先生があなたに伝えたいこと / 【佐藤 昌明】膝や股関節の痛みの原因が、実は違う関節だったという場合があります。客観的にしっかりと診断をつけて治療することが重要です。

先生があなたに伝えたいこと

【佐藤 昌明】膝や股関節の痛みの原因が、実は違う関節だったという場合があります。客観的にしっかりと診断をつけて治療することが重要です。

国家公務員共済組合連合会 横浜南共済病院 佐藤 昌明 先生

国家公務員共済組合連合会 横浜南共済病院
さとう まさあき
佐藤 昌明 先生
専門:股関節膝関節

佐藤先生の一面

1.最近気になることは何ですか?
 世界情勢というか、最近は何かと不安なニュースが多いことが気になっています。

2.休日には何をして過ごしますか?
 休日は庭師になります。たくさんの種類のバラを育てていて、咲いたバラの香りをかいでは「よく育ったなあ」と楽しんでいます。渓流のフライフィッシングもやってます。

携帯・スマートフォンサイトもチェック!

携帯電話・スマートフォン

バーコードリーダーで読み取ってください。携帯電話・スマートフォンからもご覧いただけます。
http://kansetsu-itai.com/m/interview/dr210.php

*携帯電話・スマートフォンからアクセスしていただく場合、パケット通信料は、お客様のご負担となりますので予めご了承ください。

QRコード

先生からのメッセージ

膝や股関節の痛みの原因が、実は違う関節だったという場合があります。客観的にしっかりと診断をつけて治療することが重要です。

股関節の構造(正面図)Q. 本日は股関節と膝関節についてお話を伺います。まず、股関節の疾患について教えてください。

A. 股関節で一番多いのは変形性股関節症(へんけいせいこかんせつしょう)です。股関節は、お椀状の骨盤の中に球状の大腿骨頭(だいたいこっとう)が入っているような構造で、それぞれの骨には、動きを滑らかにするための軟骨がついています。その軟骨が年をとって劣化したり、過度な負担を受けたりすることによって、すり減って変形してしまうのです。

Q. 変形性股関節症は、どのような人に多いのですか?

A. 軟骨は経年劣化していくので加齢に伴って起こることが多く、とくに骨粗鬆症(こつそしょうしょう)で骨がもろくなりがちなご高齢の女性に多いです。もともと股関節脱臼がある人に起こりやすいのですが、最近は高齢化が進んで骨盤の構造に問題がなくても軟骨が劣化して発症する人が増えました。

Q. 股関節脱臼について教えてください。

国家公務員共済組合連合会 横浜南共済病院 佐藤 昌明 先生A. 骨盤は仙骨(せんこつ)・腸骨(ちょうこつ)・坐骨(ざこつ)の3つの骨でできており、それらを合わせて「寛骨(かんこつ)」と呼びます。寛骨の中でも、大腿骨頭がはまる部分を寛骨臼(かんこつきゅう)といいます。アジア人の女性は生まれつき骨盤が小さく、将来的に子どもを生むための産道を確保しようとして股関節の骨が立つような状態になります。そうなると骨頭に対して寛骨臼のかぶりが浅くなり、脱臼を起こしやすくなります。
男性の骨盤は、腸骨が張り出して筋肉も発達しているので、脱臼は起こりにくい構造です。

国家公務員共済組合連合会 横浜南共済病院 佐藤 昌明 先生Q. 変形性股関節症の治療法について教えてください。やはり手術が必要でしょうか?

A. 手術は最後の手段です。まずはなぜ痛いのか、どこが痛いのかという原因を探ります。そうして診断をつけ、予想される経過を説明して患者さんに病気を知ってもらうことから始めます。その上で患者さんにとって最良と思われる治療を患者さんと一緒に考えていきます。
「治療」というと治るものだというイメージを持たれるかもしれませんが、変形性の関節症は治るものではありません。現状からどう進行するかの予想を説明し、その都度困っていることや、将来的に避けたい状況を考えます。痛みがつらいなら痛み止め、体を動かせないならリハビリというように対処していき、それでも症状が改善されない場合には人工股関節手術を考えます。

Q. では、人工股関節手術についてお伺いします。まず、人工股関節はどのような構造になっているのでしょうか?

A. 変形を起こしている寛骨臼をくり抜いた部分に入れるお椀型の金属部分(シェル)、金属もしくはセラミックでできた(大腿骨の)骨頭ボールと、それを支えるステムと呼ばれる金属製の芯棒(太ももの中に打ち込む部分)、寛骨臼と骨頭の間に軟骨の代わりをするポリエチレンが入ります。

人工股関節の例

人工股関節の例

Q. 人工関節には寿命があると聞きましたが、具体的にどこに問題が出てくるのでしょうか?

A. 軟骨の代わりをするポリエチレンがすり減っていきます。金属やセラミックは数百年でも変性しないと考えられますが、その間にあるポリエチレンは削れてしまいます。それが人工股関節の寿命になります。それでも一昔前と比べるとかなり削れにくくなりました。とくに、「Aquala(アクアラ)」という表面の処理技術が開発されてからは、ずいぶん長もちするようになっています。

Q. 人工関節も進化しているのですね。手術方法も変わってきているのでしょうか?

A. 手術方法については、当院では前方アプローチ法(股関節の前方から人工股関節を入れる方法)を取り入れています。股関節の筋肉はほとんどが縦方向にならんでいるのですが、後ろ側には横になっているものがあります。したがって、これまで主流だった後方からのアプローチ法では、筋肉を切らなければ股関節まで到達できません。前方や側方からのアプローチだと筋肉を分けて股関節に入ることができるので、患者さんの体への負担が少ないことがメリットです。また、手術の翌日から離床してリハビリに入るのですが、筋肉を切ってしまう後方アプローチ法では痛くてなかなか歩き始められません。筋肉を分けるアプローチ法では手術したことを忘れる方がいるくらい痛みが出にくいのです。

前方からのアプローチ法

前方からのアプローチ法 拡大図

Q. 次に膝についてお伺いします。まず、膝関節の構造を教えてください。

右膝の靭帯の名称A. 膝は大腿骨(だいたいこつ)・脛骨(けいこつ)・膝蓋骨(しつがいこつ)の3つの骨と、前十字靭帯(ぜんじゅうじじんたい)・後十字靭帯(こうじゅうじじんたい)・内外の側副靭帯(そくふくじんたい)、そして軟骨と半月板で構成されています。股関節は骨盤の中で球がクルクル回るイメージですが、膝は蝶番のように開閉するイメージだと思います。しかし、実際はそこに回旋する動きも加わっているので、意外と複雑な動きをします。

Q. 半月板というと、スポーツで傷める人が多いイメージがあります。

国家公務員共済組合連合会 横浜南共済病院 佐藤 昌明 先生A. そうですね。半月板損傷は比較的若い人に多いケガです。若い人の膝は、屈曲しながら強く回旋することがあります。たとえば正座から横座りになるといった動きです。本来の健康な膝では問題無いのですが、スポーツではそこに跳躍や着地、スピードなどの強い衝撃が加わるので、靭帯がついてこられずに半月板がちぎれてしまうことがあるのです。

Q. 半月板を損傷した場合、手術が必要ですか?

A. 損傷した半月板は、5年、10年という長いスパンで考えると多少再生しますが、スポーツをする方に「5年間待って」とはいえませんよね。スポーツ復帰を考えるのであれば手術したほうがいいのではないかと思います。また、再生するといっても、とても時間がかかるので、その間に劣化のほうが進んでしまうことも多いのです。

Q. 他に膝の疾患で多いものは何ですか?

A. 股関節と同じで、加齢に伴う変形性膝関節症(へんけいせいひざかんせつしょう)が多いです。

運動療法Q. では、治療法についてお聞きしますが、膝の変形性関節症もすぐに手術にはならないのでしょうか?

A. そうです。まずは痛み止めやヒアルロン酸注射などの保存療法で様子をみます。関節軟骨の劣化は、水分がなくなってクッション性が失われることで起こります。そこに水分保持に優れているヒアルロン酸を入れることで、動きをなめらかにすることが期待できます。しかし実際にはそれほど効果はなく、軽い炎症止めとして使われています。それとともに、膝周囲の筋肉を鍛えるなどの運動療法も行います。

Q. では、どのような場合に手術を考えるのでしょうか?

A. 薬や運動でも痛みが取れない場合、症状が進む場合には手術ということになります。実は、変形性膝関節症の患者は国内に2500万人いるといわれているのですが、痛みなどの症状が出ているのは半数以下です。レントゲンなどの画像でかなりの変形が認められても痛みが出ない人もいます。

国家公務員共済組合連合会 横浜南共済病院 佐藤 昌明 先生Q. 画像診断で手術を決めることはない、ということですか?

A. そうです。変形がひどくても痛みがなければ手術の必要はないと考えています。
逆に、膝の痛みを訴える患者さんのレントゲンを撮っても膝には異常が見つからず、実は違うところに原因があることもよくあります。

Q.それは、膝の痛みの原因が股関節ということもあるということですか?

A. はい。実際にはどちらも傷んでいることも多いのですが、根本の原因になっている場所を探すのは重要です。股関節が原因になっているのに膝を手術しても、また同じところを傷める可能性があります。背骨が腰痛や股関節症の原因となることもあります。

国家公務員共済組合連合会 横浜南共済病院 佐藤 昌明 先生Q. ありがとうございました。最後に、先生がこれまで治療された患者さんの中で、特に印象深いエピソードがあればお聞かせください。

A. 80代後半の女性で、車いすでご来院された方がいました。人工関節手術を受けたあと1週間で歩けるようになり、「恋がしたい」とおっしゃったのがとても印象に残っています。自分の足で歩けなくなると、人は自信を失います。手術で自信を取り戻す姿を見せていただいたとき、「良い治療ができた」とうれしくなります。

※Aquala(アクアラ)は京セラ株式会社の登録商標です。

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

佐藤 昌明 先生からのメッセージ

※ムービーの上にマウスを持っていくと再生ボタンが表示されます。

取材日:2017.5.25

*本ページは個人の意見であり、必ずしも全ての方にあてはまるわけではありませんので詳しくは主治医にご相談ください。

先生の一覧へ戻る

病院検索をする

ページトップへ戻る

先生があなたに伝えたいこと

股関節股関節

膝関節膝関節

肩関節肩関節

肘関節肘関節

足関節足関節

手の外科手の外科

脊椎脊椎

病院検索 あなたの街の病院を検索!

先生があなたに伝えたいこと 動画によるメッセージも配信中!