再生ボタンが表示されます。

取材日:2018.12.14

*本ページは個人の意見であり、必ずしも全ての方にあてはまるわけではありませんので詳しくは主治医にご相談ください。

先生の一覧へ戻る

病院検索をする

ページトップへ戻る

先生があなたに伝えたいこと

股関節股関節

膝関節膝関節

肩関節肩関節

肘関節肘関節

足関節足関節

手の外科手の外科

脊椎脊椎

病院検索 あなたの街の病院を検索!

先生があなたに伝えたいこと 動画によるメッセージも配信中!