先生があなたに伝えたいこと / 【早川 恵司】脊椎圧迫骨折の治療は、骨粗鬆症の治療や予防も併行することがとても大切です。【岩本 直之】椎間板ヘルニアには、様々な治療法があり、個々の症例に適した治療法の選択が重要です。

先生があなたに伝えたいこと

【早川 恵司】脊椎圧迫骨折の治療は、骨粗鬆症の治療や予防も併行することがとても大切です。【岩本 直之】椎間板ヘルニアには、様々な治療法があり、個々の症例に適した治療法の選択が重要です。

医療法人社団 明芳会 高島平中央総合病院 早川 恵司 先生

医療法人社団 明芳会 高島平中央総合病院
はやかわ けいじ
早川 恵司 先生
専門:脊椎外科

早川先生の一面

1.最近気になることは何ですか?
 サーフィンやスノーボードをやっていましたが、最近時間がなくてなかなか行けず、運動不足です。あと最近ではないですが、顔が怖いといわれます(笑)。怖いのは顔だけですから安心してください。

2.休日には何をして過ごしますか?
 学会や研究会に出ていることが多いです。

医療法人社団 明芳会 高島平中央総合病院 岩本 直之 先生

医療法人社団 明芳会 高島平中央総合病院
いわもと なおゆき
岩本 直之 先生
専門:脊椎外科

岩本先生の一面

1.最近気になることは何ですか?
 運動不足です。仕事後に通える24時間営業のジムに入会するか検討中です。

2.休日には何をして過ごしますか?
 子どもが小さいので公園に行ったり外出したりして遊んでいます。子どもの成長を感じられるのが嬉しいです。

携帯・スマートフォンサイトもチェック!

携帯電話・スマートフォン

バーコードリーダーで読み取ってください。携帯電話・スマートフォンからもご覧いただけます。
http://kansetsu-itai.com/m/interview/dr196.php

*携帯電話・スマートフォンからアクセスしていただく場合、パケット通信料は、お客様のご負担となりますので予めご了承ください。

QRコード

先生からのメッセージ

脊椎圧迫骨折の治療は、骨粗鬆症の治療や予防も併行することがとても大切です。(早川先生)
椎間板ヘルニアは、内視鏡手術による小さな手術が行えるようになり、早期の社会復帰が可能になりました。(岩本先生)

医療法人社団 明芳会 高島平中央総合病院 早川 恵司 先生Q. 脊椎外科では、どのような疾患で来られる方が多いのでしょうか?

早川先生:当院には腰痛の患者さんが大勢来院され、中でも椎間板ヘルニアや脊椎圧迫骨折の割合が高いです。ヘルニアは比較的若い世代から中年世代で活動性の高い方が多いです。脊椎圧迫骨折は外傷によるものもありますが、多くはその原因に骨粗鬆症(こつそしょうしょう)があるので60代以降の女性に多い傾向があります。

Q. 椎間板ヘルニアは、どのような疾患なのでしょうか?

岩本先生:椎間板は背骨と背骨をつなぐ軟部組織で、衝撃をやわらげるクッションの役割や、腰をスムーズに動かす助けをします。これにストレスがかかると、椎間板の中の髄核(ずいかく)が後ろに飛び出てしまうのです。それが神経を圧迫して、足のしびれ、下肢痛、腰痛などの症状が出ます。前かがみになったときに痛みを伴うのが特徴です。

椎間板ヘルニア

医療法人社団 明芳会 高島平中央総合病院 岩本 直之 先生Q. 活動性の高い方が多いということですか?

岩本先生:もちろんそればかりではありませんが、通常よりも激しい運動や仕事をされている方、体重が重く背骨により荷重のかかる方が多いといえます。また急に重い物を持ったときや、女性の場合、妊娠や子育てなど今までにない負荷がかかる環境の変化で発症することがあります。

Q. では脊椎圧迫骨折はどのような疾患なのでしょうか?

早川先生:一般的な骨折のように骨がポキッと折れるのではなくて、椎体がスポンジのようにペシャンと潰れるのが脊椎圧迫骨折です。転んで脊椎圧迫骨折を起こす方が多いのですが、寝返りとかクシャミなどの何でもないことや、知らない間にいつの間にか骨折している場合もあるのが特徴です。さらに1ヵ所だけではなく複数ヵ所を骨折する人もいますし、骨折していても痛みのない人から痛くて動けなくなる人もいるなど、症状には個人差がとてもあるので個々に応じた適切な治療が必要となります。

脊椎圧迫骨折

Q. 自覚症状がなくそのまま放置されてしまうケースもあるのですか?

早川先生:なかには、痛みがないままに複数ヵ所骨折してしまい、背骨が変形して初めて気づかれる方もいます。

Q. いろいろなケースがあるのですね。骨粗鬆症が要因となるということであれば、予防できる可能性もありそうですが。

早川先生:骨粗鬆症の予防と治療をすることで脊椎圧迫骨折が発症する確率を減らすことは十分に可能です。検査をして骨粗鬆症の程度を確認し、その後の経過を鑑みた上で、「運動・食事・日光浴」を三本の柱としています。骨粗鬆症の程度によっては薬物療法を併行しますが、三本の柱を日常生活に取り入れていただき、ご自身の骨を丈夫に保ってほしいと思います。

医療法人社団 明芳会 高島平中央総合病院 岩本 直之 先生Q. 椎間板ヘルニアの予防は難しいですか?

岩本先生:椎間板には立位よりも座位のほうが負担がかかります。長時間、同じ姿勢というのはよくありません。できるだけ避けていただくほうが良いですが、職業柄しかたのない方も多いと思います。座ってばかりにならないように、時には立って体勢を変えたり、作業の合間に腰を伸ばしたり、足の運動をしたりするなど体を動かす習慣をつけると、椎間板ヘルニアの予防に効果が期待できます。重い物を持ち上げることが多い方は、お腹に力を入れて極力腰を曲げず膝をかがめて持つなど、日頃の動作に少しでも気を付けていただけたらと思います。

Q. 椎間板ヘルニアではどのような治療が行われるのですか?

岩本先生:まずは保存的治療です。従来からの痛み止めや新しく出てきた神経障害性疼痛治療薬を使いながら、筋力トレーニングやストレッチなどリハビリが中心となります。それでも痛みが治まらないときには硬膜外ブロックや神経根ブロック注射をします。ほとんどの方はこういった治療で効果がありますが、なお痛みやしびれが取れないときや下肢マヒを生じた場合は手術の適応となります。治療法を選択するときには症状や進行具合、患者さんの仕事やどれくらいの運動をされているかなどの生活背景も考慮して、総合的に判断していきます。

Q. 手術について少し具体的に教えてください。

岩本先生:従来の方法は、皮膚を4、5cm切開し、筋肉を骨からはずしてめくり、必要ならば骨も削って神経の向こうの髄核を除去するというものです。確実性のある非常に良い手術です。一方、近年ではMIS(Minimally Invasive Surgery:最小侵襲術)としてMED(MicroEndoscopic Discectomy:内視鏡下腰椎椎間板摘出術)も盛んに行われています。カメラもどんどん小さくなって、今や7mmほどの傷で可能な手術もあります。骨から筋肉をはがさないので筋力の保持ができ、術後の動きがよくリハビリがスムーズに進みますので、従来の手術よりも退院までの期間が最短で10日ほど短く、社会復帰が早いというのがメリットです。術前の綿密な検査を基に従来法が良いかMISが良いかを判断しています。

MED

Q. MEDで対応できないのはどんな時でしょうか?

早川先生:脊柱管狭窄症を伴うヘルニアや正中(せいちゅう:背骨の真ん中)に大きく飛び出しているヘルニアの場合、内視鏡ではなかなか対応は難しくなります。

脊椎疾患用コルセットQ. 脊椎圧迫骨折の保存的治療とはどのようなものなのでしょうか?

早川先生:脊椎圧迫骨折でも、痛みが軽い患者さんは骨粗鬆症の治療をしながら鎮痛剤やブロック注射をして痛みを軽減します。コルセットを装着してもらうこともあります。それでも効果がみられなければ、保存的治療と手術の中間としての「椎体形成術」、手術としての「固定術」があります。

Q. 椎体形成術と固定術について教えてください。

医療法人社団 明芳会 高島平中央総合病院 早川 恵司 先生早川先生:「椎体形成術」は、太めの注射をするイメージで、椎弓根(ついきゅうこん)というところから椎体にアプローチし、骨折部分にHAブロックといわれるものや医療用セメントを充填し、変形や痛みを取る方法です。これは経皮的(けいひてき:大きな切開をせずに皮膚を通して治療を行う)な方法で、皮膚の上からレントゲンカメラを見ながら行うので傷は1cm弱、2ヵ所のみです。この治療だけでうまくいかない方の場合には、「固定術」が選択肢です。固定術は金属のスクリュー(ねじ)やロッド(棒)で骨折して傾いた背骨を、外側から支えるような手術です。椎体形成術も固定術も、潰れた椎体が神経を圧迫してマヒを起こしているケースや痛みが強い場合は、神経の圧迫を取る「除圧術」を併せて行う必要があります。
患者さんの状態に応じて「椎体形成術」か「固定術」か、それに「除圧術」を併行するかどうかを決めるのですが、これらの外科的治療は「偽関節」や「二次骨折」でも適応となります。

椎体形成術の例

脊椎固定術

Q. 偽関節、二次骨折とは?

早川先生:圧迫骨折の場合、保存的治療などで圧潰治癒(あっかいちゆ:骨が潰れた状態で固まる)することが多いのですが、まれに活動性の高い部分が固まらないということがあり、これを偽関節(ぎかんせつ)といいます。二次骨折は骨粗鬆症が改善しないために別の場所で骨折を起こしてしまうことです。ここでも二次骨折を防ぐ意味で、骨粗鬆症の治療がとても大切なのです。

Q. 手術では合併症も気になります。

医療法人社団 明芳会 高島平中央総合病院 早川 恵司 先生、医療法人社団 明芳会 高島平中央総合病院 岩本 直之 先生早川先生:当然のことですが、手術は何よりも安全性を重視して行っています。取り組みの一例として、ヘルニアであっても脊椎圧迫骨折であっても、神経モニターで神経の状態を常にモニタリングする操作を基本的に取り入れています。細かい操作においてはナビゲーションシステムを採用したり、超音波骨切りといって超音波で骨を削る機材も使ったりします。また脊椎での除圧術では硬膜が損傷して髄液が漏れてしまう合併症がありますが、そのリスクを低減するため黄色靭帯を残して行う黄色靭帯浮上術という方法を採り入れています。
岩本先生:MIS自体、器械や技術の進歩で安全性が高まり、合併症のリスクは大きく低減しています。
早川先生:出血についてはオープンな手術である固定術であっても、高度な貧血のない限り輸血は必要なく、経皮的な手術では採血程度の出血です。ヘルニアでの内視鏡手術もほとんど出血しません。
岩本先生:そうですね。従来の手術法でも大量に出血するものではありませんので、心配されることはありません。

手術後の日常生活について

Q. 手術をして退院されたあとの生活で気をつけることはありますか?

検診 イラスト早川先生:繰り返しになりますが、圧迫骨折ではベースに骨粗鬆症のある方がほとんどなので、先ほどの三本柱を主とした骨粗鬆症の予防や治療を継続していただくことが重要です。コルセットは3ヵ月以上、骨がくっ付くまで装着します。その動きの制限の中でも、前かがみになる動作や乗り物など長時間揺らされる動作は背骨に負担をかけますので、できるだけ避けてください。
岩本先生:ヘルニアの手術のあとも数ヵ月間はコルセットを装着することで筋肉も創部も落ち着きます。コルセットをはずしたあとは、コルセットに代わるように腹筋、背筋を含めた筋力強化を意識してください。椎間板に負担をかけないよう前屈をしないでできるトレーニングがありますので、リハビリで行っていたことをご自宅でも取り入れて継続していただくことが大事です。
早川先生:それと、定期検診はやはり何年たっても欠かさないことです。当院では背骨のメンテナンスは生涯責任を持って行うことを方針としています。自覚症状がなくてもぜひ診させていただきたいです。
岩本先生:定期健診は、症状の悪化をきちんと見つけるためにも重要なのです。

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

早川 恵司 先生からのメッセージ

※ムービーの上にマウスを持っていくと再生ボタンが表示されます。

取材日:2017.2.24

*本ページは個人の意見であり、必ずしも全ての方にあてはまるわけではありませんので詳しくは主治医にご相談ください。

先生の一覧へ戻る

病院検索をする

ページトップへ戻る

先生があなたに伝えたいこと

股関節股関節

膝関節膝関節

肩関節肩関節

肘関節肘関節

足関節足関節

手の外科手の外科

脊椎脊椎

病院検索 あなたの街の病院を検索!

先生があなたに伝えたいこと 動画によるメッセージも配信中!