先生があなたに伝えたいこと / 【蜂谷 裕道】手術をするかしないかということも含めて、選択権は患者さんにあります。我々はいろいろな方法を提示して、患者さんと相談しながら、より最適な治療法を選択するのです。

先生があなたに伝えたいこと

【蜂谷 裕道】手術をするかしないかということも含めて、選択権は患者さんにあります。我々はいろいろな方法を提示して、患者さんと相談しながら、より最適な治療法を選択するのです。

はちや整形外科病院 蜂谷 裕道 先生

はちや整形外科病院
はちや ゆうどう
蜂谷 裕道 先生
専門:股関節

蜂谷先生の一面

1.最近気になることは何ですか?
 医療従事者の不祥事のニュースを聞くことが多くて、悲しいなと思っています。

2.休日には何をして過ごしますか?
 普段はゴルフです。長期間休むチャンスがあれば、海外旅行もよくします。

携帯・スマートフォンサイトもチェック!

携帯電話・スマートフォン

バーコードリーダーで読み取ってください。携帯電話・スマートフォンからもご覧いただけます。
http://kansetsu-itai.com/m/interview/dr122.php

*携帯電話・スマートフォンからアクセスしていただく場合、パケット通信料は、お客様のご負担となりますので予めご了承ください。

QRコード

先生からのメッセージ

手術をするかしないかということも含めて、選択権は患者さんにあります。
我々はいろいろな方法を提示して、患者さんと相談しながら、より最適な治療法を選択するのです。

Q. まず、股関節の主な疾患について教えてください。

はちや整形外科病院 蜂谷 裕道 先生A. 一番多いのは変形性股関節症です。これは軟骨がすり減って骨と骨とが直接ゴリゴリとこすれ合うことによって痛みが出たり、骨が徐々に変形したりしてしまう疾患です。その中には一次性と二次性があって、欧米では圧倒的に一次性、日本では二次性が多いです。

Q. 一次性と二次性はどう違うのですか?

A. 一次性は大きな原因がなく、年齢による変形や、肥満などで股関節に強い負荷がかかったりすることで起こります。二次性は何らかの原因があるものです。その原因の主なものが、日本人の場合は臼蓋形成不全(きゅうがいけいせいふぜん)です。臼蓋というのは骨盤側の受け皿部分で、そこに大腿骨頭がはまり込んで股関節が形成されています。正常なら臼蓋は大腿骨頭の80%以上を被覆しているのですが、臼蓋形成不全では、原因は明確ではありませんが成長過程で受け皿の成長が止まってしまいます。臼蓋がたとえば大腿骨頭の半分しか被っていないとすると、単位面積あたりの過重負荷がものすごく大きくなりますよね。それで軟骨がすり減ってしまうわけです。

正常 臼蓋形成不全 先天性股関節脱臼

Q. 臼蓋形成不全の原因はよくわからないということですが、なりやすい方というのはあるのですか?

A. はっきりしているのは女性が圧倒的に多いということ。8対2くらいで女性に多いのですが、その理由もよくわかっていません。

Q. では、臼蓋形成不全の早期発見は可能なのでしょうか?

はちや整形外科病院 蜂谷 裕道 先生A. 骨の成長は17歳、18歳くらいで止まりますから、遅くともその頃には臼蓋形成不全かどうかはわかっているはずです。しかし、痛みなどの何か問題がないとレントゲンも撮らないわけですから、そのまま気づかずに年を取ることになります。たまたま子どもの頃に痛くてレントゲンを撮ってわかるということもありますが、通常、若い間は自覚症状がないので、早期に発見というのは難しいかもしれません。だから若い頃は気がつかずに、中高年になって痛みが出たりして、初めて臼蓋形成不全や変形性股関節症が見つかるというケースが多いのではないでしょうか。これとは別に、昔は先天性(発育性)股関節脱臼というのが多くありました。

Q. 先天性(発育性)股関節脱臼とはどういう疾患なのでしょう。今は減っているということでしょうか?

巻きオムツ イラストA. 先天性股関節脱臼は減ってきています。この疾患は、生まれて間もなく股関節がはずれた状態になるのですが、昔は昆布巻きオムツといって、足を真っ直ぐにしてオムツをぐるぐると巻いていたのですが、これが股関節にとって悪影響を及ぼすのです。今は股オムツで足を開くので、そのリスクが低減し、同時に臼蓋に刺激が加わって成長を促します。ですから股関節脱臼による臼蓋形成不全の患者さんも減少はしています。しかし、そうではない、理由のはっきりしない臼蓋形成不全の患者さんは、数が減ることなくいらっしゃるということです。

Q. それでは変形性股関節症の治療についてお伺いします。治療としては手術しかないのでしょうか?

A. いくつか段階があります。ただ、運動療法や体重のコントロールなどの保存療法は一次性には有効なこともありますが、臼蓋形成不全の場合は必ず進行してしまいますので、保存療法で様子をみるにしても、手術のタイミングを見ながらになるでしょう。また変形性股関節症にも前期・初期・進行期・末期といった病期がありますので、ご本人の痛みの程度と病期とを考慮して治療法を選ぶことになります。治療法の選択には年齢も大きなポイントになります。

Q. 年齢によっても治療法が変わるということですか?はちや整形外科病院 蜂谷 裕道 先生

A. はい。まず手術にも、関節を温存する「骨切り術」と人工股関節に入れ換える「人工股関節全置換術」とがあります。人工股関節の耐用年数は現在約20年といわれていて、壊れてしまうと入れ換えの手術が必要になります。たとえば若い方、20歳ぐらいの方が安易に人工股関節手術をしますと、生涯に何度も手術をしなくてはいけないかもしれません。それならば、一生保つかもしれない「骨切り術」のほうが良い。それで一生大丈夫な方も多くいますし、万一、人工股関節手術が必要になっても一度の手術で済む可能性が高くなります。一方、骨切り術は骨折と同じで骨同士がくっつくまでは全体重がかけられません。治療期間が長くかかりますので、お仕事や子育ての関係で時間が取れないという方には、ご本人のご希望に沿って人工股関節手術をすることもあります。

Q. なるほど。「骨切り術」とはどのような手術法なのですか?

A. 何種類かありますが、臼蓋形成不全があってまだ前期・初期という場合は、「寛骨臼回転骨切り術(RAO)」が適応となります。臼蓋の周りをドーム状に切って寛骨臼を回転させ、骨頭を覆うようにする手術です。これにしても皮膚切開が30㎝くらいになり、筋肉を大きくはがしますので、良い手術ですが、やはり若い方の適応になります。

寛骨臼回転骨切り術(RAO)

Q. 手術もまた総合的に判断して、どの方法を選択するのか決めるのですね。

A. 我々の扱う病気は、ほとんどは直接生命には関わらないものですので、どういう方法を選択するのかは、患者さんの状況によって考えることができるということです。手術をするかしないかということも含めて、選択権は患者さんにありますので、我々はいろいろな方法を提示して、「これはこういう手術で入院期間はどれだけで、費用はこれくらいかかりますよ」ということをきちんと説明した上で、患者さんと相談しながら、より最適な治療法を選択するのです。ただ、懸念するのは、骨切り術をすることができる医師が減ってきていることです。これは、患者さんにとっても日本の整形外科学界にとってもあまり良い話ではないと思っています。患者さんに多様な治療法を提示するためにも、医師は、技術を身に着けるためのトレーニングを怠ってはならないと思います。

Q. わかりました。ありがとうございます。治療法の提示には、検査の正確性が前提になると思いますが、この点についても少しお話をお聞かせいただけますか?

股関節の構造A. 問診、触診、レントゲンと必要に応じてCTMRIを撮りますが、変形性股関節症が疑われる場合には、当院ではMRIは必須としています。MRIは軟骨が写るので、病状をきちっと評価できます。もう一つMRIが大事な理由があります。実はごく初期の変形性股関節症では本来の軟骨はそれほどすり減っていないんです。けれども臼蓋の一番外側に関節唇(かんせつしん)というのがあって、これも軟骨の一種なのですが、最初にここが悪くなっていることがあります。この関節唇の状態を評価できるのがMRIなんです。

Q. 関節唇の評価も治療法を選択する上で大切だということですか?

A. はい。関節唇は股関節の安定に寄与していて、吸盤のような役割をしています。吸盤はぴたっとくっついていると外れませんが、一部がほころぶだけで外れやすくなります。ほんのわずかなほころびが関節のゆるみを招き、そこから軟骨が傷んですり減ることにつながります。活動性の高い比較的若い方で関節唇が傷んでいたら、病期が前期であっても早期に進行しやすくなるので、関節温存の手術をしたほうが良いかもしれません。まだ前期ですから、それで人工股関節手術をしなくて済むことも十分に考えられるのです。臼蓋形成不全の場合は、若くても臼蓋の被りが50%しかないなら早めに関節温存の手術をするほうが良いし、臼蓋の被りが70%残っているなら、関節唇が傷んでくるまで様子を見るなどの判断をします。

Q. 人工股関節の技術は進歩しているのでしょうか?はちや整形外科病院 蜂谷 裕道 先生

A. 大きく進歩していると思います。人工股関節の大腿骨側は金属と金属、あるいは金属とセラミックの組み合わせで、受け皿側に軟骨の代わりとしてポリエチレンが使われていますが、そのポリエチレンが摩耗すると骨が融解して人工股関節が弛むということがあります。それが現在では、特殊加工をしたポリエチレンやAquala(アクアラ)という表面処理技術が開発されたことで、摩耗のリスク低減が期待されるようになりました。先ほど耐用年数は20年といいましたが、これらの新しい技術の結果が出るのはまだ先ですから、もっと長くなるかもしれません。また最近はポリエチレンを使わずに、受け皿にセラミックを使うタイプの人工股関節も出て来ました。今後は、長期の成績がもっと伸びることも期待できると思います。

※Aquala(アクアラ)は京セラ株式会社の登録商標です。

Q. さらなる耐用年数の伸びを期待したいですね。手術手技も進歩しているのでしょうか?

A. 筋肉を切らずに人工股関節手術をする方法が開発されました。骨と骨とをつないでいる筋肉の付着部をはがしてしまうと、そこは元には戻らないんです。縫っても、本来とは異なる状態で再生しますので、はがさないで済むならその方が良いんです。私は前方アプローチ(DAA)という方法を用いています。この方法を用いれば、筋肉をはがさずに済み、手術時間も例外的な症例を除いて45分程度になります。この方法を用いれば、例外的な症例を除いて手術時間は45分程度です。手術を早く正確に行うために、私は自分でデザインした手術器具をメーカーに作ってもらっています。

前方アプローチ(DAA)

前方アプローチ(DAA)

Q. 先生は「骨バンク」についてもお詳しいそうですが、「骨バンク」とはどのようなものなのでしょうか?

A. 人工股関節手術では臼蓋側に骨を補わなければならないことがあります。その材料として人工骨があるのですが、実際の骨よりも性能が劣ります。最も望ましいのは患者さんご自身の骨を使う「自家骨移植」、次に他の患者さんから摘出していた骨を使う「同種骨移植」で、同種骨移植に骨バンクで保管している骨を使います。ご自分の骨がもろくて使えないとか移植部分の面積が大きい、または再置換術(さいちかんじゅつ:人工関節を入れ換える手術)の場合などに利用します。当院では亡くなった方をドナーとして骨を採取・加工・保存をする骨バンクを1992年から開設しています。それとは別に手術を受けられた方の大腿骨頭を合意の上で保管しておく骨バンクもあります。

Q. リハビリにも独自の取り組みをされているそうですね?

はちや整形外科病院 蜂谷 裕道 先生A. 手術の1ヵ月くらい前からリハビリを始めてもらっています。これは、あらかじめリハビリをしてもらい、「手術のあとはこういうことをやるんですよ」と理解していただくためです。その際、手術後にやってはいけない動作とか気をつけなければならないことも繰り返し指導します。こうすることで手術後のリハビリが非常にスムーズとなり、1週間での退院も可能になるわけです。あとはご自宅で日常生活を送りながら、ご自分のペースでリハビリを継続していただきます。

Q. 人工股関節にすれば手術前の痛みは取れると考えて良いのでしょうか?

A. ほぼ取れるといって良いと思います。人工股関節を入れたことを、患者さんが忘れてしまわれるほど改善されることもあります。しかし、そうすると無意識に無理なことをして脱臼につながることもありますので、指導を受けたことはきちんと守っていただければと思います。

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

蜂谷 裕道 先生からのメッセージ

※ムービーの上にマウスを持っていくと再生ボタンが表示されます。

取材日:2015.6.16

*本ページは個人の意見であり、必ずしも全ての方にあてはまるわけではありませんので詳しくは主治医にご相談ください。

先生の一覧へ戻る

病院検索をする

ページトップへ戻る

先生があなたに伝えたいこと

股関節股関節

膝関節膝関節

肩関節肩関節

肘関節肘関節

足関節足関節

手の外科手の外科

脊椎脊椎

病院検索 あなたの街の病院を検索!

先生があなたに伝えたいこと 動画によるメッセージも配信中!