先生があなたに伝えたいこと / 【松本 知之】変形性膝関節症は、加齢とともに変形が進行します。変形の程度によって治療法が異なってきますので、膝の痛みを自覚されたら早めに受診して下さい。

先生があなたに伝えたいこと

【松本 知之】変形性膝関節症は、加齢とともに変形が進行します。変形の程度によって治療法が異なってきますので、膝の痛みを自覚されたら早めに受診して下さい。

神戸大学医学部附属病院 松本 知之 先生

神戸大学医学部附属病院
まつもと ともゆき
松本 知之 先生
専門:膝関節・再生医療

松本先生の一面

1.休日には何をして過ごしますか?
 今は専ら趣味のゴルフです。

2.最近気になることは何ですか?
 40歳になってそろそろ体力面、健康面が気になってきました。いつまでも健康でいい治療を、が目標です(笑)。

携帯・スマートフォンサイトもチェック!

携帯電話・スマートフォン

バーコードリーダーで読み取ってください。携帯電話・スマートフォンからもご覧いただけます。
http://kansetsu-itai.com/m/interview/dr78.php

*携帯電話・スマートフォンからアクセスしていただく場合、パケット通信料は、お客様のご負担となりますので予めご了承ください。

QRコード

先生からのメッセージ

変形性膝関節症は、加齢とともに変形が進行します。変形の程度によって治療法が異なってきますので、膝の痛みを自覚されたら早めに受診して下さい。

「膝関節の筋肉を鍛えましょう」

Q. 膝関節の仕組みはどのようになっているのでしょうか? 主な部位とそれぞれの働きについて教えてください。

A. 膝関節は体の中で一番大きい関節ということもあって、とても複雑な構造をしています。まず骨で中心なのは、大腿骨、脛骨(けいこつ)、それに脛骨の外側にある腓骨(ひこつ)の3つで、さらにいわゆるお皿、膝蓋骨(しつがいこつ)があります。そして、それらが組み合わさって2つの大きな関節ができています。ひとつは、膝蓋骨と大腿骨から成る膝蓋大腿関節、もうひとつは、大腿骨と脛骨の間の大腿脛骨関節です。体重がかかるのは、この大腿骨と脛骨の間の関節で、膝が痛くなるという症状もほとんどがここに出ます。

膝関節の骨・靭帯

Q. なるほど。膝関節は2つの関節によって成り立っているのですね。

A. はい。その関節を支え膝の動きを制御するのが靭帯(じんたい)です。前方に大腿四頭筋(だいたいしとうきん)、膝蓋腱があり、関節の内外へ制動しているものが内外の側副靭帯、また関節内で前後の制動の働きをしているのが前後の十字靭帯(じゅうじじんたい)です。
これら関節の靭帯が膝を曲げたり伸ばしたりという動きを制御しています。さらに関節の表面には軟骨という組織があり、みなさんもよくご存じの半月板も関節の中、脛骨上面の外側と内側にあって、膝への衝撃を和らげるクッションの役割をしています。
少し詳しくお話しますと、人の体のすべての関節の表面には軟骨が付着していて、骨と骨が直接当たるのを防いでいます。軟骨には神経も血管も通っていないので、軟骨同士が接触しても痛くないわけです。

Q. 軟骨や半月板は硬い骨の間でクッションの役割をしているのですね。

神戸大学医学部附属病院 松本 知之 先生A. ええ。ですから通常ですと痛まないですが、加齢などで軟骨がすり減って骨と骨が当たったりすると痛みが出て、骨が変形をきたすことがあるんです。半月板損傷や靭帯損傷も放置しておくと、軟骨に負担をかけますので、変形性膝関節症の原因になりますね。

Q. 半月板損傷や靱帯断裂は激しいスポーツや外傷から起こるというイメージがありますが、実際はどうなのなのでょうか?

A. もちろんそういう場合が多いですが、半月板損傷については実は加齢で起こることもあります。先ほどもいいましたように半月板はクッション、座布団のようなものですから、長年、毎日毎日使っているうちに薄くなったり傷んできたりすることがあるんです。これは誰にでも起こり得ることで、問題はその程度なんです。痛い、と感じたときにはすでに半月板や軟骨の異常に移行していることが多いですね。

Q. 座布団と聞くとわかりやすいですが、そうすると変形性膝関節症を予防するのは難しいということですか?

A. そうともいえません。荷重部位ですから体重をコントロールしたり、関節を支える構造体、特に大腿四頭筋を鍛えたりすることが効果的です。

Q. 参考までに、大腿四頭筋の鍛え方を教えていただけますか?

神戸大学医学部附属病院 松本 知之 先生A. 膝をぐっと伸ばす運動。たとえば椅子に座って、足首に重りをぶら下げて曲げ伸ばしする。これはジムなどにもそういう器具がありますよね。あとは寝た状態で30度ほど足を上げてしばらく止めておくなどが効果的です。こういう運動は、早期の変形性膝関節症の進行を遅らせるにも有効な方法です。手術までに至らない早期の変形性膝関節症には抜本的な治療法がなく、ヒアルロン酸を注射して痛みや炎症を抑えたり、湿布を貼ったりしても傷んだ膝関節を元に戻すことはできません。ですから筋肉を鍛えて、進行を遅らせることが大事になってきます。

Q. 変形性膝関節症を発症し、運動や薬の投与など保存的治療で効果がみられなければ、次の段階が手術ということでしょうか?

A. そうですね。ただ手術にもさまざまな種類、段階がありますので、その方の症状、年齢、活動性などを考慮して、最適の手術法を選ぶことが可能です。

Q. 手術の種類について教えてください。

膝関節の骨棘A. 初期ですと関節鏡視下手術(かんせつきょうしかしゅじゅつ)という内視鏡での手術があります。皮膚を2ヵ所小さく切開して、片方に内視鏡、もう片方に切除用の器具を入れて、確認しながら半月板や軟骨の傷んでいる箇所を切除したり、整えたりします。また変形性膝関節症を発症しますと、体に一種の防御反応が働き、体重を同じ部分にかけないように屋根を増やして範囲を広げる、骨棘(こつきょく)というものができることがあります。

関節鏡視下手術

他にも、内側の半月板の後ろが痛んで膝が伸びなくなることがありますが、そういうところにも骨棘ができます。防御反応とはいえ、骨棘自体が痛みの元になるものですから、関節鏡視下手術でこれを取り除くこともあります。

高位脛骨骨切り術そして次の段階が高位脛骨骨切り術(こういけいこつこつきりじゅつ)。関節の内側に偏った荷重を、骨の一部を切って移動させることで、外側にも均等にかかるようにし痛みを緩和します。切った部分はプレートで留めます。この手術ですとご自分の関節が温存できますので、正座もスポーツもほぼ大丈夫。但し条件としては関節外側の軟骨、半月板が機能していること。骨がしっかりしている40代、50代と若い方や活動性の高い方に適しています。

Q. 膝の内側だけが痛む、軟骨がすり減るというがあるわけですね。

神戸大学医学部附属病院 松本 知之 先生A. 日本人にはもともとO脚の方が多く、こういう方は内側に荷重がかかってしまいますから。また、大腿骨から足関節に至る下肢機能軸(ミクリッツライン)は下肢のほぼ中央を通っていますが、ほんの少し内側にずれていることも原因の一つでしょう。

Q. そうなのですね。高位脛骨骨切り術をすれば人工膝関節手術をしなくて済むのでしょうか?

A. 全例とはいえませんが、人工膝関節手術を受けることなく一生過ごされる方も多くいらっしゃいますよ。

Q. 適応は限られるとはいえ、いい手術なのですね。デメリットはないのですか?

A. 人工的に骨折を起こすので、骨がつくまでに2ヵ月ほどかかること。人工膝関節手術での入院は3週間程度ですから、倍はかかりますね。さらに中には骨がつくのに時間がかかる場合があります。

Q. よくわかりました。変形が進んで痛みや動きの制限が強い場合は、やはり人工膝関節全置換術が有効なのでしょうか?

神戸大学医学部附属病院 松本 知之 先生A. その通りです。実は、診察してみると人工膝関節全置換術の適応まで進行している症例が圧倒的に多いです。みなさん、我慢強いのか、相当痛くなるまで様子をみられていたり、開業医さんのところへ長年通われていたり、でもよくならないということで当院に来られますと、もう人工膝関節手術しか方法がないということが多いのです。人工膝関節全置換術は優れた大変いい手術なんですが、早期ですと治療法を選択でき関節を温存することも可能かもしれないので、なるべく早いうちに専門医にかかられることをお勧めしたいです。

Q. それでは、先生が人工膝関節全置換術をされる上で特に重要視されていることは?

神戸大学医学部附属病院 松本 知之 先生A. 2つあります。ひとつは「骨を正確に切ってインプラントを正確に設置すること」。先ほども触れたミクリッツラインが正常にきちんと膝の中心を通るよう、術前にしっかりと計画をして骨を切り、インプラントを正確に設置することで、膝の内と外に均等に荷重がかかりインプラントのゆるみを防ぐことができます。もうひとつ大事なのは、「もともとの靭帯をどこまで生かすかということ」。人工膝関節は、大腿骨側と脛骨側の間に人工の軟骨のようなポリエチレンのインサートをかみ合わせています。その際、前十字靭帯と後十字靭帯も切除することがありますから、そのままでは人工膝関節はグラグラしますね。それで他の靭帯を調節して安定させます。また変形によってO脚になっていることが多いので、内側の側副靭帯をはがしたり骨棘を除去したりしながら、内側と外側のバランスを合わせる必要もあります。適切な軟部組織バランスというのでしょうか、これを獲得することが大事です。大きくはこの2つを実現することで、膝の動きが本来の生理的な動きに近づくわけですね。

Q. 正確な設置と軟部組織の最適なバランスを獲得するため、何か取り組まれていることはありますか?

A. 骨切りについては、手術中にナビゲーションシステムを導入し、術前計画通りの角度で骨が切れるよう再度のチェックを行い、より精度の高い手術を実践しています。また関節内のバランスを手術中に定量的に測れる器具も取り入れています。

Q. そのような手術手技の進歩で、人工膝関節の寿命はずいぶん延びたのではないでしょうか?

神戸大学医学部附属病院 松本 知之 先生A. そうですね。もちろんインプラント自体も、摩耗のしにくいポリエチレンが登場するなど性能が進歩していますし、5年、6年という時代から今ではより長期に持つようになりました。人工膝関節置換術は術前の痛みが取れますし、満足度の高い手術といえるでしょう。

Q. 先生は、膝関節の軟部組織損傷において、再生医療の臨床実験にも積極的に取り組まれているそうですね。

A. ええ。骨の再生と軟骨の再生は現代の整形外科でのトピックスになっているんです。当院では、変形性膝関節症の前の前の段階、変形はしていないし半月板も靭帯も異常がなく、軟骨だけが傷んでいるという、稀ではありますがそのような症例で、軟骨を移植する治療を行っています。患者さんの軟骨をあまり体重のかからない部分から取ってきて2週間ほど外で培養し、軟骨の複合体のようなものを作って、それを患部に植え付けます。これは、いま話題の再生医療の一種ですが、幹細胞を使用するのではなく、正常な自家組織を利用するものです。

神戸大学医学部附属病院 松本 知之 先生Q. 幹細胞といえばIPSが話題ですね。

A. IPSは幹細胞の中でも「何にでも変わる」万能細胞です。そういう万能細胞を使った医療を第1種の再生医療といいますが、整形外科の分野で使えるようになるのにはまだまだ時間がかかりますね。第2種再生医療というのは同じ幹細胞でも、組織幹細胞や造血幹細胞といってある程度方向性が決まった細胞、つまり同じ組織あるいは標的となる組織にかわることがわかっている細胞を使用するものです。今、これらが整形外科分野で有効につかえるかどうかの臨床試験を行って研究されています。
再生医療は臨床試験、治験を経てその安全性が確認できることが最も重要で、その次に有効性があります。整形外科でも現在の治療では解決できない痛みで苦しんでおられる患者さんがたくさんおられますので、これからますます積極的に研究に取り組んでいきたいと考えています。

取材日:2014.4.25

*本ページは個人の意見であり、必ずしも全ての方にあてはまるわけではありませんので詳しくは主治医にご相談ください。

先生の一覧へ戻る

病院検索をする

ページトップへ戻る

先生があなたに伝えたいこと

股関節股関節

膝関節膝関節

肩関節肩関節

肘関節肘関節

足関節足関節

手の外科手の外科

脊椎脊椎

病院検索 あなたの街の病院を検索!

先生があなたに伝えたいこと 動画によるメッセージも配信中!