• これからも、歩いていくために。 多くの人が抱える関節痛。元気で気持ちのよい毎日が送れる1歩へ、情報を提供します。「関節のしくみ」から「治療」に至るまで幅広いコンテンツが順にご覧いただけます。
  • 先生があなたに伝えたいこと 人工関節の専門医に取材を行って、治療に対する医師の考え方や患者さんへの思いをご紹介しています。
  • 廣田奈穂美さん 体験談 自分のやりたいことを、一生懸命やるために。 若くして決断した手術によって得られた喜びを、一人でも多くの人に伝えたい。自分の人生を後悔したくないから、一生懸命前に進む。 体験談はこちら
  • 人工関節の手術を受けられた患者さんの声 実際に人工関節の手術を受けられた方に、術前術後の心境と、変化についてうかがいました。
  • いつまでも若々しく健やかに生きるために 肌と同じように、歯にもスペシャルケアを。 「治療」をさらに進めて「審美回復」を図る第二の永久歯、インプラントが美しく健やかな人生へご招待します。 歯科治療についてはこちら

「関節が痛い.com」は、人工関節と関節痛の情報サイトです。
関節痛の原因となる疾患治療法、人工関節の手術を受けられた方の体験談先生からのメッセージなど、関節の痛みでお悩みの方に、役立つ情報を発信しています。
提供:京セラ株式会社

ニュース(最新コンテンツ)

トピックス

過去のトピックス一覧

2021.07.26
【内田 勲】人工股関節置換術は、身体に負担の少ない前方アプローチ法による低侵襲手術が広く普及しています。また、人工股関節も様々な形状のものが開発され、耐用年数が飛躍的に向上し、変形性股関節症の治療の選択肢は増えています。を追加しました。
2021.07.19
【上野 健太郎】股関節や膝関節の人工関節の手術は、症状が進行してからではなく、関節の機能が保持できているうちに行うことが大切です。を追加しました。
2021.07.15
【唐島 大節】人工股関節置換術後の生活のレベルを向上させるために、当院では筋肉を温存できる前外側アプローチという術式を採り入れ、脱臼を防いでいます。【竹山 昭徳】近年は摩耗しにくいポリエチレン製ライナーが開発され、人工股関節の耐用年数が延びています。また、手術を行う道具も年々改良され、より安全で正確な手術が行えるようになり、結果的に患者さんに与える負担も少なくなっています。を追加しました。
2021.07.13
【櫻井 達郎】人工股関節で軟骨の代わりとなるポリエチレンライナーの素材が進化して耐用年数が向上しています。患者さんがいくつになっても痛みなく生活を楽しめるようにサポートしていきたいと思います。を追加しました。
2021.07.12
【大下 優介】低侵襲手術や装具療法、様々な診療科の医師との連携を通じて、脊椎腫瘍の患者さんがご自宅で安心して過ごせるようにサポートしています。【江守 永】椎間板ヘルニアの治療には椎間板内酵素注入療法も視野に、患者さんに負担の少ない治療を行っています。を追加しました。
2021.07.07
【千葉 大介】関節の変形がひどく、安静にしていても痛みが続く場合には、人工股関節置換術で痛みを取ることが期待できます。近年はポリエチレンの機能が進化し、人工股関節の耐用年数も延びています。【馬場 一慈】最近の手術では、股関節周辺の筋肉を温存し、身体への負担の少ない前側方アプローチという手技が主流になっています。地域の高齢者の生活の質を高め、寝たきりになるのを防ぐために、整形外科学教室全体で情報交換し、よりよい情報発信に努めていく考えです。を追加しました。

人工関節ってなに?

人工股関節 人工膝関節 イメージ

人工関節とは金属やセラミックス、ポリエチレンなどでできた人工の関節のことで、障害のおこった関節と入れ替えることで、痛みがなくなり、歩行能力が改善されます。
人工関節は股関節、膝関節を中心に日本国内で一年間に14万例以上の手術が実施されています。

関節痛はなぜ起こるの?

関節痛はなぜ起こるの? イメージ

関節に加わる衝撃を吸収してくれる軟骨や骨が、摩り減ったり変形することにより痛みが起こります。
関節を使う動作には、例えば歩く・しゃがむ・物をつかむといったものがありますが、関節痛によってこれらの動きが制限されると、生活の質は大きく下がってしまいます。

関節痛の治療にはどんなものがあるの?

関節痛の治療にはどんなものがあるの? イメージ

関節痛の治療には大きく分けると保存療法と手術療法の2つがあり実際には、それらを組み合わせて行います。
自宅でできる治療法から手術療法まで、いろいろな方法がありますが、自分でできることも紹介していますので専門家に相談しながら挑戦してみてはいかがでしょうか。

人工関節(股関節・膝関節)の代表的な手術について