HOME / 関節とは / 顎関節 / 歯科用インプラントとは

顎関節顎関節

歯科用インプラントとは

歯科用インプラント(以下インプラント)は、どんな治療方法?
インプラント埋入イメージインプラントを埋入してその上に人工の歯をかぶせることで、機能面や審美面の回復を行います。

インプラント(Implant = 植え付ける)は、人工歯根療法とも言われ、歯が抜けたところに歯の根っこにあたる部分を埋入し、その上に人工の歯(ブリッジやクラウン)をかぶせる治療方法です。

手術によって埋め込まれたインプラントは、骨になじんでしっかりと固定され、見た目にも美しく、健康な歯のようにかむことができます。

インプラントの素材
体となじみの良いチタンを使用しています。

インプラントは、生体親和性の高いチタンでできており、骨とのなじみをよくするために表面処理も施されています。チタンは、体内に入れる人工関節など、幅広い医療分野で使用されています。

インプラント治療の特長
自分の歯と同じようにかめるだけでなく、残っている歯にも負担が少ない治療方法です。

歯が抜けた場合の従来の治療法には、両隣りの歯を削って土台とする「ブリッジ」や「総入れ歯」、金具で固定する「部分入れ歯」などがあります。

しかし、このような治療法は土台となる歯に負担がかかったり、入れ歯に違和感を感じたり、入れ歯が動いてしまったりする場合があります。

また、歯が抜けたまま放っておくと、抜けた部分の骨は年数が経つにつれて次第にやせていきます。こうした問題を解決するのがインプラントです。

インプラントは骨にしっかりと固定されるので、自分の歯に近い感覚で物をかんだり、話したりできます。また、残っている歯にかかる負担が少ない治療法です。

インプラントなら自然な修復ですっきり美しく

治療前と治療後のイメージ 資料提供:水上哲也先生(福岡県福津市開業)

インプラントはこんな場合にお薦めします。

「健全な歯を削りたくない。」歯が一本抜けた場合、両隣りの健全な歯を削ってブリッジにします。インプラント治療なら...「両隣りの健全な歯を削りません。」歯の抜けたところへインプラントを埋入し、自然な歯の形を作ります。/「入れ歯に違和感を感じる。」入れ歯を不快に感じたり、入れ歯を金具で固定するため、支えている歯に負担がかかる場合があります。インプラント治療なら...「歯の抜けた所へインプラントを埋入します。」金具付きの入れ歯ではないので、自分の歯のようにかむことができます。/「入れ歯が動く。」かみづらかったり、発音・発声に不便を感じたりする場合があります。インプラント治療なら...「入れ歯をしっかり固定します。」数本のインプラントを埋入し、そこに入れ歯を固定するため、よくかめます。

ページトップへ戻る