先生があなたに伝えたいこと / 【藤井 英紀】変形性股関節症の治療方法は著しく進歩しています。より良い人生の再スタートは、それぞれの患者さんに対するベストな治療方法を選び取ることから始まります。

先生があなたに伝えたいこと

【藤井 英紀】変形性股関節症の治療方法は著しく進歩しています。より良い人生の再スタートは、それぞれの患者さんに対するベストな治療方法を選び取ることから始まります。

東京慈恵会医科大学附属病院(本院) 藤井 英紀 先生

東京慈恵会医科大学附属病院(本院)
ふじい  ひでき
藤井 英紀 先生
専門:股関節

藤井先生の一面

1.最近気になることは何ですか?
 健康ですね。自分や家族のためだけでなく、手術を待っておられる患者さんのためにも健康でいなくてはなりません。

2.休日には何をして過ごしますか?
 冬にはスキーが定番です。普段はジムに行ったり妻と買い物に出かけたりしています。

携帯・スマートフォンサイトもチェック!

携帯電話・スマートフォン

バーコードリーダーで読み取ってください。携帯電話・スマートフォンからもご覧いただけます。
http://kansetsu-itai.com/m/interview/dr195.php

*携帯電話・スマートフォンからアクセスしていただく場合、パケット通信料は、お客様のご負担となりますので予めご了承ください。

QRコード

先生からのメッセージ

変形性股関節症の治療方法は著しく進歩しています。より良い人生の再スタートは、それぞれの患者さんに対するベストな治療方法を選び取ることから始まります。

Q. まず初めに股関節の構造や特徴について教えてください。

東京慈恵会医科大学附属病院(本院) 藤井 英紀 先生A. 股関節は骨盤側のくぼんでいる臼蓋(きゅうがい)といわれる部分に、大腿骨の先端の丸い骨頭がはまり込む形をしていて、前後左右斜めと自在に動かすことができます。しかし、日々歩くことで常に体重を受けるので大変過酷な状態といえます。正常ならクッションの役割をする軟骨が股関節にかかる負担を軽減しますが、スポーツや転倒によって臼蓋に少し傷がつくとか、寛骨臼形成不全(かんこつきゅうけいせいふぜん)と呼ばれている臼蓋の被りが浅い状態などでひとたびほころびが出ると、股関節は徐々に悪くなっていきます。

正常 寛骨臼形成不全

Q. 股関節の疾患には主にどのようなものがありますか?

A. 一番多いのは変形性股関節症(へんけいせいこかんせつしょう)です。股関節の軟骨が徐々にすり減って、やがて変形をきたしてしまう疾患です。

変形性股関節症

FAIQ. 寛骨臼形成不全になる原因はあるのでしょうか? また、それがなぜ変形性股関節症につながるのですか?

A. 寛骨臼形成不全になる原因は、生まれ持っての要因が大きいと思います。女性の患者さんが多いのですが、成長の過程で臼蓋が十分に成長しなかったり、お母さん、お祖母さんがやはりそのような臼蓋の形、脚の形をしたりしているということもあります。被りが浅いと狭い面積で体重を受けることになり、軟骨にかかる負担が増します。逆に被りが深い場合も、大腿骨頸部と臼蓋がぶつかって軟骨が傷みます。大腿骨頸部が一般より大きい方もいらっしゃって、それもやはりぶつかりの原因となります。これらはFAI(エフ・エー・アイ:大腿骨寛骨臼インピンジメント)と呼ばれています。

FAIの原因

FAIの原因 大腿骨頭の被りが深い

FAIの原因 大腿骨頸部が大きい

東京慈恵会医科大学附属病院(本院) 藤井 英紀 先生Q. 変形性股関節症の初期の自覚症状はやはり痛みでしょうか?

A. そうですね。まず関節唇(かんせつしん)が傷んで痛みを覚えます。関節唇が傷むというのは切れて骨からはずれてしまっている状態で、動き始めとか足を開いたときにちょっとした痛みが出たり、関節唇が股関節に挟まると激痛となったりします。この痛みを自覚したときに治療をすれば、簡単な治療で治せることもありますから機会を逃さないように早めに受診してください。

関節鏡視下手術Q. 関節唇損傷の治療にはどのような方法があるのでしょうか?

A. 「関節鏡視下手術(かんせつきょうしかしゅじゅつ)」による関節唇縫合術があります。1cmほどの切開を2ヶ所加えて、鉛筆くらいの細いカメラを入れて患部を観察します。もう一つ同様に切開した所からは操作をする鉗子を入れ、はずれてしまった関節唇をもとに戻します。これは2000年以降に徐々に確立された比較的新しい手術法です。関節唇縫合術に加え、大腿骨頸部の隆起も鏡視下に削り取り、関節のぶつかりの原因をとりはぶきます。関節鏡視下手術では対応できない場合、例えば大腿骨頸部が大変大きいためにFAIとなっているのなら、観血的に、そこをきれいに削る手術を併行します。さらに寛骨臼形成不全のあるときはそれを改善する手術も行います。

Q. 寛骨臼形成不全を伴う場合の手術とは?

A. よく行うのは寛骨臼回転骨切り術(かんこつきゅうかいてんこつきりじゅつ)です。骨切り術には人工関節が普及する以前から行われていたいろいろな方法があり、それぞれ良い治療実績があります。具体的には骨盤側を丸く切ってぐっと前方に起こし、骨頭がすっぽり被さるようにします。斜めに被っている帽子をまっすぐ被り直す感じでしょうか。またそこまでしなくても臼蓋に小さな穴を空けてそこに自分の骨を移植し、深い臼蓋にする寛骨臼棚形成術(かんこつきゅうたなけいせいじゅつ)というのもあり、これらを関節鏡視下手術と組み合わせることもあります。

寛骨臼回転骨切り術

寛骨臼棚形成術

東京慈恵会医科大学附属病院(本院) 藤井 英紀 先生Q. 患者さんに応じてさまざまな手術法があり、それを組み合わせることもあるのですね。

A. 関節鏡視下手術なのか骨切り術なのか、あるいはそれらをどのように組み合わせるか...。今は、患者さんにとって一番良い方法や時期を選べるようになっています。もちろん、手術をせず保存的な治療で痛みが治まっていくケースも少なくありません。

Q. 保存的治療とはたとえばどのようなことをするのですか?

A. なぜ痛いのかを確実に診断し、その痛みを取り除くためのリハビリテーションを続けます。自宅でも、できる限り股関節への負担の少ない生活環境に変えていただきます。関節唇の損傷も、余計に広げてしまうような動きを避ければ自然に修復されることもあるので、医師の指導を守っていただくことが肝要です。

脚長差Q. そうしたさまざまな治療でも痛みが軽減しない、というときには人工股関節手術でしょうか?

A. はい。特に軟骨がすり減ってなくなってしまっている状態、こうなるとどんな方法でも痛みが取れませんが人工股関節なら劇的に改善します。痛みを取るだけでなく股関節が大きく変形して大腿骨頭が寛骨臼からはずれることによっておこる脚長差(きゃくちょうさ)も、人工股関節手術で改善されてほぼ元通りの長さになります。

東京慈恵会医科大学附属病院(本院) 藤井 英紀 先生Q. 患者さんにはメリットの大きい手術ですね。人工股関節手術はとても進歩しているという記事を読んだことがあります。

A. 人工股関節の進歩は本当に著しいと思います。何より人工股関節の摺動面(しゅうどうめん:こすれあう可動部分)に使われるポリエチレンの材質がとても良くなりました。さらに最新の人工股関節では、ポリエチレンの表面に水の膜のようなものを作る「Aquala(アクアラ)」という新しい技術が搭載されたり、酸化して劣化するのを防ぐようビタミンEが添加されたりしています。こうした技術で20年、30年経ってもポリエチレンが傷まなければ、耐用年数は大幅にアップするのではないでしょうか。また、摩耗しにくくなると、ポリエチレンを薄くすることができ、大きな骨頭ボールが入れられるようにもなるので、脱臼リスクの低減にもつながります。
さらに、人工股関節にはセメントレスタイプとセメントを使うタイプがあるのですが、セメントレスについては表面に優れた加工が施され、骨と一体化します。金属を入れているけれども、骨の一部のようになるのです。ただし、何らかの原因で人工股関節を再置換(さいちかん:入れ換えること)しなければならない場合は、一体化しているがゆえ取り除くために高い技術が必要です。その点、当院ではセメントレス人工股関節が普及しだしたころから開発に携わっており、再置換の技術も代々受け継いだノウハウを有しています。

セメントレス人工股関節

セメントレス人工股関節

東京慈恵会医科大学附属病院(本院) 藤井 英紀 先生Q. セメントタイプとセメントレスタイプは使い分けされるのですか?

A. 当院では基本はセメントレスを使っていますが、非常に骨が弱くて固定が難しい場合はセメントタイプも使用しています。感染症で抗菌薬が必要な場合も、セメントに抗菌薬を混ぜることができるので、患者さんや症状によってうまく使い分けています。

Q. 手術手技の進歩についてはいかがでしょうか?

A. 昔は人工股関節の手術には15cmほどの切開が必要でしたが、手術器具などの改良で7〜8cmの傷で手術ができるようになりました。現在、当院では股関節の前方から筋間を分け入って患部に進入する新しい方法を行なっていて、術後の痛みや脱臼を起こす確率を減らすことに成功しています。しかし通り一辺倒に前方からの方法を採用せず、それでは十分な措置ができないと判断したときには、後方から入って少し筋肉を切ることもあります。
人工股関節と一言でいっても手術の方法や形状など多くの種類がありますから、患者さんにとって一番良いと思われるものを選択することに重点を置いています。それは、より正確でより安全な手術のためにも必要なことなのです。

Q. 正確、安全な手術のために取り組まれていることはありますか?

A. コンピュータを使った三次元シミュレーションで正確な術前計画を行うことです。手術に関しては、手術中に三次元画像を確認しながら正確な角度で骨を切ったり人工股関節を適切な位置に設置するための患者適合型手術支援ガイドを作製し使用しています。また、最近ではCTスキャナーのデータから3Dプリンターを利用して患者さんの股関節の立体モデルも作れるようになりましたので、非常に難しい症例では術前にそれを用いて綿密な手術計画を立てています。

3Dプリンターを利用した立体骨モデルの作製

3Dプリンターを利用した立体骨モデルの作製

東京慈恵会医科大学附属病院(本院) 藤井 英紀 先生Q. 先生のお話から治療の選択肢の多さ、人工股関節の進歩がよくわかりました。

A. 治療法については、さまざまな選択肢があり、患者さんにとってベストなものを選び取り実践する力こそ整形外科医には必要だと考えます。人工股関節については、耐用年数は現時点では20年から30年といわれていますが今後ますます延びるでしょう。我々としては一生取り換えなくても良いような手術をこれからも追求していきたいですね。

※Aquala(アクアラ)は京セラ株式会社の登録商標です。

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

藤井 英紀 先生からのメッセージ

※ムービーの上にマウスを持っていくと再生ボタンが表示されます。

取材日:2017.1.27

*本ページは個人の意見であり、必ずしも全ての方にあてはまるわけではありませんので詳しくは主治医にご相談ください。

先生の一覧へ戻る

病院検索をする

ページトップへ戻る

先生があなたに伝えたいこと

股関節股関節

膝関節膝関節

肩関節肩関節

肘関節肘関節

足関節足関節

手の外科手の外科

脊椎脊椎

病院検索 あなたの街の病院を検索!

先生があなたに伝えたいこと 動画によるメッセージも配信中!