関節が痛い
「人工関節とは?」の詳しいご説明と、関節痛や股関節・膝関節の痛み(股関節痛、膝関節痛、骨折等)の情報をご提供するサイト
先生があなたに伝えたいこと
………………………
大阪市立大学医学部附属病院(大阪府)
洲鎌 亮 先生(専門:股関節)
………………………
▼Q. それでは変形性股関節症の治療について教えてください。すぐに手術が必要なのでしょうか?
………………………
洲鎌 亮 先生
A. まずは保存治療を行うのが一般的で、手術に至るケースは決して多くありません。保存治療とは股関節周囲の筋力を鍛える運動療法や痛み止めの服用などです。それでも痛みが改善せず生活に支障が出るようであれば手術が選択肢となります。

次の質問を見る

………………………

Q. 初めに股関節の構造を教えてください。

Q. 股関節の代表的な疾患とは何でしょうか?

Q. もともと、ということは、寛骨臼形成不全は生まれつきのものなのですか?

Q. それでは変形性股関節症の治療について教えてください。すぐに手術が必要なのでしょうか?

Q. 手術にも種類があるのですか?

Q. 人工股関節の進歩は目覚ましいのですね。

Q. 実際には人工股関節の耐用年数はどれくらいですか?

Q. ところで大腿骨頭壊死症(だいたいこっとうえししょう)という病気も、進行すれば人工股関節の適応と聞いています。この疾患についてもぜひお聞きしたいのですが。

Q. 治療法にはどのようなものがあるのですか?

Q. わかりました。それでは改めまして、ここで人工股関節手術の手術手技の進歩についてお話しいただけますか?

Q. 手術において独自に取り組まれていることはありますか?

Q. 人工股関節手術を受けられた患者さんが退院後に気をつけなければならないことはありますか?

Q. 最後に先生が治療をされる上で大切にされていることは何でしょうか?

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

………………………
*本ページは個人の意見であり、必ずしも全ての方にあてはまるわけではありませんので詳しくは主治医にご相談ください。


その他の先生のインタビューを見る


[0]ホーム
[1]ロコモ対策室〜どこでもロコトレ〜
[2]先生があなたに伝えたいことTOP
[3]病院検索TOP
[4]友達に教える

※当サイトを閲覧する際、「パケット通信料」がかかります。「パケット通信料」はご契約されている携帯電話会社・ご契約の内容により異なります。必ずご確認下さい。
※サイトに掲載されている医療情報は医師の監修を受けていますが症状には個人差があるため、詳しくは専門医にご相談ください。
© KYOCERA Corporation