先生があなたに伝えたいこと / 【神崎 至幸】変形性足関節症は、進行の程度で治療内容が大きく変わります。気になる方は、ぜひ早めに受診してください。

先生があなたに伝えたいこと

【神崎 至幸】変形性足関節症は、進行の程度で治療内容が大きく変わります。気になる方は、ぜひ早めに受診してください。

神戸大学医学部附属病院 神崎 至幸 先生

神戸大学医学部附属病院
かんざき のりゆき
神崎 至幸 先生
専門:足関節

神崎先生の一面

1.休日には何をして過ごしますか?
 毎日遅いので休日はできるだけ子供と遊んであげたいですね。時間があれば趣味のテニスを。

2.最近気になることは何ですか?
 40歳を目前に、体力の衰えを感じ始めてきました。元気な先輩方を見習わないと(笑)。

携帯・スマートフォンサイトもチェック!

携帯電話・スマートフォン

バーコードリーダーで読み取ってください。携帯電話・スマートフォンからもご覧いただけます。
http://kansetsu-itai.com/m/interview/dr52.php

*携帯電話・スマートフォンからアクセスしていただく場合、パケット通信料は、お客様のご負担となりますので予めご了承ください。

QRコード

先生からのメッセージ

変形性足関節症は、進行の程度で治療内容が大きく変わります。気になる方は、ぜひ早めに受診してください。

足の関節Q. 足の関節とはどの部分のことで、どのような仕組みになっているのでしょうか?

A. 一般的に足首と言われている関節で、我々は足関節や距腿関節(きょたいかんせつ)と呼んでいます。脛骨(けいこつ)・腓骨(ひこつ)・距骨(きょこつ)の3つの骨で形成され、さらに靭帯により補強されていて、非常に安定した関節となっています。足を下げたり反らせたりという動作を行っています。

足関節の名称神戸大学医学部附属病院 神崎 至幸 先生

Q. では、近年増えているといわれる変形性足関節症というのはどのような病気なのでしょう? また、その原因は?

関節の隙間が狭くなるイメージA. 変形性足関節症とは足関節の軟骨がすり減ることで関節の隙間が狭くなってこすれ合い、腫れや痛みを生じる病気です。関節の変形により、動作が制限されて坂道などの歩行が不自由になります。変形性足関節症には一次性と二次性があって、一次性は主に加齢が原因となります。これは年齢とともに靭帯がゆるみ、足が内側へと倒れてきて(内反(ないはん)という)、まず内側の関節の隙間が狭くなり、徐々に全体の関節の間が狭くなっていきます。二次性は骨折や捻挫(ねんざ)などの外傷、あるいは、関節にばい菌が入って化膿性の関節炎を起こした後や、先天性の内反足などの手術をした後に起こります。ほかにも血友病、関節リウマチ、痛風といった全身の疾患など、発症の要因は多岐にわたります。

神戸大学医学部附属病院 神崎 至幸 先生Q. 初期に自覚症状はあるのでしょうか?

A. やはり歩くときの痛みですね。特に一次性に関しては足首の内側の痛み、正座ができない、または腫れるといったことで来院される方が多いです。我慢強い方ですと末期になって来られる方もありますが、その後の治療内容が大きく変わりますから、違和感があれば、ぜひ早めに診察を受けていただきたいですね。

Q. 診断はどのようにされるのですか?

A. 年齢や病歴、関節の腫れや内反変形などの見た目、痛みの部位、足関節の動き、触った際の骨の変形具合などで大体のメドを立て、レントゲン検査で確定します。レントゲンは立った状態で撮影し、関節の隙間がどうなっているかなどを調べて、変形性足関節症かどうかの診断を下します。

Q. では、治療方法について教えてください。

神戸大学医学部附属病院 神崎 至幸 先生A. 症状の段階によっていろいろな選択肢があります。たとえば最も初期、足が軽く内側に傾いている程度でしたら、足底挿板(そくていそうばん)といって、外側に傾斜をつけた靴の中敷を作り、これを歩くときに利用してもらいます。体重が内側にばかりかかるのを避け、外側にも分散させることで痛みがずいぶんと和らぎます。その際、足の外側、腓骨の後ろの筋力トレーニングを並行して行うとさらに効果的です。また、関節軟骨の保護のためにヒアルロン酸の関節内注射もよく行います。それでも効果が薄ければ内反変形の矯正のために外側靱帯の再建術を行うこともあります。
さらに変形が進行し、関節軟骨の損傷が激しくなると保存療法によって痛みが取れにくくなります。その場合は手術となりますが、脛骨の骨切りを行って傾きを矯正する方法(下位脛骨骨切り術:かいけいこつこつきりじゅつ)、足関節を固定してしまう方法(足関節固定術)、人工関節に変えてしまう方法(人工足関節置換術)の大きく3種類の手術が行われています。それぞれ長所と短所があり、軟骨損傷や傾きの程度、年齢・活動性といったさまざまなことを考慮し、手術方法を決定します。

下位脛骨骨切り術足底板

Q. 足関節固定術と人工足関節置換術は、それぞれどのような場合に行われるのですか?

神戸大学医学部附属病院 神崎 至幸 先生A. 固定術は若年層や働き盛りの方が主な適用となります。この術式は歴史もあり、大変優れた手術です。固定すると聞けば足首が動かなくなるというイメージをお持ちかもしれませんが、不思議なことに足関節が固定されても、それ以外の今まであまり動いていなかった足部の関節が動くようになるため、まったく足首が動かなくなるようなことはありません。中には正座のできる方もおられますよ。ただ、固定することでそれらの周囲の関節の負担は増加し、変形が生じることがあります。また、さすがに両方の足関節を固定してしまうと、歩行に障害が生じます。
そこで、人工足関節の出番となるわけですが、人工の物ですからやはり耐用年数というものが存在します。また、傾きの変形が強すぎるとバランスの問題が生じるため、やはり人工足関節は難しくなります。ですから、60歳以上の方や関節リウマチの方など、活動性があまり高くなく、傾きの変形が強すぎない方が人工足関節の適応となります。しかし、人工足関節により固定術と同様に痛みはほぼ取れますし、周囲の関節への負担も少なく、患者さんのメリットは大きいと思います。また、足関節の動きもあまり制限されませんので、片方は固定術を受けている方が反対側も手術をしなくてはならなくなった際、人工足関節は術後の活動を考えると非常に有効な方法と考えます。

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

神崎 至幸 先生からのメッセージ

※ムービーの上にマウスを持っていくと再生ボタンが表示されます。

取材日:2013.6.26

*本ページは個人の意見であり、必ずしも全ての方にあてはまるわけではありませんので詳しくは主治医にご相談ください。

先生の一覧へ戻る

病院検索をする

ページトップへ戻る

先生があなたに伝えたいこと

股関節股関節

膝関節膝関節

肩関節肩関節

肘関節肘関節

足関節足関節

手の外科手の外科

脊椎脊椎

病院検索 あなたの街の病院を検索!

先生があなたに伝えたいこと 動画によるメッセージも配信中!