関節が痛い
「人工関節とは?」の詳しいご説明と、関節痛や股関節・膝関節の痛み(股関節痛、膝関節痛、骨折等)の情報をご提供するサイト
先生があなたに伝えたいこと
………………………
地方独立行政法人 加古川市民病院機構 加古川中央市民病院(兵庫県)
西山 隆之 先生
(専門:股関節外科)
………………………
▼Q.人工股関節全置換術とはどのような手術なのでしょうか?
………………………
西山 隆之 先生
A.主に変形性股関節症(へんけいせいこかんせつしょう)に対して行われ、骨頭の内部が壊死する大腿骨頭壊死症(だいたいこっとうえししょう)でも適応となる場合があります。股関節というのは体の中で一番大きな荷重関節なんですね。変形性股関節症というのは、その股関節の軟骨がすり減ってしまい、やがて変形をきたし、本来の動きができなくなったり、進行しますと痛みもかなり強くなったりしてしまいます。このような障害が生じた股関節を人工のものに換えて、痛みのない正常に動く関節を作るというのが人工股関節全置換術です。
人工股関節の材質としては金属とセラミック、ポリエチレンなどがありますが、現在はほとんどの患者さんに、ポリエチレンの受け皿(ライナー)とセラミックの骨頭ボールという組み合わせの人工股関節を使っています。ポリエチレンが進化したことで、現在では、安定した長期成績が得られるようになりました。

全人工股関節置換術 イラスト
画像をクリックすると拡大します。

次の質問を見る

………………………

Q. 人工股関節全置換術とはどのような手術なのでしょうか?

Q. ポリエチレンの進化とは?

Q. なるほど。では、人工股関節にすることで痛みは取れると考えてよいのでしょうか?

Q. 何にしても、痛みから開放されるのはうれしいことですね。

Q. それでは、手術に際して先生が大切にされていることは何ですか?

Q. 手術のための切開にも適切な大きさがあるということですね。

Q. 先生が採用されているアプローチはどのようなものなのですか?

Q. 筋力が回復するまでの間にやっておく方がいいことはありますか?

Q. 筋力回復の経過は定期検診でも確認を?

Q. せっかく人工股関節を入れたのだから大事に大事に、という気持ちもわからないではないですね。

Q. 万一、脱臼するとどうなるのですか? またその治療法は?

Q. 怖がり過ぎないように、ですね。その上で、気をつけておいた方がいいことはありますか?

Q. よくわかりました。ところで、脱臼などのトラブルがない場合、現在、人工股関節の耐用年数はどれくらいなのでしょうか?

Q. 人工股関節全置換術に至るまでの治療法もあるということですか?

Q. ありがとうございました。最後に、先生は難しい症例の再置換術にも多く取り組まれているとお聞きしていますが。

Q. 同種骨というのは聞き慣れない言葉ですが、どういうものなのですか?

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

………………………
*本ページは個人の意見であり、必ずしも全ての方にあてはまるわけではありませんので詳しくは主治医にご相談ください。


その他の先生のインタビューを見る


[0]ホーム
[1]ロコモ対策室〜どこでもロコトレ〜
[2]先生があなたに伝えたいことTOP
[3]病院検索TOP
[4]友達に教える

※当サイトを閲覧する際、「パケット通信料」がかかります。「パケット通信料」はご契約されている携帯電話会社・ご契約の内容により異なります。必ずご確認下さい。
※サイトに掲載されている医療情報は医師の監修を受けていますが症状には個人差があるため、詳しくは専門医にご相談ください。
© KYOCERA Corporation