関節が痛い
「人工関節とは?」の詳しいご説明と、関節痛や股関節・膝関節の痛み(股関節痛、膝関節痛、骨折等)の情報をご提供するサイト
先生があなたに伝えたいこと
………………………
医療法人社団愛友会 千葉愛友会記念病院 人工関節センター長・整形外科部長(千葉県)
角谷 真 先生
(専門:変形性膝関節症)
………………………
▼Q.膝の手術では傷の大きさはどれくらいになるのでしょうか?
………………………
角谷 真 先生
A.LIS(Less Invasive Surgery)の考え方で手術しています。これは「正確な手術が行える適切な大きさでできるだけ小さい切開をする」という意味です。手術の傷口を最も小さくできる状態の患者さんであればMIS(Minimally Invasive Surgery:最少侵襲術)と呼ばれる10cmほどの傷で手術する方法で行いますし、それが難しい患者さんは11cmぐらいです。患者さんの膝の状態によって傷口の大きさを変えています。

次の質問を見る

………………………

Q. 人工膝関節の入院期間について教えて下さい。

Q. なぜそこまで短期間の入院が実現出来るのでしょうか?

Q. では、先生が人工膝関節手術に特に取り組まれていることについて教えていただけますか?

Q. 膝の手術では傷の大きさはどれくらいになるのでしょうか?

Q. 手術の方法も患者さんによっては変わるものなのですね。

Q. わかりました。やはり手術後の痛みが心配な方も多いと思います。

Q. 痛そうな抜糸はないのですか?

Q. ありがとうございました。最後にぜひお聞かせいただきたいのが、患者さん同士の集いについて。先生独自の取り組みがおありになるそうですね。

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

………………………
*本ページは個人の意見であり、必ずしも全ての方にあてはまるわけではありませんので詳しくは主治医にご相談ください。


その他の先生のインタビューを見る


[0]ホーム
[1]ロコモ対策室〜どこでもロコトレ〜
[2]先生があなたに伝えたいことTOP
[3]病院検索TOP
[4]友達に教える

※当サイトを閲覧する際、「パケット通信料」がかかります。「パケット通信料」はご契約されている携帯電話会社・ご契約の内容により異なります。必ずご確認下さい。
※サイトに掲載されている医療情報は医師の監修を受けていますが症状には個人差があるため、詳しくは専門医にご相談ください。
© KYOCERA Corporation