関節が痛い
「人工関節とは?」の詳しいご説明と、関節痛や股関節・膝関節の痛み(股関節痛、膝関節痛、骨折等)の情報をご提供するサイト
先生があなたに伝えたいこと
………………………
船橋整形外科病院 脊椎・脊髄センター
小島 敦 先生(専門:脊椎)
………………………
▼Q. 手術にはどういった方法があるのでしょうか?
………………………

A. 腰椎(ようつい)の手術には神経の圧迫をとる除圧術、あるいは腰椎の不安定性を伴う場合の固定術のいずれかになります。また、背骨の曲がり方が強い場合は、変形矯正術も行われます。除圧術や固定術では、最近は大きく切開しない、つまり患者さんの体への負担が小さいMISt(脊椎最少侵襲手術)が多く行われるようになってきました。また、患部へ到達するアプローチ法も選択肢が多くなりました。保存療法で痛みがおさまらないような圧迫骨折では、約5mmの皮膚切開を通して、つぶれた部分をバルーンを使ってなおすBKP治療という方法もあります。腰椎椎間板ヘルニアに対しては、約3~4cmの小さな皮膚切開で行う方法で、内視鏡手術と同等レベルに社会復帰が可能となっております。最近ではコンドリアーゼというタンパク質分解酵素を用いて、椎間板ヘルニアを縮小させる椎間板内酵素注入療法も導入されています。

除圧術の例

固定術の例


次の質問を見る

………………………

Q. 脊椎の疾患にはどのような疾患があるのでしょうか?

Q. 腰部脊柱管狭窄症は、具体的にはどういう病気なのでしょうか?

Q. 骨粗鬆症性椎体骨折についても教えてください。

Q. 高齢の女性で背中が曲がっている人がいますが、椎体骨折が原因なのでしょうか?

Q. 年代としてはどれくらいの方が多いのでしょうか?

Q. どのような治療になるのでしょうか?

Q. 投薬とは痛み止めのことですか?

Q. 手術にはどういった方法があるのでしょうか?

Q. BKPとはどんな治療法ですか?

Q. 手術を安全に行うために工夫されていることがあれば教えてください。

Q. 低侵襲手術ということは、入院期間も短くて済むのでしょうか?

Q. 手術による痛みや出血、手術の傷跡が気になります。

Q. 日常生活の制限はありますか?

Q. 手術した人からはどういう声がありますか?

Q. 手術された患者さんへのアドバイスをお願いします。

Q. 先生が治療を行ううえで意識していることがあれば教えてください。

Q. 先生が整形外科医を志されたきっかけは何でしたか?

Q. 手術に不安を抱えている方へのメッセージをお願いします。

………………………
*本ページは個人の意見であり、必ずしも全ての方にあてはまるわけではありませんので詳しくは主治医にご相談ください。


その他の先生のインタビューを見る


[0]ホーム
[1]ロコモ対策室〜どこでもロコトレ〜
[2]先生があなたに伝えたいことTOP
[3]病院検索TOP
[4]友達に教える

※当サイトを閲覧する際、「パケット通信料」がかかります。「パケット通信料」はご契約されている携帯電話会社・ご契約の内容により異なります。必ずご確認下さい。
※サイトに掲載されている医療情報は医師の監修を受けていますが症状には個人差があるため、詳しくは専門医にご相談ください。
© KYOCERA Corporation