関節が痛い
「人工関節とは?」の詳しいご説明と、関節痛や股関節・膝関節の痛み(股関節痛、膝関節痛、骨折等)の情報をご提供するサイト
先生があなたに伝えたいこと
………………………
石部基実クリニック(北海道)
平山 光久 先生
(専門:股関節)
………………………
▼Q.わかりました。進行期、末期での治療についてはいかがでしょうか?
………………………
平山 光久 先生
A.手術が選択肢に入ってきます。進行期、末期には骨増殖型と非増殖型があって、前者は軟骨がすり減った分、防御反応で骨の棘が出てくるというもの。負荷のかかる面積がある程度確保されるので、かなり変形していてもご本人はさほど痛くないんです。どちらかといえば痛みというよりも、靴下が履きづらい、階段が上がりづらいというような生活への支障で手術を考えられることが多いです。動きづらくなる分、動き始めが痛いというのも特徴ですね。寝返りを打ったりしたときに痛んだりします。反対に非増殖型ですと、変形はさほどでもないのに痛みがひどくて手術を考えられることが多くなります。ただ末期であってもそんなに痛くない、生活への支障もそんなに大きくないというときには、保存療法で様子をみることもありますので、一概にこうだとはいえません。関節の状態、痛みと機能、活動性のレベルなどを総合的に考えて、手術のタイミングも決まります。

次の質問を見る

………………………

Q. 本日は股関節の疾患についてお伺いします。まず、疾患の代表的なものとその原因について教えてください。

Q. 亜脱性股関節症が多いというのは日本人独特なのですか?

Q. 大腿骨頭壊死症とは?

Q. 関節といいますと関節リウマチも思い浮かびますが。

Q. そうなのですね。ところでこちらの病院のホームページに、「関節内の痛みか、関節周囲組織が原因の痛みなのかを見極めることが重要」とありますが、これはどういうことなのでしょうか?

Q. なるほど。それは、やはりホームページにある「股関節疾患だけを想定してしまうと骨盤輪疾患を見逃す可能性もある」ということにもつながるわけですね。

Q. では、変形性股関節症について伺います。治療法は段階に応じて変わるものなのでしょうか?

Q. わかりました。進行期、末期での治療についてはいかがでしょうか?

Q. わかりました。手術=人工関節になるのでしょうか?

Q. なかには、それで骨切り術をあきらめる方も?

Q. 人工股関節の耐用年数は具体的にはどれくらいですか?

Q. 長保ちをするようになった理由は何でしょうか?

Q. 人工股関節を入れ替えるリスクが減ったということですね。

Q. 人工股関節が進化し考え方も変わってきたのですね。その手術法について、先生は北海道ではまだ数少ないDAAというやり方を採用されているそうですが、これにつていて少しご説明いただけますか?

Q. どのような患者さんにもDAAで手術できるのですか?

Q. 入院期間も短縮したそうですね。

Q. といいますと?

Q. 手術後の痛みはないのですか?

Q. 傷の痛みは?

Q. 退院後のリハビリは、それぞれがご自宅で続けられるのですか?

Q. 日常生活に何か制限はありますか?

Q. ありがとうございました。最後に、北海道の先生ということで、冬道での転倒を防ぐ歩き方を教えていただけますか?

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

………………………
*本ページは個人の意見であり、必ずしも全ての方にあてはまるわけではありませんので詳しくは主治医にご相談ください。


その他の先生のインタビューを見る


[0]ホーム
[1]ロコモ対策室〜どこでもロコトレ〜
[2]先生があなたに伝えたいことTOP
[3]病院検索TOP
[4]友達に教える

※当サイトを閲覧する際、「パケット通信料」がかかります。「パケット通信料」はご契約されている携帯電話会社・ご契約の内容により異なります。必ずご確認下さい。
※サイトに掲載されている医療情報は医師の監修を受けていますが症状には個人差があるため、詳しくは専門医にご相談ください。
© KYOCERA Corporation