ロコモ(ロコモティブシンドローム)とは


運動器の障害のために、要介護になったり、要介護になる危険の高い状態がロコモティブシンドロームです。 骨、関節、筋肉などの運動器の働きが衰えると、くらしの中の自立度が低下し、介護が必要になったり、寝たきりになる可能性が高くなります。

運動器のしくみとロコモ
運動器とは、身体運動に関わる骨、筋肉、関節、神経などの総称です。運動器はそれぞれが連携して働いており、どのひとつが悪くても身体はうまく動きません。また、複数の運動器が同時に障害を受けることもあります。 運動器を全体としてとらえる、それがロコモの考え方です。

画像をクリックすると拡大します。
画像をクリックすると拡大します。

日本整形外科学会
ロコモパンフレット2010年度版から


[0]トップに戻る


関節痛について


※当サイトを閲覧する際、「パケット通信料」がかかります。「パケット通信料」はご契約されている携帯電話会社・ご契約の内容により異なります。必ずご確認下さい。
※サイトに掲載されている医療情報は医師の監修を受けていますが症状には個人差があるため、詳しくは専門医にご相談ください。

© KYOCERA Corporation