先生があなたに伝えたいこと / 【原田 義忠】私たちが目指すものは、痛くないだけの脚ではなく、日常生活をきちんと送ることができ、患者さんが望む動きができるように機能する、良い脚作りです。

先生があなたに伝えたいこと

【原田 義忠】私たちが目指すものは、痛くないだけの脚ではなく、日常生活をきちんと送ることができ、患者さんが望む動きができるように機能する、良い脚作りです。

済生会習志野病院 原田 義忠 先生

済生会習志野病院
はらだ  よしただ
原田 義忠 先生
専門:股関節

原田先生の一面

1.最近気になることは何ですか?
 人工股関節は常に新しいものが出てきます。日本人の脚に合う形や素材などが、次々と開発されていることにとても関心を持っています。

2.休日には何をして過ごしますか?
 週末になると、妻と一緒に、のんびりとビールを飲んで過ごしています。実は鉄道好きの「鉄ちゃん」でもある私。もうすぐ(平成28年3月)開通する北海道新幹線に乗りたいと、今から楽しみにしています。

携帯・スマートフォンサイトもチェック!

携帯電話・スマートフォン

バーコードリーダーで読み取ってください。携帯電話・スマートフォンからもご覧いただけます。
http://kansetsu-itai.com/m/interview/dr151.php

*携帯電話・スマートフォンからアクセスしていただく場合、パケット通信料は、お客様のご負担となりますので予めご了承ください。

QRコード

先生からのメッセージ

私たちが目指すものは、痛くないだけの脚ではなく、日常生活をきちんと送ることができ、患者さんが望む動きができるように機能する、良い脚作りです。

Q. 股関節の代表的な疾患とその原因、また、患者さんの性別や年齢に傾向があれば教えてください。

股関節の構造(正面図)A. 主な疾患には、変形性股関節症大腿骨頭壊死症(だいたいこっとうえししょう)関節リウマチがあり、女性に多く見られるのが特徴です。
中でも患者さんが一番多い疾患は、変形性股関節症です。成長過程において、寛骨臼(かんこつきゅう)の形成がうまくできない寛骨臼形成不全(かんこつきゅうけいせいふぜん)が原因で発症します。寛骨臼は骨盤側にあり、大腿骨上部の球状になっている骨頭(こっとう)を、包み込むようにして受けているお椀のような部分です。患者さんが痛みを自覚して来院し、レントゲン撮影で初めて症状に気づくという場合もあります。手術を受ける患者さんは、60代の女性が一番多いですね。
次に多い疾患は、大腿骨頭壊死症です。骨頭に血流が巡らなくなってしまうことで発症します。元気な骨だと骨折しても細胞が骨を修復しますが、この場合、細胞が死滅するために骨の修復ができません。ひどくなると骨頭で骨折が始まって、ある日突然、痛みと共に動けなくなります。患者さんの多くは、アルコールをたくさん摂取していたり、ステロイド薬を飲んでいたりしている場合で、年齢は40代が一番多いです。

変形性股関節症

正常 寛骨臼形成不全

大腿骨頭壊死症

Q. その治療法について教えてください。また、先生がお考えになる手術のタイミングについてもお聞かせください。

済生会習志野病院 原田 義忠 先生A. 主な治療は手術になります。大きくわけて、骨切り術人工股関節置換術があります。
変形性股関節症の場合、患者さんの症状にもよりますが、痛みがあっても日常生活に支障がなければ、経過観察をします。痛みに耐えられなくなってから、手術に踏み切っても遅くはないと考えます。
何よりも大事なことは、日ごろから歩いて筋力を鍛えることです。痛いからといって歩かずにじっとしていたら、日常生活もままならないし、筋力が衰えて骨も弱まっていきます。もし手術をしても、術前から歩いていると、術後の経過がとても良いんです。
ただし、患者さんには個々のニーズがあります。だから、どのような治療を選択すれば患者さんが幸せに生活を送ることができるのか、その点を第一に考えます。手術をするのか否かだけではなく、手術内容もそれぞれの希望に沿うように考慮します。
例えば、ある男性の患者さんの場合、レントゲンを撮ると末期の変形性股関節症でした。でも本人は痛みを感じず、日常生活に困っていないとのことでした。そのため、急いで手術をしなくても良いと判断しました。また、私が執刀した中で、一番若い15歳の患者さんの場合は、寛骨臼形成不全だったため、骨頭を包む側の骨盤の形を変える骨切り術の手術をしました。

骨切り術の例(寛骨臼回転骨切り術)

済生会習志野病院 原田 義忠 先生このような例もありました。19歳の女性患者さんで、ある疾患のため骨の破損が激しい方が来られました。骨切り術を行ったけれど間に合わず、結局、人工股関節置換術を行いました。人工股関節は耐用年数の問題もあるので、本当は若い人に人工股関節を施すのは良くないことかもしれません。しかし、患者さんがその後、幸せな人生を送れるならと人工股関節置換術を提案しました。その患者さんは、今、出産して子供を育てています。
このように手術をするタイミングは、年齢が基準ではないと考えています。

済生会習志野病院 原田 義忠 先生Q. 人工股関節は、以前と比べて進歩しているのでしょうか?

A. 耐久性や摩耗に優れた素材が登場したり、骨頭ボールが大きくなったり、ステムの形状が変化したりと、常に新しい人工股関節が開発されています。
まず、骨頭に代わる人工股関節の骨頭ボールの部分ですが、大小のサイズがあり、患者さんの希望する動作に合わせて選べるのが利点です。サイズが大きいと脱臼しにくいため、スポーツも大丈夫なほど自由に動けます。一方、ボールの擦れる面積が広くなるので、寛骨臼側に入れるポリエチレンライナーの摩耗が気になりますが、大型化と共にその性能も良くなっています。
ボールの素材に関しては、金属製以外にセラミック製もあります。金属製に比べて体への馴染みが良く、さらに摩耗にも強いのが特長です。そのため長期使用を希望する患者さんに、特に期待されています。

人工股関節

またステムは、長さの短いステム(ショートステム)を利用すると、大腿骨を傷つける面積が少ないことと、万が一、再手術となったときには、抜きやすいというメリットがあります。しかし、間違った方向に入る可能性があり、土台となる骨が丈夫でないと使えないというデメリットもあります。

長いステムと短いステムの挿入時の相違点

長いステムと短いステムの挿入時の相違点

私の方針は、「ボールは大きく、ステムは短く」です。ただし、すべての患者さんに対してそうだというわけではありません。患者さんのニーズに合わせることが一番大事なことです。人工股関節をできるだけ長く使っていきたいと希望する患者さんには、それが可能な手術方法と人工股関節を選びます。逆に、活発に活動したい人には、活動できるように計画します。人工股関節を入れた後で、スキーを始めた患者さんもいるほどです。

済生会習志野病院 原田 義忠 先生Q. 手術手技の面で、従来の方法と違う点はありますか?

A. 股関節の手術には、後方(おしりの側)からアプローチする手術方法が、昔から行われている基本スタイルです。具体的には、後方を切開して筋肉をはがし、人工股関節を取り付けます。この方法だと人工股関節を正確に入れられますが、筋肉をかなり傷付けてしまいます。
一方、前側方からアプローチする方法もあり、こちらは筋肉を切らず、筋肉と筋肉の間に入って、人工股関節を取り付けます。そのため、筋肉にダメージを与えないという利点がありますが、人工股関節の設置に関して難易度が高まります。
私はできるだけ筋肉を傷つけないように、前側方からアプローチする方法で行っています。
手術のときに残る傷も、最近はかなり小さくなりました。人工股関節置換術が始まったばかりの頃は25cmほどでしたが、今では10cm前後にまで小さくなっていますね。

済生会習志野病院 原田 義忠 先生Q. 手術自体の安全性も高まっているのでしょうか?

A. 人工股関節を入れる患者さんにとって、大きな問題の一つが感染症です。そのため、手術室の出入り口のドアを二重にしてきれいな空気を循環させて、クリーンルームにしています。
また、感染は手術時間の長さに起因するものではなく、人の動作による影響が大きいと考えられています。そのためにドアの開閉から動作の一つひとつにまで、細かいチェックを怠りません。スタッフ全員が意識を徹底させ、細心の注意を払っています。

Q. 先生が整形外科医になられて、印象に残っているエピソードがありましたら教えてください。

問診 イラストA. 印象に残っているのは、空手をしたいと願っていた患者さんのことです。全日本選手権大会シニアの部に、術後9ヵ月で出場して銀メダルを取り、その報告に来てくれました。しかも、「来年は金メダルだから、この銀メダルを差し上げます」と笑って。翌年、実際に金メダルを見せに来てくれました。その時は、とてもうれしかったですね。
このように、患者さんがしたいと思うことができるようになって、とても喜んでくださると本当にうれしいのです。

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

原田 義忠 先生からのメッセージ

※ムービーの上にマウスを持っていくと再生ボタンが表示されます。

取材日:2016.3.14

*本ページは個人の意見であり、必ずしも全ての方にあてはまるわけではありませんので詳しくは主治医にご相談ください。

先生の一覧へ戻る

病院検索をする

ページトップへ戻る

先生があなたに伝えたいこと

股関節股関節

膝関節膝関節

肩関節肩関節

肘関節肘関節

足関節足関節

手の外科手の外科

脊椎脊椎

病院検索 あなたの街の病院を検索!

先生があなたに伝えたいこと 動画によるメッセージも配信中!