関節が痛い
「人工関節とは?」の詳しいご説明と、関節痛や股関節・膝関節の痛み(股関節痛、膝関節痛、骨折等)の情報をご提供するサイト
先生があなたに伝えたいこと
………………………
茨城県厚生連 茨城西南医療センター病院(茨城県)
上杉 雅文先生(専門:脊椎外科)
河野 衛先生(専門:脊椎外科)
………………………
▼Q. ますます住み分けが必要になるということですね。
………………………

上杉先生:そうです。脊椎には小児から高齢者まで幅広い患者さんがいます。症状もさまざまです。非常に高度な治療が必要な患者さんは都市部の施設にお送りし、地域で診られるものは地域で診るということです。より患者さんに近いところで問題を解決するようなことを考えるのが必要なのです。外来で慎重に経過を見ながら診療する、ということは地域に根づいた脊椎外科の大きな役割となります。

次の質問を見る

………………………

Q. 腰の痛みと疾患との関係について教えてください。

Q. 感染症もあるんですね。

Q. 治療法にはどういうものがあるのでしょうか。また治療の在り方について先生方はどのようにお考えですか?

Q. 多職種と地域連携が治療のキーワードなのですね。それでは、こちらが担われている役割のひとつ、手術について最新の情報などを教えていただけますか?

Q. 癒合不全とは?

Q. では、BKPについて教えてください。

Q. 資格が必要ということはかなり専門的な知識が求められるのですね。

Q. ほかに先生がやっておられる低侵襲手術はありますか?

Q. 器械や周辺機器の進歩があってこそ手術手技も進歩するということですね。地域にあって質の高い医療を受けられることは患者さんには本当に福音です。

Q. ますます住み分けが必要になるということですね。

Q. これからの時代、地域医療の連携、地域医療のありようはどのような方向に向かうのでしょうか?

Q. 若手の先生方へのエールですね。ありがとうございます。最後に、上杉先生に治療にあたって大切にされていることをお聞きしたいのですが。

Q. それでは河野先生に、特に思い出に残っているエピソードがあればお聞かせください。

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

………………………
*本ページは個人の意見であり、必ずしも全ての方にあてはまるわけではありませんので詳しくは主治医にご相談ください。


その他の先生のインタビューを見る


[0]ホーム
[1]ロコモ対策室〜どこでもロコトレ〜
[2]先生があなたに伝えたいことTOP
[3]病院検索TOP
[4]友達に教える

※当サイトを閲覧する際、「パケット通信料」がかかります。「パケット通信料」はご契約されている携帯電話会社・ご契約の内容により異なります。必ずご確認下さい。
※サイトに掲載されている医療情報は医師の監修を受けていますが症状には個人差があるため、詳しくは専門医にご相談ください。
© KYOCERA Corporation