先生があなたに伝えたいこと / 【武田 健太郎】患者さんに合った人工股関節を選択し正確な位置に設置する、この基本を確実に遂行することが重要なのです。

先生があなたに伝えたいこと

【武田 健太郎】患者さんに合った人工股関節を選択し正確な位置に設置する、この基本を確実に遂行することが重要なのです。

さいたま市立病院 武田 健太郎 先生

さいたま市立病院
たけだ けんたろう
武田 健太郎 先生
専門:股関節膝関節

武田先生の一面

1.休日には何をして過ごしますか?
 四女の父親なものですから、もっぱら家族サービスです。

2.最近気になることは何ですか?
 子ども達の世代の将来でしょうか。将来が生きやすい社会をつくっていかなければですね。

携帯・スマートフォンサイトもチェック!

携帯電話・スマートフォン

バーコードリーダーで読み取ってください。携帯電話・スマートフォンからもご覧いただけます。
http://kansetsu-itai.com/m/interview/dr64.php

*携帯電話・スマートフォンからアクセスしていただく場合、パケット通信料は、お客様のご負担となりますので予めご了承ください。

QRコード

先生からのメッセージ

患者さんに合った人工股関節を選択し正確な位置に設置する、この基本を確実に遂行することが重要なのです。

Q. 今回は、変形性股関節症における人工股関節置換術について伺いたいと思います。変形性股関節症とはどのような病気で、主な原因は何なのでしょうか?

さいたま市立病院 武田 健太郎 先生A. 変形性股関節症は、股関節の軟骨がすり減ることで痛みや骨の変形が起こる病気です。日本人を含むアジア人の場合は、先天性臼蓋形成不全(せんてんせいきゅうがいけいせいふぜん)、先天性股関節脱臼(せんてんせいこかんせつだっきゅう)など小児期の疾病(しっぺい)を引きずって発症することの多いのが特徴です。悪い部分が残ってしまい、何十年か経って不具合が生じるということですね。女性に多い病気ですが、これは閉経後のホルモンバランスの変化も関係していると思われます。

正常 先天性臼蓋形成不全 先天性股関節脱臼 イメージ

Q. 変形性股関節症の治療としては手術しかないのですか?

A. 進行を遅らせるための保存的治療はあっても、最終的に人工股関節置換術に至ってしまうケースが多いのも事実です。しかしながら、骨切り術といって関節近くの骨を切って移動させ、軟骨に負担がかからないように矯正する手術が有効な場合もあります。もちろん、この手術で一生大丈夫という方もいらっしゃいますよ。

外反骨切り術 大腿骨内反骨切り術 イメージ

さいたま市立病院 武田 健太郎 先生Q. なるほど。なにごとも早期発見、早期治療が大切なのですね。ところで人工股関節置換術にも種類があるのでしょうか?

A. 当院では基本的に、大腿骨側も骨盤側もインプラントに取り替える全置換術を採用しています。骨盤だけを替える人工骨頭置換術という方法もありますけれども、せっかく残っている軟骨と金属などでできた人工関節のボールの部分がぶつかって、軟骨が負けてしまう可能性もあるのではないかと思います。それに人工股関節置換術は大変優れた手術なので、痛みがほとんど取れ、患者さんのQOL(生活の質)の向上に大きく寄与します。耐用年数も20年という成績が出ていますが、新技術の導入による新しい人工関節の開発は日進月歩で進んでいますので、今後はもっと耐用年数が延びることが期待されますね。

Q. では、先生が人工股関節全置換術を行う際に特に気をつけられていることは何ですか?

A. まずは、患者さんの関節や骨頭の形状およびサイズに合わせたインプラントを選ぶこと。人工関節はサイズだけでなく、形状もいろいろな種類があります。レントゲンやCT画像をもとに、詳細な術前計画を立てることにしています。
臼蓋側(きゅうがいがわ)に対しては、足がまっすぐになるようにシェルとライナーを適切な角度に入れて、取り付ける。正確な設置、これに尽きますね。正確な角度と位置の設置は、人工関節の耐用年数にも関わってくる問題ですから重視しています。

人工股関節 イメージ

Q. 正確な手術のために取り組まれていることがあれば教えてください。

さいたま市立病院 武田 健太郎 先生A. 先ほども申し上げましたが、術前計画をしっかり立てることです。患者さんの患部のCT画像を用いて骨切りの位置、適切な設置角度などを割り出し、綿密な手術シミュレーションを行います。術後にどれくらい可動域が得られるか、脱臼のリスクや足の長さが変わるかどうかなども事前に確認できますので、リハビリテーションや術後の生活指導のアドバイスにも生かせます。いわばオーダーメイドの手術のための術前計画です。実際の手術で、問題が生じない限りは、その通りに正確に遂行します。

Q. MIS(最小侵襲手術)という言葉もよく耳にしますが。

A. MISは、当初は小さい皮膚切開、小さな侵襲で手術を行おうということでしたが、最近では、「筋肉を切ることなく、筋肉の間から手術を行いましょう」という考え方になっています。これにより患者さんの体への負担、手術のリスクなどが低減します。当院でももちろんMISを行っていますが、従来型の手術方法にもメリットはあるので、筋肉を切るほうがよいのでは、という場合には躊躇することなく従来の手術法を選択しますね。それでも十分に満足度の高い手術は可能です。

靴をはくときなど、脱臼しやすい動作Q. 筋肉を切らない手術とは具体的にどのようなものなのでしょうか?

A. 人工股関節全置換術では、脚の後方から患部へと侵入する後方アプローチと、前方アプローチ(DAA)、前側方アプローチ(ALS)という方法があり、前方と前側方アプローチでは、筋肉と筋肉の間から筋肉を傷つけることなく患部へ侵入できます。人工股関節の大きなリスクである脱臼は多くが後方アプローチで起こりますので、そのリスクを下げる意味でも効果的です。
ただし、術野が狭くなりますので、股関節の重度の変形などで筋肉を切ったほうがいいと判断したときは、躊躇することなく後方アプローチを選択します。可能な限りは筋肉を切らない手術を行いますが、要は患者さんにとってどちらがより最適か、ということだと思います。

DAA(前方アプローチ)

DAA(前方アプローチ)

ALS(前側方アプローチ)

ALS(前側方アプローチ)

Q. よくわかりました。では手術後、入院期間はどれくらいになりますか?

さいたま市立病院 武田 健太郎 先生A. 人工股関節の手術では3週間が目安でしょうか。リハビリもしっかりやっていただいて、安定した状態で歩けるようになり、退院していただいています。当院では、手術前と手術後に動画を撮らせていただき、どれくらい歩けるようになったのかを患者さんご自身の目で確認していただいています。みなさん、それを見て明るい表情になられ、前向きな気持ちで退院されますよ。

Q. 退院後はリハビリに通う必要がありますか?

A. 基本的にはご自宅でのリハビリでいいでしょう。看護師やリハビリ担当者が退院前にしっかり指導しますので、ご心配はいりません。通院でのリハビリを希望される患者さんには、連携しているリハビリ病院をご紹介しています。

Q. ありがとうございました。先生は、日本整形外科学会のロコモページにアドバイスドクターとして登録されていますが、最後に、変形性股関節症を防ぐため、あるいは進行を遅らせるためのアドバイスをお願いします。

さいたま市立病院 武田 健太郎 先生A. 日常生活で大切なのは、歩行能力を維持するということです。特別なことでなくてもいいんですよ。普段からなるべく歩くようにする、階段を使うようにする。また、背筋を伸ばして正しい姿勢で座るといったようなことを心がけ、可能であればプラスアルファで、ウォーキングなどの軽い運動を取り入れられれば非常にいいと思います。体づくりを習慣にするということを、ぜひ覚えておいていただきたいですね。

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

武田 健太郎 先生からのメッセージ

※ムービーの上にマウスを持っていくと再生ボタンが表示されます。

取材日:2013.11.22

*本ページは個人の意見であり、必ずしも全ての方にあてはまるわけではありませんので詳しくは主治医にご相談ください。

先生の一覧へ戻る

病院検索をする

ページトップへ戻る

先生があなたに伝えたいこと

股関節股関節

膝関節膝関節

肩関節肩関節

肘関節肘関節

足関節足関節

手の外科手の外科

脊椎脊椎

病院検索 あなたの街の病院を検索!

先生があなたに伝えたいこと 動画によるメッセージも配信中!