関節とは / 足関節 / 人工足関節置換術 / 人工足関節置換術

足関節人工足関節置換術

[人工足関節置換術]

人工足関節置換術

人工足関節置換術 イラスト

関節リウマチや変形性足関節症などにより変形した関節を、金属やセラミック、ポリエチレンなどでできた人工足関節に入れ替えることで痛みを取り除き、関節運動を改善する効果が期待できます。

ひとりひとり症状が異なるため、改善度も一様ではありませんが、手術前よりも快適な生活が送れるようになることが目標となります。

人工足関節は、脛骨側に入れる脛骨コンポーネントと距骨側に入れる距骨コンポーネントの、2つにわかれています。

患者さんの年齢や骨の形状、質によって、骨セメントを用いる場合と骨セメントを使用せずに直接骨に固定する場合とがありますが、距骨コンポーネントには、骨セメントを用いるのが一般的です。

まず検査を受けたり痛みの程度や動きを確認してもらうなど手術の準備が行われます。 手術直後の注意点、避けなければいけないことを知っておきましょう。

衣替え イラスト 例えば
・座っている時は足を下に降ろさず、椅子の上などに乗せておく。
・足を濡らしてはいけないので、お風呂に入る時はバスタブに足を乗せておく。
・歩く時、立っている時には地面から足を離しておく。
・横になるときは、足を心臓よりも高い位置に上げておく。
・片方の足に体重がかからないよう、ズボンやスカートをはくときは椅子に腰かける。

手術時間は通常2~3時間程度です。手術は感染を予防するため、クリーンルームを使用して行います。

手術の方法によってはギプスで固定することがあります。
通常は術後2日ほどたつと運動療法が始まり、入院期間は約1カ月です。
2カ月後には足に荷重をかけることができるようになります。

人工足関節置換術によりもたらされる効果は少なくありませんが、長い年月が経過すると緩みが生じ、入れ替え(再置換)の手術が必要となる場合があります。
そのようなことも含め、手術のリスクや回復にかかる時間について専門の医師によく相談されることをおすすめします。

退院後も定期的に受診し、経過観察を受けましょう。

問診 イラスト

先生からのメッセージ

変形性足関節症(へんけいせいそくかんせつしょう)やリウマチ、外反母趾(がいはんぼし)などの治療の選択肢は増えています。関節を温存して痛みを取り除き、歩く機能を回復させることを目指します。橋本 慶太 先生(福島)
変形性足関節症(へんけいせいそくかんせつ…
先生のメッセージを全て見る

足、膝、股関節は互いに影響しあっています。どこかが悪くなることで、他の関節や脊椎に影響が出ることもあります。治療では痛いところだけではなく、全体的に診る視点が大切です。竹島 憲一郎 先生(千葉)
足、膝、股関節は互いに影響しあっています…
先生のメッセージを全て見る

足は健康維持の源です。変形性足関節症や外反母趾予防のためにも筋力をつけ、気になるときはぜひ早めの受診を。多田 昌弘 先生(大阪)
足は健康維持の源です。変形性足関節症や外…
先生のメッセージを全て見る

強剛母趾の治療では、独自にやり方を考案した手術もあります。その治療法はきっとまだまだ進化することでしょう。中島 健一郎 先生(埼玉)
強剛母趾の治療では、独自にやり方を考案し…
先生のメッセージを全て見る

足の痛みの原因と予防について知り、百歳まで元気に歩きましょう。高倉 義典 先生(奈良)
足の痛みの原因と予防について知り、百歳ま…
先生のメッセージを全て見る

変形性足関節症は、進行の程度で治療内容が大きく変わります。気になる方は、ぜひ早めに受診してください。神崎 至幸 先生(兵庫)
変形性足関節症は、進行の程度で治療内容が…
先生のメッセージを全て見る

もっと見る

ページトップへ戻る

病院検索 あなたの街の病院を検索!

先生があなたに伝えたいこと 動画によるメッセージも配信中!