先生があなたに伝えたいこと / 【恒吉 康弘】手術のタイミングから手術後の痛みのコントロールまで、患者さんに応じて選択することが大切です。

先生があなたに伝えたいこと

【恒吉 康弘】手術のタイミングから手術後の痛みのコントロールまで、患者さんに応じて選択することが大切です。

出水郡医師会広域医療センター 恒吉 康弘 先生

出水郡医師会広域医療センター
つねよし やすひろ
恒吉 康弘 先生
専門:膝関節

恒吉先生の一面

1.休日には何をして過ごしますか?
 前はゴルフをしていましたが、最近はもっぱら読書とごろ寝です。ミステリーと時代物が好きなんです。「気になること」に運動不足も追加しないといけないですね(笑)。

2.最近気になることは何ですか?
 何と言ってもスキージャンプのレジェンド葛西。ソチオリンピックを見て大きな刺激を受けました。そろそろ若い先生にいろいろ任せようかと考えていたんですけど、「自分はまだまだやらないといけない」と考えるようになりました。

携帯・スマートフォンサイトもチェック!

携帯電話・スマートフォン

バーコードリーダーで読み取ってください。携帯電話・スマートフォンからもご覧いただけます。
http://kansetsu-itai.com/m/interview/dr75.php

*携帯電話・スマートフォンからアクセスしていただく場合、パケット通信料は、お客様のご負担となりますので予めご了承ください。

QRコード

先生からのメッセージ

手術のタイミングから手術後の痛みのコントロールまで、患者さんに応じて選択することが大切です。

Q. 今回は膝関節についてお伺いしたいと思います。始めに、膝関節の痛みの主な原因について教えてください。

A. 痛みの原因で最も多いのは変形性膝関節症です。変形性膝関節症は、年齢とともに関節面の軟骨がすり減ったり半月板が傷んだりして、痛みや変形を起こすものです。場合によっては外傷から起こる方もおられますし、関節リウマチなどの慢性的な炎症によって、関節の軟骨が傷んできて変形を起こすこともあります。

Q. 変形性膝関節症と診断された場合、手術は早い方がいいのでしょうか?

出水郡医師会広域医療センター 恒吉 康弘 先生A. 必ずしもそうとは言えませんね。レントゲンなどの画像だけで手術を決めるのではなくて、基本的には患者さんの症状から判断しています。その症状によって、どれだけ日常生活に支障が出ているかということを診ますので、患者さんそれぞれによって治療方針が違ってきます。膝は荷重関節ですから体重がかかると痛い、動くと痛いと訴えられることが多いのですが、同じような進行具合でも、じっとしていても痛いだとか、寝返りを打つたびに痛いという方もおられます。そういう場合はほとんど手術を希望されますし、こちらとしてもお勧めしています。当院は紹介型の病院ですので、外来でできる保存的治療を既に十分受けておられるケースが多く、手術をお勧めする確率が高いですね。

Q. 手術としては、人工の膝関節に替える人工膝関節全置換術になるのですか?

A. 当院ではほぼ全例が全置換術です。一部例外的に、高齢者で、膝関節の内側だけとか外側だけが傷んでいて残りの組織がしっかりしている場合は、悪いほうだけを替える単顆(たんか)置換術を行う場合もあります。

人工膝関節全置換術(TKA)

人工膝関節全置換術(TKA)

人工膝関節単顆置換術(UKA)

人工膝関節単顆置換術(UKA)

Q. 単顆置換術はなぜ高齢者が対象なのでしょう?

A. 傷が小さく手術時間も短いですから、高齢の患者さんに向いています。ただ耐用年数の問題があり、若い方には向かないと考えています。

Q. わかりました。では、人工膝関節全置換術について伺います。こちらでは症例数はどれくらいですか?

A. 年間100例くらいです。今後はもっと増えてくる可能性があります。

出水郡医師会広域医療センター 恒吉 康弘 先生Q. 増えるであろうというのは、高齢化によってですか?

A. それもありますが、人工関節自体がすごく良くなってきています。かつては10年、20年持つかどうかといわれ、なるべく年がいってから手術しましょうということだったのですが、今では耐用年数が大幅に延びていますので、比較的若年の患者さんでも手術がしやすくなりました。若年層にまで手術の対象が拡がってきています。
年齢がいってからですと、結局それまで痛みを我慢してもらわないといけないですよね。痛みを取り除いて生活の質(QOL)を上げるという意味でも、手術の低年齢化の流れが進んできています。また、低年齢で手術をしますと、人工関節を入れ換える再置換手術の患者さんも増えますから、その分の手術数も増加の傾向にあります。

Q. なるほど、そういうことなのですね。人工膝関節手術における若年層というのは何歳くらいなのですか? また、現在の人工膝関節の耐用年数はどのくらいでしょうか?

A. まず人工膝関節の耐用年数ですが、近年の人工関節の素材や形状の進歩により、20年以上から30年も良好に機能しているという事例が多く報告されています。そう考えますと、関節リウマチの場合は20代で人工膝関節手術をされる方もありますが、それは特殊なことで、変形性膝関節症での若年層というのは50代でしょうか。60代、70代なら100歳近くまで持つ可能性が十分にありますので、積極的に手術を行えますが、50代で手術をされますと、活動性が高いですので人工関節の耐用年数が短くなることもあります。ですから50代、それ以下の場合は、関節を温存する骨切り術を優先して、それが難しい場合に人工膝関節の適応になると思います。それでも今では再置換手術をする回数は、ほとんどの方で1回あるかどうかですね。

Q. 骨切り術をすれば、人工膝関節全置換術を受けずに済みますか?

A. 中にはそういう方もおられますが、完全に進行を遅らせることができるかどうかは難しいですね。
しかし、いずれは人工関節ですよということで、タイムセービング(時間稼ぎ)の期待と人工関節を回避できるかもしれないので若い方には有意義な手術だと思っています。

Q. 患者さんによって、最適な手術法や手術時期は違うのですね。

出水郡医師会広域医療センター 恒吉 康弘 先生A. その通りです。たとえば51歳の方でしたが、自ら人工膝関節全置換術を希望されたことがありました。骨切り術は骨が付くまでに2ヵ月ほどかかりますので、社会復帰が遅れるということを心配されていらっしゃったんです。このように患者さんと医師が、患者さんの生活背景をもとに最適な治療法を一緒に考えていくことが大切です。
ただ、参考までに一ついえることは、人工膝関節全置換術は関節が完全に固まってしまう前に受けられる方がいいと思っています。手術後は手術前の痛みはなくなりますけれども、可動域(関節が動く角度)は手術前の状態か、それより少し改善するというイメージです。手術前に正座ができていれば手術後もできます。ですから、拘縮(こうしゅく:関節可動域が制限されること)状態になるまでに、手術を受けていただく方がいいと思いますね。

手術後の痛みなどについて

Q. 手術後の痛みも大変気になるところです。

A. 心配される方は多いですが、当院では手術後24時間、点滴で持続大腿神経ブロック(鎮痛法の一種)を投与し、長い場合は1週間程度使用します。それをしたままリハビリもできます。患者さんを見ていると、以前に比べてずいぶん楽になっている印象を受けます。また、手術が終了する直前には膝の関節の中に痛み止めの薬も注入しています。大腿神経ブロックは膝関節の前方にしか効かないので、この薬で後方からもブロックするんです。

Q. その痛み止めは1度の投与ですか?

A. はい。2日間くらい効く薬ですから1度だけです。本当に痛いのは術後2日程度ですので、そこを乗り越えれば、あとは通常の痛み止めで上手にコントロールすれば大丈夫でしょう。

Q. 少し安心しました。大腿神経ブロックで感覚が麻痺したりはしないのでしょうか?

出水郡医師会広域医療センター 恒吉 康弘 先生A. 濃度を調整することで、痛みはしっかり取るけれども、ちゃんと意識して動かせるという状況が作り出せます。リハビリにも影響はないですよ。

Q. 痛みが少ないと患者さんのストレスも少なくなりますよね。

A. はい。リハビリへの意欲も湧きますしね。痛いと何をする気にもならないですもんね。とはいっても、手術後1年くらいは切開した部分が鈍く痛んだり、あるいは腫れたりといった違和感が続く方もおられます。あらかじめ説明をするのですが、多くの方が手術をすれば痛みもきれいさっぱり消えてなくなると期待されがちなんです。それも当然なんですが、そこはキャラクターの違いが出て、あまり気にしないという方と、どうしてこんなに...ってすごく気に病む方とがいらっしゃいますね。でも時間が経てば確実によくなりますから、ぜひ前向きに考えていただきたいのです。膝の人工関節は、股関節に比べますと、しばらくは不定愁訴(ふていしゅうそ:なんとなく膝が痛いなど、主たる原因が不明の訴え)が多いということを覚えておいてください。

Q. 心構えも大事ですね。ところで手術後に抜糸もないとお聞きしていますが。

A. 当院では、皮下の組織をきれいに縫ったあとに特殊なテープで留めています。糸もホッチキスも抜くとき痛いですけど、そのテープはすっとはがせるので痛くないですし、なるべくきれいに傷を治せるという利点もあります。

Q. 患者さんにとってそれはうれしいですね。

A. ええ、喜ばれますよ。傷の様子は1回1回外来で診なくても、テープの下には透明のフィルムを貼っていますので、ご自身でも確認できます。

出水郡医師会広域医療センター 恒吉 康弘 先生Q. いろいろな取り組みをされているのですね。痛み以外に、たとえば合併症などに対して取り組まれていることはありますか?

A. 血栓予防や感染予防は当然ですが、当院ではもうひとつ、ターニケット(止血帯)を使わずに手術しています。ターニケットというのは太腿に巻く大きな血圧計のようなもので、それで血を止めて手術をするんです。その方が手術しやすいですからね。けれどターニケットを使う方が血栓症の割合が高くなる傾向がありますので、当院では、セメントで人工関節を固める10分か15分以外は使わないようにしています。

Q. なるほど。人工膝関節全置換術では、必ずセメントが使われるのですか?

A. 必ずではありませんね。年齢や骨の強さによって決めています。手術を受けられるのは高齢の方で、骨がそれほど強くないことが多いですから、必然的に初期固定に優れたセメントを使うことが多くなるということです。70歳以下ですとか男性で骨がしっかりしている方はセメントレスタイプの人工関節(セメントを使用しなくても時間が経てば骨と固着する機能を持った人工関節)で手術をすることもあります。

Q. リハビリについては何か特徴などはありますか?

A. 回復期病棟がありますので、手術をして早いうちに退院ということではなくて、急性期から回復期に移って2週間ほどはじっくりリハビリに取り組んでいただいています。その頃には自信を持って退院していただけると思います。

Q. では、退院後の生活で気をつけた方がいいことがあれば教えてください。

A. 私はあまり、あれをするなこれをするなとは言わないんです。跳んだり跳ねたりといった瞬間的に衝撃のかかる動きだけは避けて、あとは「いろいろなことをやってみてください」とお伝えしています。できれば筋力の維持のためにも、「今まで歩けなかった分、どんどん歩いてください」とお話ししています。1日に30分は歩かれるといいと思いますね。

出水郡医師会広域医療センター 恒吉 康弘 先生Q. 多少痛みが残っている時期でも動かした方がいいですか?

A. 動かさないと良くなりませんよ。痛み止めの薬をしばらくお出しすることもありますし、あとは冷やしていただいたり、痛みを軽くするケアをしたりしながら、無理なく動かしていただくのがいいでしょう。

Q. ありがとうございました。最後に、先生の特に印象に残っている患者さんについて教えてください。

A. さまざまな患者さんがおられますからね。最近ですと、両膝ともほぼまったく曲がらない、椅子に座っても足を伸ばしたままという患者さんが来られました。長らくご主人のお世話をしておられて、病院へ来る時間がなかったということだったんですけど、手術をした今は70度くらい曲がるようになって、椅子に座れるようになったといって大変喜んでおられます。この方のように、みなさんそれぞれに事情がおありになると思いますが、あまり我慢せず、一日でも早く受診していただいて生活の質を改善していただければと思います。

取材日:2014.3.5

*本ページは個人の意見であり、必ずしも全ての方にあてはまるわけではありませんので詳しくは主治医にご相談ください。

先生の一覧へ戻る

病院検索をする

ページトップへ戻る

先生があなたに伝えたいこと

股関節股関節

膝関節膝関節

肩関節肩関節

肘関節肘関節

足関節足関節

手の外科手の外科

脊椎脊椎

病院検索 あなたの街の病院を検索!

先生があなたに伝えたいこと 動画によるメッセージも配信中!