先生があなたに伝えたいこと / 【西松 秀和】人工股関節は治療の大変有効な切り札ですが、保存的療法にも積極的に取り組んで治療しましょう。

先生があなたに伝えたいこと

【西松 秀和】人工股関節は治療の大変有効な切り札ですが、保存的療法にも積極的に取り組んで治療しましょう。

天理よろづ相談所病院 西松 秀和 先生

天理よろづ相談所病院
にしまつ ひでかず
西松 秀和 先生
専門:関節外科・脊椎外科・人工股関節

西松先生の一面

1.休日には何をして過ごしますか?
 子どもが7人いますので、一緒に遊んでますね。たくさんいるので、自分の時間はほとんどありません。

2.最近気になることは何ですか?
 患者さんから「最近、痩せてきましたね」といわれます。いずれは、ゆっくりした時間をもって、犬を飼ってみたいと思っています。

携帯・スマートフォンサイトもチェック!

携帯電話・スマートフォン

バーコードリーダーで読み取ってください。携帯電話・スマートフォンからもご覧いただけます。
http://kansetsu-itai.com/m/interview/dr57.php

*携帯電話・スマートフォンからアクセスしていただく場合、パケット通信料は、お客様のご負担となりますので予めご了承ください。

QRコード

先生からのメッセージ

人工股関節は治療の大変有効な切り札ですが、保存的療法にも積極的に取り組んで治療しましょう。

天理よろづ相談所病院 西松 秀和 先生Q. 最近、市民公開講座などで変形性股関節症について取り上げられることが増えてきました。それだけ患者さんが増えているのでしょうか?

A. やはり、高齢者の方々を対象に開催されているのだと思います。変形性股関節症は、年齢の経過とともに悪化することを考えますと、今は高齢化がどんどん進んでいますから、やはり患者数は増えていますね。

Q. 変形性股関節症とはどのような病気なのでしょうか?

A. 日本人の場合は、生まれつき臼蓋(きゅうがい:大腿骨上端の骨頭部分を覆う骨盤のお椀状の部分)の形が不完全な先天性臼蓋形成不全(せんてんせいきゅうがいけいせいふぜん)や、生まれつきあるいは成長期に起こる先天性股関節脱臼、そして、軟骨がすり減ったり骨が変形して発症する、続発性の変形性股関節症に分けられます。特に女性に多い傾向がありますが、この理由として考えてみますと、今でこそ生活は洋風化していますけれども、日本人はもともと和室で正座の生活をし、和服の着物での生活を長い間続けてきているのが一つの要因かもしれません。日本人の女性は、外国人に比べて内股になりますし...。

Q. えっ! 内股が要因なのですか?

天理よろづ相談所病院 西松 秀和 先生A. いままで本格的に研究調査したわけではありませんが、私自身はそんな風に感じています。先天性臼蓋形成不全の方は、普段の動作が内股になりやすいんですよね。そのほうがご本人が楽なんです。そういったことには、今いった、民族的な長い生活習慣から、血といいますかDNAが引き継がれていることも一因であろうと思うのです。

先天性股関節脱臼も臼蓋形成不全を伴うことが多いのですが、実は日本以外の国で、イスラエルでも同じような傾向があると言われています。この2つの国の共通点は、かつて、足をまっすぐしたままオムツを当てる巻きオムツの習慣があったことなんです。日本では戦後にはその習慣がなくなり、股関節脱臼はぐっと減りました、でも、そういうことがDNAとしてずっとつながっていると思うんですね。いろいろな疾病(しっぺい)に民族性や国民性があるというのは、そういうことなのだろうと思います。

股関節部分を固定する巻きオムツは、臼蓋形成不全の原因となることがある

股関節部分を固定する巻きオムツは、臼蓋形成不全の原因となることがある

Q. 興味深いお話ですね。

A. 家族でも、顔立ち、性格、しゃべり方などが似ますよね。きっと何代にもわたって受け継がれたものは、私たちの体の中にいやおうなく組み込まれているのではないでしょうか。ひょっとしたら、何代も前のご先祖に会うことができたらしゃべり方が同じだった、という風に。

Q. いわれてみればそうかもしれませんね。

A. 臼蓋形成不全のお子さんが来られますと、親御さんに「スカートではなくズボンをはかせて」とか、「毎日、がに股でシコを踏んでトレーニングさせて」とか、「人の前では足を閉じてもいいけど、おうちではお行儀悪くてもがに股にして」とアドバイスします。臼蓋の形を根本的に直すには手術しかありませんが、できれば手術をせずに自分で改善しましょう、ということですね。でもこれは、将来、年齢がいったときに続発性の股関節症を引き起こす確率を下げるためにも必要なことなのです。

Q. 内股にならないようにする日々の習慣はもちろん、シコを踏むなどの運動療法が大切なのですね。

A. そうです。運動療法は担当医の指導のもとで行っていただきますが、その目的は2つ。一つは「可動域(かどういき:関節が動く範囲)を確保して股関節がよく動くようにする」こと、もう一つは「筋力を強化して股関節の安定性を増す」ことです。

Q. その2つについて、もう少し詳しく教えていただけますか?

天理よろづ相談所病院 西松 秀和 先生A. 関節は関節液によって栄養を補給しています。股関節の動きが悪ければ関節全体に栄養が行き渡りませんから、軟骨も傷むわけです。こうならないために、関節がよく動くようにしておくこと。
私は患者さんによくいうのですが、「反対側の足に先生がいますよ」と。右の関節が悪ければ、左の関節が先生だと思って同じような動きをしてみることですね。栄養がいくと軟骨が生きます、軟骨が生きれば変形性股関節症の発症が防げる可能性も大きくなります。
もうひとつの安定性については、車を例にとりましょう。タイヤのバランスが悪いと、そのまま走れば必ずブレが出てきます。関節は、たとえば毎日1万歩以上、関節も1万回、2万回と動かしますと、それがブレた状態なら必ずどこかにガタがきますね。股関節ではまず軟骨が壊れるんです。ですからブレないようにしっかりした筋肉を作り、安定性を増す必要があるのです。安定性を増す運動としてシコを踏むことも有効な方法の一つなんです。

Q. いまは関節が大丈夫な方も、シコを踏むのを日課にすればいいかもしれませんね。

A. それはいいですよ。シコの姿勢は赤ちゃんを寝かせた場合の自然の股関節と同じ肢位をとります。この肢位では股関節の筋力バランスが安定しています。この姿勢でシコを踏めばいい骨棘(こっきょく:骨の周囲部分に刺激を与え続けることにより新生される骨)ができると考えています。股関節臼蓋形成不全の方でバレーのレシーブをされる方がおられますが、練習中の姿勢では痛みは感じないとおっしゃる方もいます。いい骨棘ができると安定性も増します。手術でもシコを踏むのと同じような効果を狙った手技があります。

Q. それはどんな手術手技ですか?

天理よろづ相談所病院 西松 秀和 先生A. たとえば、大腿骨内反骨切り術といわれるもの。大腿骨を内側に倒して、関節面の触れ合う部分を傷んでいないところに変える手術です。

大腿骨内反骨切り術臼蓋の中心からずれた位置にある大腿骨の骨頭部分を、適切な位置に移動させることで求心性を増します。骨盤の臼蓋部分の端の方に体重がかかって、そこが潰れているのを改善するのです。要するに、お椀の端に当たっている球状の骨頭を、ちゃんとお椀の中央にもっていくんですね。求心性が増すことで臼蓋の中心部分に体重がかかります。中心部分に荷重がかかることにより、端の方のこれまで悪かった部分にかかっていた力が適度になり、そこに正常な骨ができてきます。

Q. なるほど。変形性股関節症の治療には、運動療法骨切り術など関節温存の手術、そして最終的に人工関節手術という3つがあるのですね。

A. ええ。人工股関節置換術は最後のカード、切り札です。この切り札があるということがとても重要なんです。最終的に切り札を使うことができるので、それまでに他の方法が選択できる、あらゆる治療の可能性を探りながら、「何があっても、最後には歩けるようにしてあげますよ」といえますから。

Q. 切り札があることで、患者さんも安心して保存的療法に臨めるのですね。

A. そういうことです。語弊があるかもしれませんが、人工股関節があることで、「変形性股関節症はいつだってすぐに治すことができますよ」ともいえます。でも、できれば手術はしたくないです、自分の関節を残したほうがいいです、という患者さんの考え方も大切にすることが大事だと私は思うのです。

Q. 人工股関節置換術は切り札として大変有効といえそうですが、では、人工股関節置換術を行うかどうかの判断基準はどのようなものですか?

A. 人工股関節にしますと、ほとんどの方は痛みなくほぼ正常に近く歩けるようになります。置換術の適応となる目安というのは、保存療法では改善の見込みがなく、人工股関節手術しかないという場合です。そういう場合以外は、仕事や人生において、「何かができなくなったとき」、「何かをしたくなったとき」、それに応えるためにするのが手術だと思っています。そのため、日常生活にそれほどの負担や痛みがない方なら、まだ手術をしなくていいよ、といっています。ただし、これは股関節だけの話。私が特にいいたいのは、二次災害が大きくなっているときです。

Q. 二次災害とは?

A. 股関節の動きが悪いことで、腰が痛くなる、膝が痛くなる。これがもう限界を超えそうだというときは、その原因である股関節を正常に近い状態にするため、手術を選択する場合があります。もし今は大丈夫でも、ここで股関節を手術しないと数年後に腰の手術もしなくてはいけなくなるな、ということを見越して、治療に当たることが医師には大切なことなのです。それが整形外科医として本当に人を治すということだと思うんですね。だから、股関節だけではだめ、腰も膝も診ることができないといけません。どこかが悪い状態だったら、では、どこから治すのがベストなのかがわからないといけません。整形外科医として、それぞれ私は股関節、私は膝関節という専門があったとしても、体の骨全体を治せる技術を持っていなくてはならないと思います。

Q. よくわかりました。ありがとうございます。それでいよいよ人工股関節置換術となった場合ですが、人工関節には種類があるのですか?

天理よろづ相談所病院 西松 秀和 先生A. 大きくは、セメントを使って骨と人工股関節をくっ付けるセメントタイプのものと、セメントを使わないセメントレスタイプの2つです。今はセメントレスタイプが主流ですが、私はセメントタイプを選択しています。人工関節の歴史は40年くらい前にセメントタイプから始まりました。セメントレスタイプが主流になったのは、ここ20年くらい、最近になってからです。これまでの臨床データも、もちろんセメントタイプの方が長く蓄積されています。こういったデータからいえることとして、セメントタイプの人工股関節は臨床成績として確かに20年、30年持ちますが、セメントレスですと、場合によっては、その半分しか保たないということもあり得るのです。
技術的にはセメントを使うほうが難しいんですよ。でも、自分がやりやすいから、楽だからという理由で、レベルの高いとはいえないものを患者さんに提供してよいのかというと、そうではないと思います。しかしながら、多くの整形外科医、特に若い医師が"セメントレスタイプは患者さんにとっても、早く手術が終わるからいい"と判断してしまうケースは少なくありません。

Q. 先生はセメントレスの手術はされないのですか?

A. いえ、セメントレスタイプを選択したほうがいいと思えば、もちろんそうします。たとえば一般的に、多くの医師が骨質の弱い人にセメント固定をしたがりますが、私は逆ではないかと思うんですね。たとえば、かなり高齢の方ですと、骨質は弱いですが、失礼ですが余命が10~15年の方たちの骨質も考慮すればセメントレスの手術をして、10年、15年保たせてあげることができれば、手術時間も短縮できて体の負担も最小限に抑えられていいと思います。でもそのような手術を続けると医師側、本来の意味での技術の劣化が始まるように個人的には感じています。

Q. 手術時間は、セメントを使う手術のほうが長くなるということですね。

A. セメントを混ぜる準備から始まりますから、その分長くなります。そして、人工関節を設置する時にも、骨と人工関節の間の隙間ができないように、きっちりと土台を作らないといけません。実は、セメントは骨に付きません。付かないものはゆるみやすいので、ゆるまないような正確さや工夫をしないといけませんね。そういうことに手間がかかりますが、これは本当はとても大事なことなのです。

Q. セメントを使って固定した場合、脱臼のリスクについてはどうですか?

天理よろづ相談所病院 西松 秀和 先生A. まずセメントレスタイプの手術では、骨頭の大きな人工股関節を使うケースが多いですが、これは可動域がよくなるからということもありますけれど、実は脱臼が怖いという理由もあるのです。でも私からすると、人工関節を正確に設置することができれば、骨頭は小さくても脱臼しないと思っています。どちらのタイプを使用するにしても、脱臼するような手術をしなければよいのです。
セメントタイプでは、骨と人工関節の間にセメントの層があるので、人工関節を設置する際に微妙な調整をすることができます。それぞれの患者さんの大腿骨の形状や日常動作の違いなど、患者さん個々の状態に応じてほぼ完璧に加減し、オーダーメイドの置換術を行うことで、脱臼のリスクは低減します。

Q. セメント固定の場合も、手術後のリハビリは翌日からですか?

A. 通常は翌日から歩いていただけますが、年齢や貧血の度合いなど、患者さんによって条件が違いますので、ケースバイケースですね。そうしたことは、看護師らもよく理解してくれています。でも、目標は「歩くこと」なので、慌てなくても大丈夫。その方のペースでやっていただきます。
みなさんに共通して大事なのは、術後、まずは夜よく寝ていただくこと。3日間、しっかり寝ていただきたいですね。次に自分でトイレへ行けるようになること。自分で動いて、水も飲めてしっかり食べられてということができれば、もう大丈夫と判断しています。

天理よろづ相談所病院 西松 秀和 先生Q. リハビリについて、こちらの病院では何か特色はありますか?

A. 院内パス(治療や看護の手順を一覧にしたもの)を設定していて、当院では、基本、入院期間は2週間です。あとはリハビリ専門の病院に移っていただいて、安心できるまで、そこで入院してリハビリをしていただいています。そこですとリハビリが専門ですからスタッフの数も十分にいますし、何より、関節症を治療された同じような境遇の方が多くおられますので、楽しく会を作ったりされています。退院後にみなさんで集まられて、1年に1度はこちらにもいらっしゃったりしますよ。リハビリを通して、患者さん同士、仲良くなり、リハビリで切磋琢磨できる関係というのは、励みになってとてもいいことだと思います。

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

西松 秀和 先生からのメッセージ

※ムービーの上にマウスを持っていくと再生ボタンが表示されます。

取材日:2013.8.1

*本ページは個人の意見であり、必ずしも全ての方にあてはまるわけではありませんので詳しくは主治医にご相談ください。

先生の一覧へ戻る

病院検索をする

ページトップへ戻る

先生があなたに伝えたいこと

股関節股関節

膝関節膝関節

肩関節肩関節

肘関節肘関節

足関節足関節

手の外科手の外科

脊椎脊椎

病院検索 あなたの街の病院を検索!

先生があなたに伝えたいこと 動画によるメッセージも配信中!