関節とは / 足関節 / 人工足関節置換術 / 対象となる疾患

足関節人工足関節置換術

[人工足関節置換術]

対象となる疾患

足関節の疾患にも、人工関節が有効な治療法となるケースがあります。

関節リウマチ

関節リウマチは、全身の関節に起こる炎症性の関節炎で、関節に腫れや疼痛、また多くの場合、関節軟骨の破壊を伴います。女性に発症しやすく、男性の2~3倍多く見られます。25~50歳で発症することが一般的であるものの、それ以外の年齢層、例えば小児でも発症する場合があります。
関節リウマチの原因はよくわかっていませんが、自己免疫疾患であると考えられています。自己の免疫システムが、関節の軟骨、骨、靭帯を侵すことによって、関節が変形します。
関節リウマチの経過はゆるやかで、多くの場合、知らぬ間に発症します。発症後はじわじわと異なる関節を侵して行き、一般的に、左右の同じ部位の関節を侵します。典型として、手足の指や肘、あるいは手首や足首などの小さな関節が最初に侵され、後に膝関節、肩関節、股関節などの大きな関節も侵されるようになります。発症した関節は痛みとこわばり感を伴います。この症状は、朝起きた時や、侵された関節をしばらく動かさないでおいた後に、特によく見られます。

変形性足関節症

変形性足関節症 イラスト変形性足関節症は、足関節の形の異常(特に足関節部の骨折の変形治癒)や老化が原因で、足関節が徐々に変形していく病気です。関節の軟骨や骨が磨り減ったり変形することにより、痛みや動きの制限が伴います。発症すると加齢とともに次第に悪化し、進行してしまうと元の状態に戻すことはできません。

先生からのメッセージ

変形性足関節症(へんけいせいそくかんせつしょう)やリウマチ、外反母趾(がいはんぼし)などの治療の選択肢は増えています。関節を温存して痛みを取り除き、歩く機能を回復させることを目指します。橋本 慶太 先生(福島)
変形性足関節症(へんけいせいそくかんせつ…
先生のメッセージを全て見る

足、膝、股関節は互いに影響しあっています。どこかが悪くなることで、他の関節や脊椎に影響が出ることもあります。治療では痛いところだけではなく、全体的に診る視点が大切です。竹島 憲一郎 先生(千葉)
足、膝、股関節は互いに影響しあっています…
先生のメッセージを全て見る

足は健康維持の源です。変形性足関節症や外反母趾予防のためにも筋力をつけ、気になるときはぜひ早めの受診を。多田 昌弘 先生(大阪)
足は健康維持の源です。変形性足関節症や外…
先生のメッセージを全て見る

強剛母趾の治療では、独自にやり方を考案した手術もあります。その治療法はきっとまだまだ進化することでしょう。中島 健一郎 先生(埼玉)
強剛母趾の治療では、独自にやり方を考案し…
先生のメッセージを全て見る

足の痛みの原因と予防について知り、百歳まで元気に歩きましょう。高倉 義典 先生(奈良)
足の痛みの原因と予防について知り、百歳ま…
先生のメッセージを全て見る

変形性足関節症は、進行の程度で治療内容が大きく変わります。気になる方は、ぜひ早めに受診してください。神崎 至幸 先生(兵庫)
変形性足関節症は、進行の程度で治療内容が…
先生のメッセージを全て見る

もっと見る

ページトップへ戻る

病院検索 あなたの街の病院を検索!

先生があなたに伝えたいこと 動画によるメッセージも配信中!