先生があなたに伝えたいこと / 【佐々木 寛二】脊椎最小侵襲手術(MISt:ミスト)は、出血が少なく、傷を小さくできる身体の負担を軽減できる背骨の治療にかかせない手術法です。

先生があなたに伝えたいこと

【佐々木 寛二】脊椎最小侵襲手術(MISt:ミスト)は、出血が少なく、傷を小さくできる身体の負担を軽減できる背骨の治療にかかせない手術法です。

社会福祉法人 聖隷福祉事業団 総合病院聖隷浜松病院 せぼねセンター(センター長) 佐々木 寛二 先生

社会福祉法人 聖隷福祉事業団 総合病院聖隷浜松病院
せぼねセンター(センター長)

ささき   かんじ
佐々木 寛二 先生
専門:脊椎外科

佐々木先生の一面

1.最近気になることは何ですか?
 治療に当たって医師は上から指示するのではなく、患者さんと同じ立ち位置で一緒に治療を進めていく方が、本当は治療成績が良くなるのではないのかなと考えるようになりました。

2.休日には何をして過ごしますか?
 講演や勉強会に参加していると、なかなか休みが取れなくて...。休まずに動き回っているので周りからマグロって呼ばれるんです(笑)。

携帯・スマートフォンサイトもチェック!

携帯電話・スマートフォン

バーコードリーダーで読み取ってください。携帯電話・スマートフォンからもご覧いただけます。
http://kansetsu-itai.com/m/interview/dr163.php

*携帯電話・スマートフォンからアクセスしていただく場合、パケット通信料は、お客様のご負担となりますので予めご了承ください。

QRコード

先生からのメッセージ

脊椎最小侵襲手術(MISt:ミスト)は、出血が少なく、傷を小さくできる身体の負担を軽減できる背骨の治療にかかせない手術法です。

Q. 本日は頚椎症性脊髄症(けいついしょうせいせきずいしょう)についてお伺いします。近年メディアなどで頚椎症性脊髄症が取り上げられることが増えていますが、どのような病気で主な原因は何なのでしょうか?

A. 人間の脳から全身に信号が送られる際、神経の束である脊髄を介します。その首の部分、頚椎のところで神経の通り道が狭くなって、いろいろな障害が出てくるのが頚椎症性脊髄症です。頚椎症というのは頚椎が傷んだ状態、脊髄症というのは頚椎が傷んだことによっておこる障害のことです。原因はいろいろあるのですが、もともと遺伝的に神経の通り道が狭かったり、加齢変化による頚椎(椎間板の膨隆・骨棘の形成)の変化によって、頚椎の脊柱管(骨の孔)の中にある脊髄が圧迫されたりして症状が出ます。腰は重いものを持ったりして傷めてしまうことがありますが、首はそういった理由ではまず傷めないので、はっきりとした原因はありません。加齢によるものが多く、60歳代後半の男性の方に多く発症する傾向があります。

正常な頚椎の断面図 頚椎症の頚椎の断面図

Q. 頚椎症性脊髄症の症状はどのようなものでしょうか?

社会福祉法人 聖隷福祉事業団 総合病院聖隷浜松病院 せぼねセンター(センター長) 佐々木 寛二 先生A. 一番顕著で最初に自覚されるのが、階段を昇るよりも降りにくくなってしまうことです。脚がもつれるような感じがあって、手すりを持たないと階段が降りにくくなります。ほかに、「最近、なんだか字がきたなくなったなあ」ということも初期に自覚されます。これらは医学的には巧緻性障害(こうちせいしょうがい)といってしびれ等からくる運動障害です。人間は五感を使って動いていますが、その1つの触覚に関わる情報が不足することが原因です。

頚椎症性脊髄症の診断Q. 頚椎症性脊髄症の診断はどのようなものでしょうか?

A. 手を10秒間で20回閉じたり開いたりしていただくテストをします。ほかに歩容(ほよう:歩く姿)も診断基準のひとつとなります。レントゲンも参考にしますが、いまでは大きな病院ならほとんどMRIが導入されていますので、その画像を調べてかなり詳細に診断をすることができます。

Q. 頚椎症性脊髄症の治療はどのようなものでしょうか?

社会福祉法人 聖隷福祉事業団 総合病院聖隷浜松病院 せぼねセンター(センター長) 佐々木 寛二 先生A. 治療にあたっては、その症状が日常生活上どこまで許容できるかというのがまずは判断基準になります。軽度のしびれのみの場合は経過観察することがほとんどです。ただし、転倒や事故には注意が必要です。整体など頚椎に力を加える治療も避けた方が良いでしょう。神経の通り道である管が狭くなっていたら、それを改善するには手術しか方法はありません。狭い管をなんとか利用するか、手術で拡げるかという選択になります。経過観察で狭い管をなんとか利用していたとしても、日常生活上、大きな障害となってしまうとやはり手術の適応となります。

Q. 頚椎症性脊髄症について手術すべきタイミングは?

A. 明確な基準はありませんが、しびれではなく麻痺、動かなくなってしまうような症状が出たら、生活の質(QOL)の低下が著しくなりますので手術を考えても良いと思います。たとえば、目をつむったまま立ち上がることができないような状態になっているなら、早く手術したほうが良いですね。ほかにも、日本人でしたら箸が使えないと日常生活上は不便でしょうから、やはり手術を考えられても良いと思います。確かに首の手術というと不安を持たれる方が多いのですが、手術して寝たきりになるリスクよりも手術せずに寝たきりになるリスクの方がはるかに高いことをきちんと説明しています。もうひとつ大事なことは、寝たきりになる前に手術しないと回復の見込みが低くなりますので、それまでに決断されたほうが良いですね。

社会福祉法人 聖隷福祉事業団 総合病院聖隷浜松病院 せぼねセンター(センター長) 佐々木 寛二 先生Q. 頚椎症性脊髄症の手術は安全なのでしょうか? 技術的なリスクや合併症等のリスクを避けるためにどんな工夫をされているのでしょうか?

A. 椎弓形成術(ついきゅうけいせいじゅつ)という手術ですが、脊髄の上で手術するのではなく、少し離れた脊椎の両端を削って持ち上げる手術です。脊髄自体に何かダメージを与える可能性はほとんどありませんので安全です。合併症については、以前は手術後に一時的に左右の手のどちらかが動きにくくなるという事例が報告されていましたが、いまではほとんど報告されていません。首を支える筋肉や骨を触って神経の管を拡げますので、首周囲の肩の辺りに痛みが出ることもあります。

Q. 先生の施設では頚椎の最小侵襲手術(MISt)(さいしょうしんしゅうしゅじゅつ:ミスト)をされているとお聞きしましたが、具体的にはどういったことをされているのでしょうか? 従来の手術と比べて患者さんにとってのメリットは何でしょうか?

A. 頚椎最小侵襲椎弓形成術と呼んでいますが、従来からある2つの術式を掛け合わせたものです。ひとつは30年ほど前に平林洌先生が開発された首の筋肉をできるだけ傷つけない平林法(ひらばやしほう)、その後15年ほど前に白石建先生が開発された切開サイズが小さい白石法(しらいしほう)という2つの術式の良いところを応用しています。切開のサイズはだいたい2~3cmですので、傷口もあまり目立ちません。従来の手術では傷の大きさが10cm程度と大きく、髪の毛を切る、首のカラー(コルセット)を着けることが必要とされ、長期の入院や痛みによる生活障害がありましたので、患者さんには福音といえるでしょう。手術時間もいまでは30分程度と短くなりました。入院期間も、小さな傷で治療ができるようになったため数日で済みます。

従来の手術(髪の付着部にあたる)

最小侵襲手術(髪の付着部にあたらない)

Q. 手術のあと日常生活で気をつける点はありますか?

A. 頚椎最小侵襲椎弓形成術では、骨を削った部分とインプラントとの接合性が良いので、スポーツや運動の制限はあまりしていません。もちろん、激しく体をぶつけ合うコンタクトスポーツは避けていただきたいです。術後の検診は1ヵ月後、3ヵ月後、6ヵ月後、1年というように徐々に延ばしていきながら診ていきます。

社会福祉法人 聖隷福祉事業団 総合病院聖隷浜松病院 せぼねセンター(センター長) 佐々木 寛二 先生Q. 手術しても悪化してしまって、もう一度手術をしないといけないこともありますか?

A. 全くないとはいえませんが、そういったケースは200例に1例程度です。もう1度手術するということは、骨の変性がさらに進んでしまった、違う場所の変性が起こったなどが要因となることもあります。以前は骨を固定するのに糸を使っていました。小さな切開で骨に穴をあけながら糸を結ぶことはとても困難だったのですが、私が行っている頚椎最小侵襲椎弓形成術ではネジとプレートを用いながらしっかりと固定できるようになりました。

社会福祉法人 聖隷福祉事業団 総合病院聖隷浜松病院 せぼねセンター(センター長) 佐々木 寛二 先生Q. 先生が医師を志されたきっかけやエピソードがあれば教えてください。

A. 実は私はもともと文学部だったんです! ある日突然、自分は医者になったほうが良いかなって熱い想いがふつふつと沸いてきて転向したんです。当時所属していたゼミの教授は呆れていました(笑)。脊椎外科を志したのは、教えていただいた先生の技量が素晴らしかったこと。ぜひ、自分もこんな手術がしてみたいと強く願ってこの道に進みました。

取材日:2016.6.29

*本ページは個人の意見であり、必ずしも全ての方にあてはまるわけではありませんので詳しくは主治医にご相談ください。

先生の一覧へ戻る

病院検索をする

ページトップへ戻る

先生があなたに伝えたいこと

股関節股関節

膝関節膝関節

肩関節肩関節

肘関節肘関節

足関節足関節

手の外科手の外科

脊椎脊椎

病院検索 あなたの街の病院を検索!

先生があなたに伝えたいこと 動画によるメッセージも配信中!