関節が痛い
「人工関節とは?」の詳しいご説明と、関節痛や股関節・膝関節の痛み(股関節痛、膝関節痛、骨折等)の情報をご提供するサイト
先生があなたに伝えたいこと
………………………
医療法人社団 博翔会 五香病院
副院長 乗松 祐佐 先生(専門:股関節・膝関節)
………………………
▼Q. 治療法について教えてください。
………………………

A. まずはリハビリで体幹を鍛えるなど、下肢全体の筋力トレーニングを行います。若くて初期の方なら自身の脛骨の骨を切って角度を変え、内側にかかっている負荷を外側に変える高位脛骨骨切り術(こういけいこつこつきりじゅつ)を行います。
変形性膝関節症で関節の滑膜が炎症を起こし、膝の関節に水がたまる場合には関節鏡で滑膜切除という治療もあり、長期成績も良好です。それでも変形が進み、痛みがとれなければ人工膝関節置換術(じんこうひざかんせつちかんじゅつ)になります。

変形性膝関節症


次の質問を見る

………………………

Q. まず始めに、股関節はどんな構造になっているのか、部位や働きについて簡単に教えてください。

Q. 股関節でお悩みの方にはどういう症状が多いのでしょうか?

Q. 股関節の骨折とその治療法について教えてください。

Q. 高齢で骨折した場合、元の生活に戻るにはどれくらいかかりますか?

Q. 次に、変形性股関節症の治療法について教えてください。

Q. 人工股関節や手技は以前に比べて進歩しているのでしょうか?

Q. つぎに膝関節についても教えてください。膝関節の構造とそれぞれの部位や働きはどうなっているのでしょうか?

Q. 膝関節の代表的な疾患について教えてください。

Q. 治療法について教えてください。

Q. 人工膝関節置換術の手術手技も進歩していますか?

Q. 手術の合併症について教えてください。また、合併症を防ぐためにどのような対策をとられているのでしょうか?

Q. 股関節や膝の痛みでお悩みの方に、メッセージをお願いします。

………………………
*本ページは個人の意見であり、必ずしも全ての方にあてはまるわけではありませんので詳しくは主治医にご相談ください。


その他の先生のインタビューを見る


[0]ホーム
[1]ロコモ対策室〜どこでもロコトレ〜
[2]先生があなたに伝えたいことTOP
[3]病院検索TOP
[4]友達に教える

※当サイトを閲覧する際、「パケット通信料」がかかります。「パケット通信料」はご契約されている携帯電話会社・ご契約の内容により異なります。必ずご確認下さい。
※サイトに掲載されている医療情報は医師の監修を受けていますが症状には個人差があるため、詳しくは専門医にご相談ください。
© KYOCERA Corporation