関節が痛い
「人工関節とは?」の詳しいご説明と、関節痛や股関節・膝関節の痛み(股関節痛、膝関節痛、骨折等)の情報をご提供するサイト
先生があなたに伝えたいこと
………………………
医療法人社団 宏志会 豊岡第一病院
柏木 忠範 先生(専門:股関節)
………………………
▼Q. その治療法について教えてください。
………………………

A. まずは、どこからその痛みが起こっているのか病状を理解してもらいます。動き過ぎると股関節への負担が増えますから、股関節に負担がかからないよう日常生活の見直しもしていただきます。和室の生活であればベッドやいすを使う、杖を使って歩くといった工夫で股関節の負担をやわらげることができます。あとは運動療法によって股関節を安定させ、軟骨への負担を減らすようにします。股関節周辺の筋肉をまんべんなく鍛えるには、寝ているときに横向きになって重力に逆らって足を上げ下げするのもいいですし、プールで水の抵抗にさからって歩くのも股関節に負担をかけないのでおすすめです。


運動療法

なお、当院ではなるべく痛み止めは処方しないようにしています。痛みを感じながら運動療法を行うことで、変化に敏感になってほしいとの考えからです。ただ、どうしても耐えられず、日常生活に支障を来すようであれば最低限の内服薬は出します。

次の質問を見る

………………………

Q. 股関節はどんな構造になっているのでしょうか?それぞれの部位や働きについて簡単に教えてください。

Q. 股関節の疾患について教えてください。

Q. それぞれの疾患に、性別や傾向はありますか?

Q. その治療法について教えてください。

Q. それでも痛みが改善しないようであれば、手術になるのでしょうか?

Q. 人工股関節にもいろいろな種類があるのでしょうか?

Q. 人工股関節そのものは以前に比べて進歩しているのでしょうか?

Q. 手術の手技も以前に比べて進歩しているのでしょうか?

Q. 入院期間はどれくらいですか?

Q. 手術の合併症について教えてください。また、合併症を防ぐためにどのような対策をとられているのでしょうか?

Q. 手術した患者さんからはどんな声がありますか?

Q. 普段、診療を行ううえで、先生が意識していらっしゃることがあれば教えてください。

Q. 先生が医師を志された理由やエピソードがありましたら教えてください。

………………………
*本ページは個人の意見であり、必ずしも全ての方にあてはまるわけではありませんので詳しくは主治医にご相談ください。


その他の先生のインタビューを見る


[0]ホーム
[1]ロコモ対策室〜どこでもロコトレ〜
[2]先生があなたに伝えたいことTOP
[3]病院検索TOP
[4]友達に教える

※当サイトを閲覧する際、「パケット通信料」がかかります。「パケット通信料」はご契約されている携帯電話会社・ご契約の内容により異なります。必ずご確認下さい。
※サイトに掲載されている医療情報は医師の監修を受けていますが症状には個人差があるため、詳しくは専門医にご相談ください。
© KYOCERA Corporation