先生があなたに伝えたいこと / 【角田 雅也】骨粗鬆症(こつそしょうしょう)は閉経後の女性に多い病気。大腿骨頸部骨折を併発すると、ほとんどの場合、人工骨頭置換術の適応となります。

先生があなたに伝えたいこと

【角田 雅也】骨粗鬆症(こつそしょうしょう)は閉経後の女性に多い病気。大腿骨頸部骨折を併発すると、ほとんどの場合、人工骨頭置換術の適応となります。

三田市民病院 角田 雅也 先生

三田市民病院
つのだ まさや
角田 雅也 先生
専門:人工股関節人工膝関節

角田先生の一面

1.休日には何をして過ごしますか?
 愛犬のアルと遊んでいます。チワワで、もう10年以上一緒にいます。

2.最近気になることは何ですか?
 考えてみれば無趣味なんですよね。そろそろ、ずっと続けられる趣味を見つけたいなと思います。

携帯・スマートフォンサイトもチェック!

携帯電話・スマートフォン

バーコードリーダーで読み取ってください。携帯電話・スマートフォンからもご覧いただけます。
http://kansetsu-itai.com/m/interview/dr42.php

*携帯電話・スマートフォンからアクセスしていただく場合、パケット通信料は、お客様のご負担となりますので予めご了承ください。

QRコード

先生からのメッセージ

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)は閉経後の女性に多い病気。大腿骨頸部骨折を併発すると、ほとんどの場合、人工骨頭置換術の適応となります。

Q. まず、骨粗鬆症とはどういう状態のことをいうのでしょうか?

三田市民病院 角田 雅也 先生A. 骨が脆弱(ぜいじゃく:もろくて弱いこと)であったり、骨量が少なくなってしまったりしたことで、骨折しやすくなった状態をいいます。実際に来院されるのは、腰や背中の痛み、背中が丸くなった、身長が縮んできたなどの異常を感じられたり、市民検診などで指摘を受けられたりした方が多いですね。痛みの場合、骨粗鬆症により圧迫骨折を起こしていることも考えられます。骨粗鬆症の診断基準としては、この圧迫骨折を起こしているかどうか、あるいは骨密度が若年成人(20歳~44歳)の70%未満であることなどがあげられます。

Q. 骨粗鬆症の原因は何でしょうか?

三田市民病院 角田 雅也 先生A. 骨粗鬆症は大きく2つに分類されます。それは、原発性骨粗鬆症と続発性骨粗鬆症です。前者は加齢が要因となるもので、老人性骨粗鬆症と閉経後骨粗鬆症があります。通常、骨は、骨形成と骨吸収(骨が溶けて壊れること)を繰り返していますが、加齢とともに骨形成が骨吸収に追いつかなくなると、骨がスカスカになるんですね。特に閉経後に女性ホルモンが低下することで骨密度が急激に減りますので、骨粗鬆症は圧倒的に女性が多いということになります。続発性というのは、長期にわたるステロイドなどの服用や、他の病気に伴って引き起こされるものです。

Q. 原発性骨粗鬆症について、遺伝や、なりやすい方というのはあるのでしょうか?

三田市民病院 角田 雅也 先生A. こういう方がなりやすいという明確なものはありません。骨粗鬆症の推測される疾患患者数は1300万人ともいわれ、これは、高齢の女性の約半数に当たります。加齢や性別が関係しているということははっきりいえるのですが、なりやすさという意味では明確なお答えはできません。
遺伝については、直接的にはないといえますが、食生活や体質は似ますので、ご家族に圧迫骨折をした方がおられるなら、気をつけられたほうがいいでしょう。

Q. ありがとうございました。では、骨粗鬆症が原因となって、人工関節を入れるというケースはあるのですか?

A. 骨粗鬆症が直接の原因になることはないですね。ただ骨粗鬆症がきっかけとなって骨折を起こす箇所が大きく4つあり(※1)そのうちのひとつである大腿骨近位部(だいたいこつきんいぶ)の骨折(大腿骨頸部骨折:だいたいこつけいぶこっせつ)において、手術を行うことがあります。大腿骨近位部骨折の症例は全国で年間13万人といわれ、そのうち8万例ほどに人工骨頭置換術が行われているのではないでしょうか。そういう意味では、人工骨頭置換術は比較的一般的な手術です。ほとんどの場合は、骨盤側は置換せずに、骨頭のみを金属やセラミックでできている人工骨頭と入れ替えます。

※1:大腿骨近位部、上腕骨、とう骨、脊椎

人工骨頭置換術

Q. 骨がもろい状態でも人工骨頭置換術はできるのですね?

A. 手術自体は問題ないですね。それに、近年、人工関節そのものがかなり改良されてきて、患者さんの骨のサイズや骨の形状に合った人工骨頭を使うことができますし、素材や生体親和性(※2)の質が高くなり、人工骨頭がゆるんでしまうというリスクも激減しています。

※2:生体がその材料を異物として認識しない性質のこと

Q. 大腿骨近位部骨折手術を受けられる方の年齢は?

A. おおむね70代以上ですね。仮に閉経後骨粗鬆症であっても、即、骨密度が若年成人の70%未満になるわけではなく、さらに骨折を起こすまでにも時間的経過がありますから。

Q. 入院期間はどれくらいですか?

A. リハビリ期間を含めて1ヵ月~1ヵ月半でしょうか。ケースバイケースで、急性期病院(※3)で手術をされて2週間程度、さらに、リハビリのため回復期病院(※4)へ転院されて1ヵ月程度ということもあります。

※3:急性疾患や緊急の患者を引き受ける高度で専門的な医療を提供する病院
※4:病状の安定した患者を長期間引き受ける医療を提供する病院

Q. 手術後には元通りの生活ができると考えてよいのでしょうか?

三田市民病院 角田 雅也 先生A. 人工骨頭を入れますと、痛みはほぼ取れますし、順調にいけばほぼ元通りの生活に戻れます。ただし、その方の症状によっては、歩行状態が1ランク落ちることもあります。不安があれば、杖やシルバーカーを積極的に取り入れたほうがいいでしょう。それでなくても手術をしますと筋力が落ちますし、ご高齢の方も多いですから。また畳の上での生活から椅子の生活に変えるとか、お風呂やトイレもできればバリアフリーがよいですね。少しずつ負担のかからない生活に変えていくと、より安心です。
また手術をしたとしても、骨粗鬆症のことを念頭におくと、薬も考えたほうがいいと思います。

Q. 手術の後も、お薬を使ったほうがいいのですか?

A. ええ、骨密度が低いままの場合はそうですね。しかしそれには難しい面もあります。たとえば急性期病院から回復期病院へ転院したり、あるいは在宅になったりすることで、内服が止まってしまうことがあるんですね。ですので、気になられる場合は、ぜひともご自分から医師に相談していただきたいのです。もちろん、骨密度が一定の割合に達して明らかに必要でない場合もありますが、骨粗鬆症の対策としては、継続的な投薬が大切ですから。

Q. 手術後の定期検診は必要ですか?

A. やはり半年に1度は経過をみたほうがいいと思います。感染、ゆるみ、インプラントの破損などが起こる場合もゼロではなく、そうなったときに投薬治療や、可能性としては大変低いですが、人工関節の再置換手術を早期に行うことができます。

Q. 最後に、骨粗鬆症の予防、あるいは手術に至らないようにするために、私たちにできることは何でしょう?

三田市民病院 角田 雅也 先生A. みなさんが個人的にできることといえば、食事と運動ですね。食事はカルシウムやビタミンD、たんぱく質などを多く摂ることを意識し、何よりバランスのよい食生活を心がけることです。そして、散歩や軽い体操など、屋外でのほどよい運動を日課にすることです。あとは定期的な検査ですね。市民検診では骨量の測定が含まれていますし、検査によりある一定の数値が出たときには、骨量を増やすお薬や骨質を改善するお薬がありますから、大事に至る前の早い対応が可能です。特に閉経後の女性には、定期的な健康診断の受診をおすすめします。

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

角田 雅也 先生からのメッセージ

※ムービーの上にマウスを持っていくと再生ボタンが表示されます。

取材日:2013.1.16

*本ページは個人の意見であり、必ずしも全ての方にあてはまるわけではありませんので詳しくは主治医にご相談ください。

先生の一覧へ戻る

病院検索をする

ページトップへ戻る

先生があなたに伝えたいこと

股関節股関節

膝関節膝関節

肩関節肩関節

肘関節肘関節

足関節足関節

手の外科手の外科

脊椎脊椎

病院検索 あなたの街の病院を検索!

先生があなたに伝えたいこと 動画によるメッセージも配信中!