関節が痛い
「人工関節とは?」の詳しいご説明と、関節痛や股関節・膝関節の痛み(股関節痛、膝関節痛、骨折等)の情報をご提供するサイト
先生があなたに伝えたいこと
………………………
天理よろづ相談所病院(奈良県)
西松 秀和 先生
(専門:関節外科・脊椎外科・人工股関節)
………………………
▼Q.セメントを使って固定した場合、脱臼のリスクについてはどうですか?
………………………
西松 秀和 先生
A.まずセメントレスタイプの手術では、骨頭の大きな人工股関節を使うケースが多いですが、これは可動域がよくなるからということもありますけれど、実は脱臼が怖いという理由もあるのです。でも私からすると、人工関節を正確に設置することができれば、骨頭は小さくても脱臼しないと思っています。どちらのタイプを使用するにしても、脱臼するような手術をしなければよいのです。
セメントタイプでは、骨と人工関節の間にセメントの層があるので、人工関節を設置する際に微妙な調整をすることができます。それぞれの患者さんの大腿骨の形状や日常動作の違いなど、患者さん個々の状態に応じてほぼ完璧に加減し、オーダーメイドの置換術を行うことで、脱臼のリスクは低減します。

次の質問を見る

………………………

Q. 最近、市民公開講座などで変形性股関節症について取り上げられることが増えてきました。それだけ患者さんが増えているのでしょうか?

Q. 変形性股関節症とはどのような病気なのでしょうか?

Q. えっ! 内股が要因なのですか?

Q. 興味深いお話ですね。

Q. いわれてみればそうかもしれませんね。

Q. 内股にならないようにする日々の習慣はもちろん、シコを踏むなどの運動療法が大切なのですね。

Q. その2つについて、もう少し詳しく教えていただけますか?

Q. いまは関節が大丈夫な方も、シコを踏むのを日課にすればいいかもしれませんね。

Q. それはどんな手術手技ですか?

Q. なるほど。変形性股関節症の治療には、運動療法、骨切り術など関節温存の手術、そして最終的に人工関節手術という3つがあるのですね。

Q. 切り札があることで、患者さんも安心して保存的療法に臨めるのですね。

Q. 人工股関節置換術は切り札として大変有効といえそうですが、では、人工股関節置換術を行うかどうかの判断基準はどのようなものですか?

Q. 二次災害とは?

Q. よくわかりました。ありがとうございます。それでいよいよ人工股関節置換術となった場合ですが、人工関節には種類があるのですか?

Q. 先生はセメントレスの手術はされないのですか?

Q. 手術時間は、セメントを使う手術のほうが長くなるということですね。

Q. セメントを使って固定した場合、脱臼のリスクについてはどうですか?

Q. セメント固定の場合も、手術後のリハビリは翌日からですか?

Q. リハビリについて、こちらの病院では何か特色はありますか?

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

………………………
*本ページは個人の意見であり、必ずしも全ての方にあてはまるわけではありませんので詳しくは主治医にご相談ください。


その他の先生のインタビューを見る


[0]ホーム
[1]ロコモ対策室〜どこでもロコトレ〜
[2]先生があなたに伝えたいことTOP
[3]病院検索TOP
[4]友達に教える

※当サイトを閲覧する際、「パケット通信料」がかかります。「パケット通信料」はご契約されている携帯電話会社・ご契約の内容により異なります。必ずご確認下さい。
※サイトに掲載されている医療情報は医師の監修を受けていますが症状には個人差があるため、詳しくは専門医にご相談ください。
© KYOCERA Corporation