関節とは / 脊椎 / 主な疾患 / 脊柱側弯症(せきちゅうそくわんしょう) / 脊柱側弯症の検査と診断

脊椎 脊柱側弯症(せきちゅうそくわんしょう)

[脊柱側弯症(せきちゅうそくわんしょう)]

脊柱側弯症の検査と診断

単純X線検査

最も一般的な検査として行われるものが「単純X線検査」です。健康診断などでも実施されているため、検査を受けられた方も多いことでしょう。脊椎の病気での単純X線検査では、脊椎のずれを確認するため、患部を曲げたり伸ばしたりして撮影します。 また、椎骨と椎骨の間の隙間を確認することで、椎間板の異常を確認できます。骨の内部構造の変化を調べることにより、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)等の診断を行うことも可能です。

X線CT

X線を利用して、体を輪切りにしたような写真を撮影できる医療機器として、一般的に利用されている画像診断機器がCT(Computed Tomography:コンピュータ断層撮影)です。最近では、体を螺旋状に撮影して得られた情報から、コンピュータ処理で立体画像を作成することも可能となり、様々な部位の診断に応用されています。更に、X線CTにより得られたデータを利用して、コンピュータ支援手術も盛んに実施されるようになっており、単なる検査の目的でだけではなく、治療を行う上でも、非常に重要な画像診断機器として数多くの医療機関に導入されています。

MRI (磁気共鳴コンピュータ断層撮影)

磁石を利用して、生体に変動磁場を作用させ、生体内の水分に含まれている水素原子核の中の陽子(プロトン)の共鳴現象から得られるMR信号により、様々な方向からの断層撮影が可能な画像診断機器がMRI(磁気共鳴コンピュータ断層撮影)です。X線を用いていないため被爆が全く無いことが大きな特徴です。発症早期の椎間板ヘルニアにおいて、造影MRIによるヘルニア周囲の造影効果は保存治療もしくは手術などの治療方針の選択にも使用されています。

骨密度検査

骨密度検査は骨粗鬆症の診断に用います。微量なX線で計測するDEXA法がよく知られていますが、同時に、血液検査と尿検査で骨代謝マーカー量を計って、骨形成・骨吸収を調べることもあります。

脊髄腔造影(ミエログラフィー)

頚椎または腰椎に穿刺によるヨード(造影剤)注入を行い、X線で画像観察を行います。MRIよりもリアルタイムに髄液の流れや途切れを見ることができます。

脊柱側弯症の治療についてはこちらから
先生からのメッセージ

脊椎脊髄疾患の手術は進歩し、以前よりもはるかに安全で低侵襲になりました。辛い痛みが長く続く場合は、手術をお勧めしています。深尾 繁治 先生(京都)
脊椎脊髄疾患の手術は進歩し、以前よりもは…
先生のメッセージを全て見る

腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアなどは、内視鏡を用いた低侵襲手術によって、早期に社会復帰ができます。山川 知之 先生(大阪)
腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアなど…
先生のメッセージを全て見る

高齢社会で首や腰の痛み、手足の痺れに悩む方が増えています。その中で健康寿命を長くするのが整形外科の役割。脊柱管狭窄症で日常生活動作にも支障を来たすようであれば、傷んだ神経を取り除くことで痛みを取る手術も選択肢の一つと捉えてほしいと思います。藤田 順之 先生(愛知)
高齢社会で首や腰の痛み、手足の痺れに悩む…
先生のメッセージを全て見る

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)、腰椎椎間板(ようついついかんばん)ヘルニアは、内視鏡手術で治療できます。局所麻酔で低侵襲の日帰り手術も可能です。坪井 競三 先生(大阪)
腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんき…
先生のメッセージを全て見る

小児の脊椎疾患では、側弯症(そくわんしょう)と環軸椎亜脱臼(かんじくついあだっきゅう)が代表的ですが、手術も含めた専門的な対応のできる施設は限られていますので、ぜひ豊富な治療経験のある医療機関を受診してください。竹下 祐次郎 先生(神奈川)
小児の脊椎疾患では、側弯症(そくわんしょ…
先生のメッセージを全て見る

成人脊柱変形は体に負担の少ない手術、LLIF(側方椎体間固定術)で痛みが取れて見た目も良くなります。飯田 尚裕 先生(埼玉)
成人脊柱変形は体に負担の少ない手術、LL…
先生のメッセージを全て見る

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)では薬物治療で改善しない場合、低侵襲(ていしんしゅう)による手術法で神経圧迫を取り除くことにより症状が改善します。骨粗鬆症性(こつそしょうしょうせい)の椎体骨折は神経麻痺を発症することがあり、後方固定術で神経の圧迫を取り除くことで劇的に回復します。齊藤 正史 先生(東京)
腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんき…
先生のメッセージを全て見る

腰痛の原因は、ヘルニアや脊柱管狭窄症などの疾患をはじめ、筋肉の炎症、臓器の病気、精神的ストレスなど多様です。それを見極め、患者さんが少しでも早く楽になれる治療を心がけています。青木 大輔 先生(岡山)
腰痛の原因は、ヘルニアや脊柱管狭窄症など…
先生のメッセージを全て見る

人生は一度きりですから、足腰や背骨の痛みで家に閉じこもってしまうのは本当にもったいないことです。治療によって患者さんの生活の質を改善し、超高齢社会でも人生を楽しめるようベストを尽くしたいと思います。安原 和之 先生(神奈川)
人生は一度きりですから、足腰や背骨の痛み…
先生のメッセージを全て見る

「年だから」と痛みをあきらめず、「生活レベルを下げずに最期まで楽しんで生きる」という選択肢があっていい。医師が少ない地域でも最先端の医療を追究し、地域医療の新たなモデルとなることを目指しています。寺山 星 先生(鹿児島)
「年だから」と痛みをあきらめず、「生活レ…
先生のメッセージを全て見る

腰椎の骨折は体に負担の少ない低侵襲手術で治ります。年齢であきらめず、しっかり治して骨も丈夫にして、第二、第三の人生を元気に豊かに過ごしていただきたいと思います。石原 慎一 先生(群馬)
腰椎の骨折は体に負担の少ない低侵襲手術で…
先生のメッセージを全て見る

痛みのためにやりたいことができなかったり、かつてないほど辛い思いをされたりしている患者さんに対して、できる限りのことをして、もとの生活に戻っていただけたたなら、整形外科医としては何よりも幸せなのです。村上 純一 先生(京都)
痛みのためにやりたいことができなかったり…
先生のメッセージを全て見る

腰部脊柱管狭窄症は、体力さえあればいくつになっても手術できます。治療後に「こうなりたい」という目標を立てて、一緒に治療法を考えていきましょう。吉村 誠 先生(神奈川)
腰部脊柱管狭窄症は、体力さえあればいくつ…
先生のメッセージを全て見る

ご高齢の患者さんは自分の親だと思い、若い患者さんは自分の子だと思って、治療に向き合っています。原 淳 先生(神奈川)
ご高齢の患者さんは自分の親だと思い、若い…
先生のメッセージを全て見る

腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、骨粗鬆症性椎体骨折による腰痛、下肢痛は負担の少ない低侵襲手術で改善でき、治療することで健康寿命を延ばすことが期待できます。小島 敦 先生(千葉)
腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、骨…
先生のメッセージを全て見る

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)は、軽度なら手術を回避することもでき、負担が少ない手術も可能となります。足腰の痛みやしびれが続くようなら早めに病院を受診しましょう。東川 晶郎 先生(神奈川)
腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんき…
先生のメッセージを全て見る

大事なのは「患者さんの痛みに共感」し、その方にとって最適なオーダーメイドの治療を提供することです。小瀬 忠男 先生(東京)
大事なのは「患者さんの痛みに共感」し、そ…
先生のメッセージを全て見る

腰部脊柱管狭窄症、骨粗鬆症性脊椎圧迫骨折は、負担の少ない低侵襲手術で治療可能です。竹内 拓海 先生(東京)
腰部脊柱管狭窄症、骨粗鬆症性脊椎圧迫骨折…
先生のメッセージを全て見る

患者さんには、「何が一番困っていますか?」というような聞き方をしています。そうするほうが、患者さんも先入観なく率直に自分の状態を話してくださると思うからです。加藤 慎一 先生(愛知)
患者さんには、「何が一番困っていますか?…
先生のメッセージを全て見る

首や腰の手術は、顕微鏡や術中神経モニタリングを使用することによって、安全性が向上しています。北中 重行 先生(京都)
首や腰の手術は、顕微鏡や術中神経モニタリ…
先生のメッセージを全て見る

頸椎の手術は、最新の神経モニタリングを使用することにより安全性が向上しています。手術は大きな神経障害を起こす前に行うのが望ましいでしょう。高橋 敏行 先生(静岡)
頸椎の手術は、最新の神経モニタリングを使…
先生のメッセージを全て見る

腰椎の代表的疾患「腰椎脊柱管狭窄症(ようついせきちゅうかんきょうさくしょう)」「腰椎圧迫骨折(ようついあっぱくこっせつ)」は、早めに受診して治療を始めることで、体に負担が少ない保存療法や手術が可能となります。岡田 恒作 先生(埼玉)
腰椎の代表的疾患「腰椎脊柱管狭窄症(よう…
先生のメッセージを全て見る

腰部脊柱管狭窄症の手術手技は十分に確立されています。安全性は高いといえるでしょう。三雲 仁 先生(東京)
腰部脊柱管狭窄症の手術手技は十分に確立さ…
先生のメッセージを全て見る

何より大事なのはきちんとした診断、総合的判断です。最小の治療で最大の効果を得るためです。相馬 真 先生(東京)
何より大事なのはきちんとした診断、総合的…
先生のメッセージを全て見る

モットーは「患者さんの立場から治療を考える」ことです。自分だったら、自分の両親だったらどんな治療を受けたいかを常に考えながら、患者さんとともに治療に向かう気持ちを大切にしています。塩野 雄太 先生(東京)
モットーは「患者さんの立場から治療を考え…
先生のメッセージを全て見る

腰が痛い患者さんの困っている症状を親身になって伺い、患者さんと一緒に治療を進めていくことを心がけています。 日方 智宏 先生(東京)
腰が痛い患者さんの困っている症状を親身に…
先生のメッセージを全て見る

脊椎脊髄の疾患には脳から連なる神経が関係しているので、脳神経外科医が得意とすることが実は大変たくさんあります。大竹 安史 先生(北海道)
脊椎脊髄の疾患には脳から連なる神経が関係…
先生のメッセージを全て見る

低侵襲手術は体力的・経済的な負担が軽く、手術後の早期の社会復帰を可能にします。牟田 智也 先生(静岡)
低侵襲手術は体力的・経済的な負担が軽く、…
先生のメッセージを全て見る

「地域で診る」ために多職種、医療機関の連携がますます重要になると考えています。上杉 雅文 先生(茨城)
「地域で診る」ために多職種、医療機関の連…
先生のメッセージを全て見る

地方であっても都市部と遜色のない最新の手術、最先端の医療の提供を常に目指しています。河野 衛 先生(茨城)
地方であっても都市部と遜色のない最新の手…
先生のメッセージを全て見る

腰椎の低侵襲手術にはさまざまな方法がありますが、患者さん一人一人に応じた最適な方法を選択することが大切です。河野 裕 先生(千葉)
腰椎の低侵襲手術にはさまざまな方法があり…
先生のメッセージを全て見る

大切なのは、「その人にとって最適な治療」を行うことです。患者さんの生活環境や生活背景まで考えながら治療にあたり、少しでも地域貢献ができたらうれしいと思っています。加藤 雅敬 先生(東京)
大切なのは、「その人にとって最適な治療」…
先生のメッセージを全て見る

目の前の結果ではなく、患者さんの5年後、10年後を考えて治療することが大切です。原田 智久 先生(京都)
目の前の結果ではなく、患者さんの5年後、…
先生のメッセージを全て見る

自分や自分の家族ならどのような治療を受けたいか、それを考えながら治療にあたっています。槇尾 智 先生(京都)
自分や自分の家族ならどのような治療を受け…
先生のメッセージを全て見る

モットーは「患者さんを一生きちんと診る」ことです。そのためにも大病院と地域の病院との連携をさらに推進したいと考えています。酒井 大輔 先生(神奈川)
モットーは「患者さんを一生きちんと診る」…
先生のメッセージを全て見る

脊椎内視鏡手術は頚椎椎間板ヘルニアから腰椎変性すべり症などの脊椎固定術まで、幅広く対応可能です。福島 成欣 先生(東京)
脊椎内視鏡手術は頚椎椎間板ヘルニアから腰…
先生のメッセージを全て見る

高齢者に多い腰部脊柱管狭窄症は、今や内視鏡手術で対応できる時代です。福島 成欣 先生(東京)
高齢者に多い腰部脊柱管狭窄症は、今や内視…
先生のメッセージを全て見る

ひとつの治療法や手技にこだわらず、できるだけたくさんの選択肢を用意し、患者さんごとにベストな治療法を提示します。上野 正喜 先生(東京)
ひとつの治療法や手技にこだわらず、できる…
先生のメッセージを全て見る

腰痛の原因が実は首にある場合があります。なかなか良くならない、原因がわからないという場合は、首の検査も受けてみてください。寳子丸 稔 先生(大阪)
腰痛の原因が実は首にある場合があります。…
先生のメッセージを全て見る

背骨の病気は、姿勢を整えることや適切な治療を行うことで劇的に改善されます。痛みやしびれで諦めていたスポーツや旅行も、不可能ではありません。上田 茂雄 先生(大阪)
背骨の病気は、姿勢を整えることや適切な治…
先生のメッセージを全て見る

治療と運動を両立し、「イキイキ人生」を目指しましょう。大澤 透 先生(京都)
治療と運動を両立し、「イキイキ人生」を目…
先生のメッセージを全て見る

脊椎圧迫骨折の治療は、骨粗鬆症の治療や予防も併行することがとても大切です。早川 恵司 先生(東京)
脊椎圧迫骨折の治療は、骨粗鬆症の治療や予…
先生のメッセージを全て見る

椎間板ヘルニアには、様々な治療法があり、個々の症例に適した治療法の選択が重要です。岩本 直之 先生(東京)
椎間板ヘルニアには、様々な治療法があり、…
先生のメッセージを全て見る

手術は治療手段の一つ。患者さんにとって一番良い選択をするため、外科医である前に、医師として総合的な視点で診ることを忘れないように心がけています。佐々木 学 先生(大阪)
手術は治療手段の一つ。患者さんにとって一…
先生のメッセージを全て見る

患者さんがよりよい生活をするために我々は治療、手術をおこなっています。今林 英明 先生(東京)
患者さんがよりよい生活をするために我々は…
先生のメッセージを全て見る

常に治療に全力をかけて患者さんと喜びを分かち合いたいですね。細金 直文 先生(東京)
常に治療に全力をかけて患者さんと喜びを分…
先生のメッセージを全て見る

脊椎圧迫骨折や、そこから「偽関節」になるのを防ぐためにも、骨粗鬆症の予防・治療はぜひ積極的にしていただきたいですね。藤尾 圭司 先生(大阪)
脊椎圧迫骨折や、そこから「偽関節」になる…
先生のメッセージを全て見る

腰痛の原因はさまざまです。心因性のものや、内臓疾患が引き金になっていることもあります。まずは整形外科を受診して、詳しい検査を受けてください。野尻 賢哉 先生(神奈川)
腰痛の原因はさまざまです。心因性のものや…
先生のメッセージを全て見る

思春期における側弯症(そくわんしょう)の患者さんには、長い将来があります。だからこそ、自分が医師をやめるその日まで経過を見守り続けたい。福田 健太郎 先生(神奈川)
思春期における側弯症(そくわんしょう)の…
先生のメッセージを全て見る

脊椎最小侵襲手術(MISt:ミスト)は、出血が少なく、傷を小さくできる身体の負担を軽減できる背骨の治療にかかせない手術法です。佐々木 寛二 先生(静岡)
脊椎最小侵襲手術(MISt:ミスト)は、…
先生のメッセージを全て見る

脊椎圧迫骨折に対する保存療法では改善が難しいという患者さんには、負担が軽くて早期の改善が見込める最新の手術で、痛みから早く解放し、助けてあげたいと考えています。小倉 卓 先生(京都)
脊椎圧迫骨折に対する保存療法では改善が難…
先生のメッセージを全て見る

もっと見る

ページトップへ戻る

病院検索 あなたの街の病院を検索!

先生があなたに伝えたいこと 動画によるメッセージも配信中!