先生があなたに伝えたいこと / 【佐々木 学】手術は治療手段の一つ。患者さんにとって一番良い選択をするため、外科医である前に、医師として総合的な視点で診ることを忘れないように心がけています。

先生があなたに伝えたいこと

【佐々木 学】手術は治療手段の一つ。患者さんにとって一番良い選択をするため、外科医である前に、医師として総合的な視点で診ることを忘れないように心がけています。

医療法人医誠会 医誠会病院 佐々木 学 先生

医療法人医誠会 医誠会病院
ささき   まなぶ
佐々木 学 先生
専門:脊椎脊髄外科・脳神経外科

佐々木先生の一面

1.最近気になることは何ですか?
 以前は息子たちが所属していた少年野球チームのコーチ、監督をしていましたが、彼らが引退してからは離れてしまい、以前に比べて運動する機会が減ったので、体を動かす方法を考えています。

2.休日には何をして過ごしますか?
 ウォーキングしたり、妻の買い出しに付き合ったりして過ごしています。

携帯・スマートフォンサイトもチェック!

携帯電話・スマートフォン

バーコードリーダーで読み取ってください。携帯電話・スマートフォンからもご覧いただけます。
http://kansetsu-itai.com/m/interview/dr198.php

*携帯電話・スマートフォンからアクセスしていただく場合、パケット通信料は、お客様のご負担となりますので予めご了承ください。

QRコード

先生からのメッセージ

手術は治療手段の一つ。患者さんにとって一番良い選択をするため、外科医である前に、医師として総合的な視点で診ることを忘れないように心がけています。

医療法人医誠会 医誠会病院 佐々木 学 先生Q. 脊椎脊髄センターの特長を教えてください。

A. 私たちが診察の対象にしている脊椎脊髄は、整形外科と脳神経外科の境界領域です。当院の背椎脊髄センターでは、主に脳神経外科の脊椎専門医が診断・治療を行いますが、非常勤の整形外科の脊椎指導医の先生にも一緒に診察・治療を行って頂いており、2つの視点から患者さんを診ることができるのが大きな特長です。

Q. 本日はまず、腰椎椎間板(ようついついかんばん)ヘルニアの治療についてお伺いします。そもそもこれは、どのような病気なのでしょうか?

A. 脊椎は椎骨(ついこつ)と呼ばれる骨が連なってできています。椎間板は椎骨と椎骨との間にある、円板状の軟骨のことです。椎間板は、線維輪(せんいりん)という外側の軟骨部分と、その中でクッションの役割をしている髄核(ずいかく)という組織でできています。椎間板は、背骨にかかる荷重を逃す働きをしているのですが、あまりに大きな荷重がかかったり、加齢による椎間板の劣化が原因になったりして、線維輪に生じた亀裂から髄核が飛び出してしまうことを椎間板ヘルニアといい、とくに腰の部分に起こるものを腰椎椎間板ヘルニアと呼びます。
腰に負担がかかりやすいスポーツ選手や、重労働に従事する比較的若い男性に多く見られます。

腰椎椎間板ヘルニア

医療法人医誠会 医誠会病院 佐々木 学 先生Q. どのような症状が出るのでしょう?

A. 椎間板ヘルニアは多くの場合、神経のある背骨の後ろ側に飛び出します。その飛び出した髄核が神経を圧迫することにより、腰痛やお尻から脚にかけての激しい痛み、しびれなどを引き起こします。場合によっては、脚の力が入りにくくなることもあります。

Q. 大きな荷重がかかることで腰が痛くなると聞くと「ぎっくり腰」を連想しますが、腰椎椎間板ヘルニアとは違う病気なのですか?

A. 「ぎっくり腰」というのは急性腰痛の俗称で、正式な病名ではありません。筋肉や筋膜に炎症を起こしていたり(筋肉痛)、椎間関節という背骨の関節が傷んでいたりと原因もさまざまです。椎間板ヘルニアも原因の一つといえます。

Q. 腰椎椎間板ヘルニアの予防法はありますか?

A. 一般的には筋肉を鍛えて腰の骨への負担を減らすことや、股関節を柔らかくしておくことが予防に効果的だとされていますが、100%の予防は不可能です。極端な例ですが、くしゃみをした瞬間にヘルニアになった患者さんもいらっしゃいます。ちょっとしたことがきっかけになることも多いのです。

コルセットQ. では治療法について伺います。やはり手術は必要でしょうか?

A. 椎間板ヘルニアは、基本的に自然治癒が期待できる病気ですが、初期段階では炎症が強く、激しく痛むことが多いです。ですから、痛み止めやブロック注射など、痛みを緩和する治療が行われます。場合によってはコルセットを使って腰の動きを少なくし、ヘルニアの再発を予防することもあります。
このような手術以外の治療法は、保存的治療と呼ばれます。手術が必要になるのは、保存的治療で痛みやしびれが軽減しない場合や、脚に強い麻痺が出てきた場合などです。
また、ヘルニアが大きく、神経の圧迫が強い場合、排尿・排便が困難になることがあります。ヘルニア発症後におしっこが出ない、もしくは失禁するなどの症状が出た場合、すみやかに手術をする必要があります。

Q. 椎間板ヘルニアの手術方法には、どんなものがありますか?

医療法人医誠会 医誠会病院 佐々木 学 先生A. 当院では、脳の手術でも行われている、顕微鏡を用いる「顕微鏡下(けんびきょうか)手術」と、膝関節の手術でも行われている注水しながら内視鏡を用いる「経皮的内視鏡手術(けいひてきないしきょうしゅじゅつ:PELD ペルド)」とを行っています。

Q. 顕微鏡下手術と経皮的内視鏡手術(PELD)、それぞれどのような方法なのですか?

A. 顕微鏡下手術は、3cmほどの切開から顕微鏡を挿入して行います。切開の範囲で腰椎周辺の筋肉を剥がし、術野(手術の際に目で見える部分)を確保するために骨の一部を削って腰椎の隙間を広げる必要があります。術野が広い分、手術操作がしやすいこと、ヘルニア以外でも神経を圧迫しているものを確実に取り除けることが大きなメリットです。また、術者と助手が視野を共有することができるので、4本の手で手術できることも利点です。一方、PELDは8mmほどの小さな切開から、椎間板に向けて細い内視鏡を挿入して行います。内視鏡はとても細く、筋肉の中や背骨の隙間から椎間板に到達できるため、筋肉や靭帯などの組織をほとんど傷めることがありません。また、持続的に生理食塩水で洗いながら行うので、術野がクリアなのもメリットの一つです。ただ、難点もあります。それは、術野が非常に狭くなることです。顕微鏡下手術に比べて難易度が高いため、習熟までにトレーニングが必要な手術手技であり、PELDを導入している施設はまだまだ少ないのが現状です。
どちらの方法も良い点と問題点があるので、どちらを適用するか、また手術が適正かどうかを慎重に見極める必要があります。

経皮的内視鏡下手術(PELD)

Q. 両方の手術ができる技術をお持ちなのは、すばらしいですね。また、患者さんにとってはうれしいことです。ところで、術後はどのくらいで運動できるようになるのでしょうか?

医療法人医誠会 医誠会病院 佐々木 学 先生A. PELDの場合、再発防止のために約4〜6週間ほど運動制限をすることが多いです。
顕微鏡下手術であれば、もともとの骨の強度にもよりますが、だいたい1ヵ月をめどに少しずつ運動を許可します。例えばゴルフであれば、パターは術後すぐでもできますが、体を思い切り伸ばしたり捻ったりする動きは、2〜3ヵ月後の画像診断で許可をするか判断してからになります。過去にはサッカー選手や高校生など、1ヵ月で運動を再開した人もいましたが、個人差があります。基本的に、よほど骨が弱ってない限り、だいたいの運動はまたできるようになります。

Q. 次に高齢者の脊椎疾患の治療法について伺います。腰椎椎間板ヘルニア以外にどんなものがありますか?

A. 代表的なものとして、脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)、腰椎すべり症、椎間孔狭窄症(ついかんこうきょうさくしょう)などが挙げられます。

Q. それぞれどんな病気なのか教えてください。

A. 脊柱管狭窄症というのは、背骨の中にある「脊柱管」という神経の通るトンネルが狭くなる病気です。一般的には骨や関節が分厚くなったり、骨と骨の間にある黄色靭帯(おうしょくじんたい)が分厚くなったりすることで発症します。ヘルニアも脊柱管の中に出てくるので、その原因の一つです。
実際に、脊柱管狭窄症の患者さんが小さいヘルニアを併発していることがあり、病院によって椎間板ヘルニアだったり、脊柱管狭窄症だったりと違うことをいわれた患者さんがいます。脊柱管が狭くなると負担がかかりやすい状態になり、へルニアも起こりやすくなりますし、負担がかかりすぎているところを支えようとして関節や靭帯が分厚くなるので、併発することも多いのです。診察した医師がどちらに重きを置くのかで病名が決まるといえます。

正常な脊柱管の断面図 脊柱管狭窄症の断面図

腰椎すべり症腰椎すべり症は、物理的に骨と骨がずれている状態のことです。本来、背骨は曲がりながらも一列に並んでいますが、上の方の骨がすべってずれてしまうのです。 ヘルニアと同じように、神経が押されることで痛みやしびれが出ます。
すべり症が生じる頻度の高い下側の腰椎は地面に対して前傾しています。椎間板や関節の継ぎ目が加齢によって弱くなることで、上側の骨がまさにすべり台をすべるように前にずれてくるのです。
加齢によるものがほとんどで、特に女性に多い疾患です。

同じような症状で男性に多いのは腰椎分離症です。思春期にスポーツなどによる腰椎への過剰な負荷が原因で疲労骨折が生じ、骨折部がくっつかなかったものです。
椎弓(ついきゅう)という部分に疲労骨折が起こると、関節と関節の連続性が失われて、椎間板だけで支える状態になります。その椎間板が弱ることでどんどんずれていくと「分離すべり」という状態になります。分離症だけだと腰痛で済むことがほとんどですが、すべってくると神経が押され、ヘルニアや狭窄症と同じような症状が出てきます。実際にずれることで脊柱管が狭くなれば、脊柱管狭窄症になります。
椎間孔狭窄症は、脊柱管から足に向かって神経が出る穴である「椎間孔」が狭くなったものを指します。椎間孔狭窄症では関節の真裏で神経が圧迫されるため、神経の圧迫を取り除くために関節そのものを取らなければならないこともあります。そうすると背骨の支えが減ってしまうので、腰椎の異常な動きが出てしまうことがあります。建物でいえば大黒柱を削るようなものですから、支えを補充する工事が必要になります。脊椎では固定術という方法で手術します。

Q. 手術方法には除圧術と固定術とがあると聞いていますが、どういったものなのでしょうか?

医療法人医誠会 医誠会病院 佐々木 学 先生A. 「除圧」とは神経の圧迫を取り除くことです。先ほどの顕微鏡下手術と経皮的内視鏡手術でご説明したものです。腰でよく行われるのは神経を圧迫している靭帯や骨を、腰の後ろから取り除く後方除圧術です。多少は骨や靭帯を削ることになりますが、日常生活には大きく影響しません。
一方の固定術は、骨の動きを固定して動かなくするもので、すべり症などで腰の骨に異常な動きが出ている場合などに選択される方法です。通常は、腰椎の後ろから金属製のインプラントで固定しつつ、腰椎の間に骨を移植して癒合させる「腰椎固定術」が行われます。

Q. 次に、腰椎固定術の低侵襲法(患者さんの負担が軽い方法)と従来法の違いについて教えてください。

A. 腰椎固定術は2つの腰骨に打ち込んだネジ(スクリュー)を金属製の棒(ロッド)で繋ぎ、腰骨の間にやぐらを組むようにして骨の異常な動きを止める手術です。腰椎固定術の低侵襲法とは、なるべく筋肉を骨から剥がさない方法です。従来法では、患部の皮膚を10cmほど切開し、腰椎を覆う筋肉を骨の外側まで広く剥がしていたため、筋肉へのダメージや出血量が多いことが問題でした。
低侵襲法では1.5〜2cmほどの小さな切開から、筋肉内を貫くように腰椎までネジを差し込みます。ネジ1本につき1ヵ所の切開が必要ですが、その切開部からロッドをつなぐこともできます。筋肉を剥がさずに済むので、従来法より入院期間が短いのもメリットです。

大きな切開を伴う従来の手術 低侵襲法の手術

Q. 脊椎脊髄の手術で先生が一番大切に考えておられることは何ですか?

A. まず、患者さんの訴える症状が、手術で改善できるかどうかの判別が大切だと考えています。患者さんやご家族には、医師としての過去の経験を交えながら具体的に説明し、納得していただいてから手術を受けるかどうかを決めてもらうようにし、術式の選択においては、低侵襲であること以上に、手術の目的を達成できるかどうかに重点を置いて選択するようにしています。
実際の手術では、骨の構造を確認しながら徹底的に神経の圧迫を取り除くようにし、術後は長期的に経過を確認するようにしています。

医療法人医誠会 医誠会病院 佐々木 学 先生Q. 最後に、先生が医師を志されたきっかけやエピソードがあればお聞かせください。

A. 私自身、小学校6年生から中学校1年生まで、原因不明の発熱で1〜2ヵ月の入院を3回繰り返しました。外来通院と3度の入院で、それぞれ担当医が違ったのですが、その中に、こんな医者になりたいなあと憧れる先生がいたのが一番のきっかけです。その後も何度か入退院を繰り返した過去から、自分自身で検査や治療を受けた経験を持つ医師として、より患者さんに寄り添った治療を行えるのではないかと思っています。

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

佐々木 学 先生からのメッセージ

※ムービーの上にマウスを持っていくと再生ボタンが表示されます。

取材日:2017.3.24

*本ページは個人の意見であり、必ずしも全ての方にあてはまるわけではありませんので詳しくは主治医にご相談ください。

先生の一覧へ戻る

病院検索をする

ページトップへ戻る

先生があなたに伝えたいこと

股関節股関節

膝関節膝関節

肩関節肩関節

肘関節肘関節

足関節足関節

手の外科手の外科

脊椎脊椎

病院検索 あなたの街の病院を検索!

先生があなたに伝えたいこと 動画によるメッセージも配信中!