関節が痛い
「人工関節とは?」の詳しいご説明と、関節痛や股関節・膝関節の痛み(股関節痛、膝関節痛、骨折等)の情報をご提供するサイト
先生があなたに伝えたいこと
………………………
NTT東日本 関東病院
大嶋 浩文 先生(専門:股関節)
………………………
▼Q. その治療法について教えてください。
………………………

A. 股関節は全体重がかかる関節です。さらに、階段や立ち上がりの動作時には体重の3〜5倍の負荷がかかるといわれています。体重を減らすことで痛みが大幅に改善する場合がありますので、まずはそれが最初のアドバイスになります。外来通院では、消炎鎮痛剤を使ったり、運動療法を行っていただきながら経過を見ます。体幹や股関節周辺の筋肉を鍛えることで股関節にかかる負担を減らし、痛みを和らげることが期待できます。仰向けの状態で膝を伸ばして踵を浮かす、四つん這いになって手と反対の足を同時に上げる、ボールを内股に挟んで押し付けるなどの運動が代表的です。しかし、こうした保存的治療はコンディションを整え、疼痛(とうつう)緩和に一定の効果をしめしますが、患部そのものがよくなっているわけではありません。保存療法には限界もあり、日常生活への支障が大きくなる場合には手術を検討します。


次の質問を見る

………………………

Q. まず始めに、股関節はどんな構造になっているのでしょうか?それぞれの部位や働きを簡単に教えてください。

Q. 主な股関節の疾患について教えてください。

Q. その治療法について教えてください。

Q. 手術を決断するのはどのようなタイミングでしょうか?

Q. 人工股関節にもいろいろな種類があるのでしょうか?

Q. 人工股関節そのものは以前に比べて進歩しているのでしょうか?

Q. ポリエチレンの性能が向上すると、なぜ人工股関節が長もちするのでしょうか?

Q. 手術方法も以前に比べて進歩しているのでしょうか?

Q. 手術の合併症について教えてください。また、合併症を防ぐためにどのような対策が取られているのでしょうか?

Q. 先生が医師を志されたきっかけや、普段治療するうえで心がけられていることがあれば教えてください。

Q. 最後に関節の痛みに悩まれている方に向けて、メッセージをお願いします。

………………………
*本ページは個人の意見であり、必ずしも全ての方にあてはまるわけではありませんので詳しくは主治医にご相談ください。


その他の先生のインタビューを見る


[0]ホーム
[1]ロコモ対策室〜どこでもロコトレ〜
[2]先生があなたに伝えたいことTOP
[3]病院検索TOP
[4]友達に教える

※当サイトを閲覧する際、「パケット通信料」がかかります。「パケット通信料」はご契約されている携帯電話会社・ご契約の内容により異なります。必ずご確認下さい。
※サイトに掲載されている医療情報は医師の監修を受けていますが症状には個人差があるため、詳しくは専門医にご相談ください。
© KYOCERA Corporation