先生があなたに伝えたいこと / 【竹島 憲一郎】足、膝、股関節は互いに影響しあっています。どこかが悪くなることで、他の関節や脊椎に影響が出ることもあります。治療では痛いところだけではなく、全体的に診る視点が大切です。

先生があなたに伝えたいこと

【竹島 憲一郎】足、膝、股関節は互いに影響しあっています。どこかが悪くなることで、他の関節や脊椎に影響が出ることもあります。治療では痛いところだけではなく、全体的に診る視点が大切です。

国際医療福祉大学 市川病院 竹島 憲一郎 先生

国際医療福祉大学 市川病院
たけしま けんいちろう
竹島 憲一郎 先生
専門:股関節膝関節足関節

竹島先生の一面

1.最近気になることは何ですか?
 どうすれば競技(社交)ダンスをする時間を作れるのかな? と考えています。パートナーである妻も育児などで多忙なので。

2.休日には何をして過ごしますか?
 息子と公園でサッカーをしたり、子どもたちに勉強を教えたりしています。時間ができれば競技(社交)ダンスをしたいです。

携帯・スマートフォンサイトもチェック!

携帯電話・スマートフォン

バーコードリーダーで読み取ってください。携帯電話・スマートフォンからもご覧いただけます。
http://kansetsu-itai.com/m/interview/dr214.php

*携帯電話・スマートフォンからアクセスしていただく場合、パケット通信料は、お客様のご負担となりますので予めご了承ください。

QRコード

先生からのメッセージ

足、膝、股関節は互いに影響しあっています。どこかが悪くなることで、他の関節や脊椎に影響が出ることもあります。治療では痛いところだけではなく、全体的に診る視点が大切です。

Q. 先生は「足の外科」もご専門だと伺いました。足の外科というのは具体的にどこが対象となるでしょうか?

A. 足の外科は外反母趾(がいはんぼし)や足首のケガ、疾患などを専門的に扱う領域です。私は股関節や膝関節なども診ていますので、下肢全般の関節を診察しています。

Q. 足の外科にはどのような疾患の方が来られるのでしょうか?

A. 多いのは足首の捻挫です。他には靭帯損傷や、年配の方だと扁平足が原因で足首に痛みを訴える方も来られます。また、外反母趾に悩まれる方も多いです。

国際医療福祉大学 市川病院 竹島 憲一郎 先生Q. 外反母趾とはどのような疾患ですか?

A. 足の親指(拇指:ぼし)が、内側に人差し指と重なるほど曲がってしまって痛みがでる病気です。一度なってしまうと完治は難しく、上手に付き合っていくことが大切です。外反母趾になると痛みを軽くするためにつま先に余裕のある靴を履く方が多いのですが、実は症状を悪化させてしまう可能性があります。締め付けるのは良くありませんが、足先の骨をしっかりと支えてくれるような靴を選ぶようにしてほしいです。

Q. 次に、股関節の構造と疾患について教えてください。

球関節と呼ばれる股関節の図A. 股関節は大腿骨と骨盤で構成されています。大腿骨の頭、大腿骨頭(だいたいこっとう)が骨盤の中でクルクルと回るように動くので「球関節」と呼ばれています。前後・左右・屈曲・伸展の6方向に動かせる自由度の高い関節ですが、片足で立つと体重の約7倍という大きな負担がかかります。人は歩くときに一瞬片足立ちになりますが、その都度それだけの負担がかかっているのです。その負担を軽減するために股関節は筋肉で覆われていますが、年齢を重ねると筋力が衰えてくるので、負担がどんどん大きくなっていきます。すると、大腿骨と骨盤それぞれの表面を覆っている軟骨がすり減っていき、骨同士がぶつかるようになります。その状態が変形性股関節症(へんけいせいこかんせつしょう)です。

Q. 変形性股関節症の原因は加齢によるものだけなのでしょうか?

A. 加齢によるものがほとんどですが、生まれつき臼蓋(きゅうがい:大腿骨頭を屋根状に覆う骨盤の骨)が浅い臼蓋形成不全(きゅうがいけいせいふぜん)や、先天性股関節脱臼(せんてんせいこかんせつだっきゅう)のある人は若くして発症することもあります。

国際医療福祉大学 市川病院 竹島 憲一郎 先生Q. 変形性股関節症になった場合、すぐに手術が必要ですか?

A. いいえ。まずはレントゲンなどの検査結果を見てもらい、患者さん自身に病状を把握してもらいます。その上で、筋肉を鍛えるなどの運動療法や、階段を避ける・体重を減らすといった生活の見直しを指導します。痛みが強く、動くことがつらい方にとって、体重を減らすことは難しく感じるかもしれません。しかし、股関節に体重の7倍の負担がかかること思えば、体重コントロールの大切さを理解していただけると思います。

Q. 運動療法では具体的にどの部分を鍛えるのですか?

A. まずは大腿四頭筋(だいたいしとうきん)です。仰向けに寝た状態で足を上げ、5秒キープします。そのときに自分で筋肉を触って力が入っていることを確認してください。他にも小臀筋(しょうでんきん:お尻の筋肉)のトレーニングもありますが、一度にいろいろやろうとすると続けにくいので、少しずつ行ってもらいます。

国際医療福祉大学 市川病院 竹島 憲一郎 先生Q. 筋トレや体重コントロールで、どのような効果を感じられるのでしょうか?

A. 体重が減ったことで、痛みが軽減される方は多いです。体が軽くなることで、動くことそのものも楽になり筋トレもしやすくなりますし、症状が軽くなることで手術の時期を伸ばす方もいます。最終的には手術になるかもしれませんが、自分の体の状態を把握しておくことで、治療や手術も納得して受けていただけると思います。

Q. どのような場合に手術を考えるのでしょうか?

A. 痛みで夜も眠れないような方には手術を勧めます。そういう方は運動を指導しても改善されにくく、痛み止めで抑えるしかありません。薬も長く付き合うと体に負担がかかるので、手術に踏み切ったほうが良いと考えています。

Q. では、手術の方法について教えてください。

A. 股関節の手術は「後方アプローチ」といって中殿筋・大殿筋の間から入り、奥にある筋肉を切り離して行う方法が一般的でした。しかし、筋肉を切ることにより術後に脱臼しやすいというデメリットがありました。また、人工関節を入れる際、臼蓋を削る角度が正確でないと、骨頭部分がうまく設置できませんが、後方アプローチだと患者さんの体が横向きになり、患部を確認しにくいことも難点でした。そこで私は「前方アプローチ」という方法を採用しています。筋肉を切らずに済むので術後に脱臼を起こしにくく、手術している部分が見やすいこともメリットです。

前方からのアプローチ法、側方からのアプローチ法、後方からのアプローチ法(筋肉を切開する必要がある)

Q. 次に、膝関節の構造と疾患について教えてください。

A. 膝関節は大腿骨と脛骨(けいこつ)からできていて、内外2本の側副靭帯(そくふくじんたい)、膝の中を交差している前十字靭帯・後十字靭帯で支えられています。大腿骨の先端が脛骨の上を滑るようにして動きますが、その衝撃をやわらげるために半月板というクッションが挟まっています。
膝関節にかかる負担は体重の約8倍です。そこに、ねじったり曲げたりという複雑な動きが加わることで軟骨や半月板がすり減り、クッション性が失われることで「変形性膝関節症(へんけいせいひざかんせつしょう)」が引き起こされます。加齢に伴うことが多く、早い人だと40代後半から徐々に症状が出てきます。

Q. 変形性膝関節症でも、すぐに手術にはなりませんか?

国際医療福祉大学 市川病院 竹島 憲一郎 先生A. はい。股関節の場合と同じで、まずは病状を把握してもらい、筋肉を鍛えてもらうように指導します。膝が痛い人は、実は足の裏の感覚が鈍っていることが多いです。そこで私は、足の裏を鍛える「タオルギャザー」というエクササイズを勧めています。床に置いたタオルを足の指でつかむ運動です。足の裏が上手に使えないと、歩くときにバランスが取れずに膝に余計な負担がかかったり、転倒しやすくなったりするので、ぜひ行ってみてください。

Q. では、膝の手術について教えてください。

A. 運動などの保存療法でも症状が軽減されない場合、手術を考えます。股関節などの場合、患者さんの負担を軽くするためになるべく傷を小さくする方法を取ることが多いのですが、膝の場合はしっかり開けて、きちんと治すことが大切だと考えています。前十字靭帯・後十字靭帯を残すかどうかという点でも同じで、無理に残そうとするより、きっちり人工膝関節を設置することを優先的に考えています。

Q. 足、膝、股関節のどれかが悪くなることで、ほかの関節にも影響は出ますか?

国際医療福祉大学 市川病院 竹島 憲一郎 先生A. はい。たとえば「ヒップスパインシンドローム」といって、脊椎が丸く変形することで股関節への負担が強くなり、変形性股関節症を発症することがあります。その逆もあります。また、「股関節が痛い」と訴える患者さんをよく調べると、膝に原因があったということもあります。痛みが出ている部分だけを調べたり、専門の領域だけを診ていたりすると見落とすこともあるので、気をつけて診察しています。

Q. ありがとうございました。最後に、先生が整形外科医を志されたきっかけをお聞かせください。

A. 医大生時代に競技(社交)ダンスに出会い、ダンサーが足を痛めるのを多く目の当たりにしました。しかし、なかなか専門的に足を診る先生がいないと感じ、私が専門医になろうと考えたのがきっかけです。

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

竹島 憲一郎 先生からのメッセージ

※ムービーの上にマウスを持っていくと再生ボタンが表示されます。

取材日:2017.6.5

*本ページは個人の意見であり、必ずしも全ての方にあてはまるわけではありませんので詳しくは主治医にご相談ください。

先生の一覧へ戻る

病院検索をする

ページトップへ戻る

先生があなたに伝えたいこと

股関節股関節

膝関節膝関節

肩関節肩関節

肘関節肘関節

足関節足関節

手の外科手の外科

脊椎脊椎

病院検索 あなたの街の病院を検索!

先生があなたに伝えたいこと 動画によるメッセージも配信中!