先生があなたに伝えたいこと / 【山本 泰宏・時吉 聡介】関節が痛い患者さんがおられましたら遠慮なく整形外科を受診してください。

先生があなたに伝えたいこと

【山本 泰宏・時吉 聡介】関節が痛い患者さんがおられましたら遠慮なく整形外科を受診してください。

笛吹中央病院 山本 泰宏 先生

笛吹中央病院
やまもと やすひろ
山本 泰宏 先生
専門:股関節外科

山本先生の一面

1.最近気になることは何ですか?
 自分の体調管理ですね。なるべく運動するようにしています。

2.休日には何をして過ごしますか?
 休みの日は家でゆっくり。平日の夜にはサッカーの練習を。チームに所属していて、今のポジションはセンターフォワードです。

笛吹中央病院 時吉 聡介 先生

笛吹中央病院
ときよし あきなり
時吉 聡介 先生
専門:股関節外科肩関節外科

時吉先生の一面

1.最近気になることは何ですか?
 私は肩関節も専門としていますが、肩が上がらない疾患の患者さんに対して、どのような手術的治療がベストなのかということ。私の今のテーマのひとつです。

2.休日には何をして過ごしますか?
 神社巡りをしています。日本神話などに興味があります。

携帯・スマートフォンサイトもチェック!

携帯電話・スマートフォン

バーコードリーダーで読み取ってください。携帯電話・スマートフォンからもご覧いただけます。
http://kansetsu-itai.com/m/interview/dr35.php

*携帯電話・スマートフォンからアクセスしていただく場合、パケット通信料は、お客様のご負担となりますので予めご了承ください。

QRコード

先生からのメッセージ

股関節を守る手術と再建する手術。早期であれば選択することが可能です。(山本先生)
先天性臼蓋形成不全には、骨切り術が大変有効であると思います。(時吉先生)

Q. 本日は、人工股関節置換術とそれ以外の外科的治療法について伺います。そもそも、股関節の痛みを引き起こす疾患にはどのようなものが多いのでしょうか。

山本先生:代表的な疾患は変形性股関節症ですね。老化によって起こるものと、先天性臼蓋形成不全などが原因で発症するケースがあります。また最近はFAI(Femoroacetabular impingement)も注目されるようになってきました。

Q. FAIとは?

正面図山本先生:大腿骨頭の頸部のくびれが少なかったり、あるいは寛骨臼が過度に発達していることが原因で、股関節が動いたとき大腿骨頭と寛骨臼とがぶつかり合って痛みが生じる疾患です。

Q. あまり聞き慣れないのですが。

山本先生:日本では注目されたのはここ10年ほどですから、一般にはあまり知られていないかもしれません。それまでは、多くは原因不明の痛みとされてきました。
時吉先生:患者さんの数としては、実はFAIが一番多いかもしれません。

Q. そのように一般的な疾患にも関わらず、なぜ原因不明とされてきたのでしょう。

笛吹中央病院 山本 泰宏 先生山本先生:レントゲンでは異常がわからないのです。ちゃんと機能を診ないとわからない。ところがFAIは動いたときや何かの拍子、たとえば股関節をひねるとか普段はしないような動作のときに痛むものですので、スポーツ選手など特殊な環境にいる人たちを除いて、「なんで痛いのだろう」と思いながら、生活に支障がないためにそのまま様子をみるということも少なくありませんでした。診察にも来られないというケースもあります。

Q. そのままにしておくと症状が進んで手術をしなくてはいけない、ということにはならないのですか?

時吉先生:そのようなケースもありますけれども、どのような方がそうなるかというのはまだわかっていないんですね。ですから違和感を覚えたら、そうならないようまずは来院していただくことが大切です。

Q. わかりました。ありがとうございます。ところで、悪くなった股関節は人工股関節に置き換えればいいのでしょうか。別の手術法を選択するケースもあるのですか?

笛吹中央病院 時吉 聡介 先生山本先生:まず、人工股関節置換術は大変有効な手術です。人工股関節の耐用年数も延びていますし、痛みもなくなり、時間が経てば異物が入っていることも忘れてしまいますね。けれどもすべての患者さんに人工股関節を入れる手術が必要かといえば、必ずしもそうではありません。患者さん一人ひとりに応じて治療法を選択する必要があります。
時吉先生:ご自分の骨でいけるのであればそれが一番いいですから。たとえば先天性臼蓋形成不全で軟骨が十分に残っているときには、骨切り術(下記の問「Q. 次に骨切り術について教えていただけますか。」参照)がベストだと思います。またFAI、ごく軽度の先天性臼蓋形成不全や変形性股関節症には、股関節鏡視下手術があります。鏡視下手術は肩や膝ではよく行われるのですが、股関節では難易度が高いこともあって、まだあまり普及していませんけれども、当院では山本先生を中心にその手術を行う場合があります。

Q. ではまず、その股関節鏡視下手術について教えてください。

笛吹中央病院 山本 泰宏 先生山本先生:内視鏡を関節の中に入れて、悪い部分や損傷部位を修復する手術です。FAIの治療、変形性股関節症では炎症している部分を除去したりといったことがあります。1cm位の傷を3つか4つ程つけるだけで済みますので、翌日から杖をついて歩くことができ入院期間も短いなど、患者さんに負担の少ない手術といえるでしょう。ただ、骨切り術や人工股関節置換術のような"完治を目的とする手術に代わるものではない"、ということを理解していただく必要があります。

Q. それでは股関節鏡視下手術の目的とは何なのでしょうか。

笛吹中央病院 山本 泰宏 先生、笛吹中央病院 時吉 聡介 先生山本先生:たとえば時吉先生がいわれたごく軽度の臼蓋形成不全の場合で、骨切り術をするには侵襲が大き過ぎ患者さんの負担になるのではないか、というようなときに選択します。それで一生大丈夫な場合もあれば、最終的にやはり骨切り術や人工股関節手術をするという場合もありますが、少なくとも、"人工股関節に置き換えるまでの隙間を埋めることはできる"、そういうイメージでしょうか。
時吉先生:ほかにも、先ほど山本先生もいわれたように人工股関節の耐用年数は大変向上していますが、やはり寿命はありますから、患者さんが若い場合ですと再置換の可能性も考慮して、なんとか数年持たせたいということで鏡視下手術を行うこともあります。あるいは定年まであと2年なのでそのあとに人工股関節手術をしたいとか、そういう患者さんのご希望に応じて選択する場合もありますね。
山本先生:痛みは人工関節を入れた場合のようにすっきり取れるわけではありませんが、痛くて眠れなかったのが眠れるようになるとかそこまで改善をして、そのあとに人工関節置換術をやるという考え方です。

Q. なるほど。もし将来的に人工股関節置換術になったとしても、それまでの間をずいぶん楽に過ごせると。

時吉先生:はい。もちろん例外もあり、将来、入れ替えの可能性が高いとしても、最初から置換術を行うこともあります。仕事、スポーツ、趣味など今をもっと活動的に過ごしたいといった患者さんのご希望や価値観に沿うケースです。
山本先生:本当にケースバイケースですから、患者さんとご相談しながら選択していくということです。

Q. 股関節鏡視下手術の今の課題と将来の見通しはいかがでしょうか。

山本先生:今の問題点は、症例数がまだ少ないため、どんな患者さんに行えば最も有効なのかが明確になっていないこと。ですが症例数が増えることで、必ずや将来は広く普及することと思います。

Q. 次に骨切り術について教えていただけますか。

寛骨臼回転骨切り術時吉先生:重複しますが、主に先天性臼蓋形成不全の患者さんに対して行う手術です。先天性臼蓋形成不全は生まれつき臼蓋(骨盤側のくぼみである寛骨臼の一部)の形成が不完全でかぶりが浅いため、大腿骨頭がうまくおさまらず摩擦が起きて痛みが出る疾患で、骨切りをすることでかぶりを深くするものです。
山本先生:骨切り術には2つの側面があります。1つは、そのままにしておくと変形性股関節症を発症し人工股関節になる場合がありますので、それを回避するために行う。もうひとつは、若い年代で変形性股関節症になった場合、人工股関節置換術をするまでの10年、20年を持たせるために行うということ。特に人工股関節を回避できる確率はとても高いですから、臼蓋形成不全でそんなに関節が傷んでいない場合は、私は骨切り術をおすすめします。
時吉先生:同感です。何より臼蓋の形を変えるにはこの手術しかありませんから。入院期間が2~3ヵ月と長くなりますけれども、長い人生を考えれば、選択する価値は十分にあるといえます。

Q. 先天性臼蓋形成不全には骨切り術が有効なのですね。最後に、股関節の痛みに悩んでおられる方々へ、アドバイスをお願いします。

山本先生:股関節の手術には、関節を守る手術と壊れてだめになった関節を再建する手術があります。私がよくいうのは、「関節を守る手術は早いほうがいい」と。そうすることで再建するための手術、人工関節置換術ですね、それが1回で済んだり、また一生しなくて済むケースも多いのです。ですので、股関節に痛みがあれば我慢することはやめて、まずは専門医で診てもらうことが何より大切です。

Q.最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

山本 泰宏 先生からのメッセージ

※ムービーの上にマウスを持っていくと再生ボタンが表示されます。

時吉 聡介 先生からのメッセージ

※ムービーの上にマウスを持っていくと再生ボタンが表示されます。

取材日:2012.7.26

*本ページは個人の意見であり、必ずしも全ての方にあてはまるわけではありませんので詳しくは主治医にご相談ください。

先生の一覧へ戻る

病院検索をする

ページトップへ戻る

先生があなたに伝えたいこと

股関節股関節

膝関節膝関節

肩関節肩関節

肘関節肘関節

足関節足関節

手の外科手の外科

脊椎脊椎

病院検索 あなたの街の病院を検索!

先生があなたに伝えたいこと 動画によるメッセージも配信中!