先生があなたに伝えたいこと / 【藤田 順之】高齢社会で首や腰の痛み、手足の痺れに悩む方が増えています。その中で健康寿命を長くするのが整形外科の役割。脊柱管狭窄症で日常生活動作にも支障を来たすようであれば、傷んだ神経を取り除くことで痛みを取る手術も選択肢の一つと捉えてほしいと思います。

先生があなたに伝えたいこと

【藤田 順之】高齢社会で首や腰の痛み、手足の痺れに悩む方が増えています。その中で健康寿命を長くするのが整形外科の役割。脊柱管狭窄症で日常生活動作にも支障を来たすようであれば、傷んだ神経を取り除くことで痛みを取る手術も選択肢の一つと捉えてほしいと思います。

藤田医科大学病院 藤田 順之 先生

藤田医科大学病院
ふじた  のぶゆき
藤田 順之 先生
専門:脊椎脊髄

藤田先生の一面

1.最近気になることは何ですか?
 やはり先が見えない新型コロナウイルスのことです。感染を恐れて通院を控えている患者さんも多いですが、病院ではしっかり対策を取っているので、痛みを我慢せず、安心してご来院いただきたいと思います。

2.休日には何をして過ごしますか?
 単身赴任中なのですが、コロナで帰れなくなってしまいました。東京にいる5人の子どもたちの声は、毎日必ず聞くようにしています。

先生からのメッセージ

高齢社会で首や腰の痛み、手足の痺れに悩む方が増えています。その中で健康寿命を長くするのが整形外科の役割。脊柱管狭窄症で日常生活動作にも支障を来たすようであれば、傷んだ神経を取り除くことで痛みを取る手術も選択肢の一つと捉えてほしいと思います。

このインタビュー記事は、リモート取材で編集しています。

Q. 先生のご専門の脊椎にはどのような疾患が多いのでしょうか?

A. 超高齢社会を迎え、加齢によって生じる変性疾患が多くなっています。頸椎では首の骨や椎間板の変性によって首のコリや痛みが起こる頸椎症(けいついしょう)、腰椎では腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)などがあります。ほかには一部の椎間板が本来の位置から飛び出して神経を圧迫して痛みや痺れを起こす腰椎椎間板ヘルニアや頸椎椎間板ヘルニアも多いです。

腰椎椎間板ヘルニア

Q. 腰部脊柱管狭窄症について具体的に教えてください。

A. 脊椎の中には神経や脊髄の通り道である脊柱管(せきちゅうかん)があって、そのなかに馬尾(ばび)という神経の束があり、そこから神経根という枝に分かれるのですが、脊柱管が狭くなることでそうした神経を圧迫して痛みや痺れが出るものです。

正常な脊椎の断面図 脊柱管狭窄症の断面図

Q. 脊柱管が狭くなるのには、何か理由があるのでしょうか?

A. 年齢とともに椎間板が変性し、後ろに出っ張っていったり、脊柱管の後ろにある背骨と背骨をつなぎ合わせている黄色靭帯が肥厚したりすることが主な原因です。

Q. 生活習慣も影響するのでしょうか?

A. 腰は上半身の重みを常に支えているので、肉体労働に従事している方は椎間板ヘルニアになりやすいといわれていますし、やはり使い過ぎれば脊柱管に負担がかかるものと考えられます。メタボリックシンドロームで体重が増えることでも力学的なストレスがかかって痛みが出てくるとされていますし、近年、糖尿病などの生活習慣病も腰部脊柱管狭窄症と関係していることが言われています。

藤田医科大学病院 藤田 順之 先生Q. 太らないようにすることは大切なのですね?

A. はい。脊柱管の中には脊髄や馬尾を覆う硬膜という膜があり、その外側にある硬膜外脂肪(こうまくがいしぼう)と呼ばれる薄い脂肪層があるのですが、この脂肪層が過度に増えると、狭窄の原因にもなり、更に痛みを誘発することがわかっています。ですので、高脂血症(脂質異常症)などの生活習慣病にならないように適性体重を保つことは非常に重要です。脊椎というのはあくまで体を支えるものですから、腹筋や背筋など、周囲の筋肉を衰えさせないようにすることも大切です。

Q. 腰部脊柱管狭窄症にはどういう治療法がありますか?

A. すぐに手術という外科的治療に頼るわけではなく、まずは痛め止めなど投薬や注射による保存的治療を行います。いまの医療では残念ながら脊柱管を広くする薬はありませんので、あくまで対症療法になりますが、いまは神経障害性疼痛を抑える薬や神経根ブロック注射など、さまざまな痛みを抑える手段がありますから、症状に応じてそれらを使いながら様子を見ます。

Q. それでも痛みが取れない場合には手術になるのでしょうか? 手術になるとすればどういった方法がありますか?

A. 背中の後ろからアプローチして、棘突起(きょくとっき)と呼ばれる背骨を半分に割って、椎弓という部分を切除して脊柱管を広げる椎弓形成術(ついきゅうけいせいじゅつ)または椎弓切除術(ついきゅうせつじょじゅつ)があります。痛みの原因になっていた脊柱管の圧迫を解除することで、痛みを取ることが期待できます。もともとすべり症といって腰椎がずれていたり、切除すべき範囲が広く、腰椎の安定性が損なわれる恐れがある場合には、背骨にインプラントを使って固定する固定術を行うこともあります。

椎弓切除術

椎弓切除術

Q. 手術をされる方の中にはご高齢の方も増えているのでしょうか?

A. 近年は90代でも手術される方も増え、皆さん、手術後も本当に元気に過ごしていらっしゃいますよ。

Q. それはすごいですね! 高齢の方の場合、手術を行ううえで、環境などで何か工夫をされていることはありますか?

藤田医科大学病院 藤田 順之 先生A. 腰椎に原因があって日常生活動作の支障を来たし、ご本人に良くなりたいという意欲があれば、ご高齢であってもできる限り手術は行うべきと考えています。ただ、背骨にスクリューを打つ固定術の場合、高齢の方は骨粗鬆症の恐れがあるので、長期的に骨密度を下げないようにするなど、慎重に進めなくてはいけません。手術を考える段階になって初めて糖尿病や循環器の疾患がわかることもあります。血圧が高い、心臓が悪い、糖尿病があるといった場合には、極力、内科と連携しながらこれらのコントロールを行い、最終的には麻酔科の医師と連携して手術を判断します。

Q. 手術を受けることで合併症などのリスクやデメリットはあるのでしょうか?

A. リスクのない手術はありません。手術によって神経を傷つける可能性や感染の恐れもあります。手術時の出血によって血腫ができて神経を圧迫する可能性や、動かないでいる時間が長くなれば血栓が起こる恐れもあります。そういう事態を防ぐために、患者さんの症状から予測される事態を考慮して術前計画を立て、手術はできる限り手際良く慎重に行っています。また、手術を短時間で行うことは感染を防ぐためにもなると考えています。

藤田医科大学病院 藤田 順之 先生 手術写真

藤田医科大学病院 藤田 順之 先生Q. 傷跡も気になります。手術を行うときに気を付けていることはありますか?

A. いまは皮膚の切開をできるだけ小さくして、体への負担を少なくする低侵襲手術が一般的になっています。ただ、症状によってはしっかり切開したほうが確実に施術できる場合もあるので、必ずしも傷が小さければ良いわけでもありません。

Q. 入院期間はどれくらいになるのでしょうか? 手術後のリハビリについても教えてください。

A. 腰部脊柱管狭窄症の場合、7〜10日程度です。手術翌日から歩行練習などのリハビリを開始し、退院が近づくころには、自宅に戻っても不便のないように階段の昇り降りの練習も行います。傷が治り、血液データもチェックしたうえで退院となります。退院後は、1ヵ月、3ヵ月、半年、1年の間隔で通院していただき、経過観察を行います。インプラントを入れた固定術の場合は骨癒合がうまくいっているか、ゆるみが生じていないかということをレントゲンやCTでチェックします。

コルセットの例Q. 手術後の日常生活の制限はありますか?

A. インプラントを使った固定術の場合、退院後2〜3ヵ月はコルセット(装具)を着用していただくことが多くなります。それは骨癒合を確実に行い、無理な体の使い方をしないようにすることが目的であり、それ以外に日常生活での制限はとくにありません。

Q. 手術をした方、手術を考えている方に向けてアドバイスをお願いします。

A. 手術後はとくに日常生活の制限はありませんが、定期的に経過をフォローしていくことが大切です。痛みに悩まれ、手術を受けようか迷っているのであれば、傷んだ神経を取り除くことで痛みを取る手術も選択肢の一つと捉えてほしいと思います。

藤田医科大学病院 藤田 順之 先生Q. 先生が整形外科医を志したきっかけについて教えてください。

A. 学生時代にアイスホッケーで膝の前十字靭帯を2回切ったのを機に、整形外科に興味を持ちました。なかでも、脊椎専門の先輩の手術を見て、繊細さと大胆さの両方が求められる脊椎外科の奥深さに惹かれました。

Q. 先生がこれまでに治療された患者さんの中で印象に残ったエピソードがあれば教えてください。

A. 腰部脊柱管狭窄症で手術を受けられた90代の患者さんが、退院後の外来で、「手術して本当によかった!」と笑顔で元気におっしゃってくださったことです。人生100年時代といわれるようになりましたが、こうした患者さんが一人でも増えてくれれば医者冥利に尽きます。

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

藤田 順之 先生からのメッセージ

※ムービーの上にマウスを持っていくと再生ボタンが表示されます。

リモート取材日:2020.7.8

*本ページは個人の意見であり、必ずしも全ての方にあてはまるわけではありませんので詳しくは主治医にご相談ください。

先生の一覧へ戻る

病院検索をする

ページトップへ戻る

先生があなたに伝えたいこと

股関節股関節

膝関節膝関節

肩関節肩関節

肘関節肘関節

足関節足関節

手の外科手の外科

脊椎脊椎

病院検索 あなたの街の病院を検索!

先生があなたに伝えたいこと 動画によるメッセージも配信中!