関節が痛い
「人工関節とは?」の詳しいご説明と、関節痛や股関節・膝関節の痛み(股関節痛、膝関節痛、骨折等)の情報をご提供するサイト
先生があなたに伝えたいこと
………………………
ふくだ整形外科 骨粗しょう症・スポーツクリニック 院長(愛知県)(愛知県)
福田 康平 先生(専門:股関節・膝関節)
………………………
▼Q. ありがとうございます。次に、先生のご専門である股関節、膝関節の疾患についてお伺いします。変形性関節症の患者さんが多いとのことですが、やはり手術が必要なのでしょうか?
………………………

A. 変形や痛みがひどいときは手術が必要になりますが、基本的にはすぐに手術になることはありません。まずは弱った筋肉を回復させるための運動療法を行います。具体的には大腿四頭筋(だいたいしとうきん:太ももの前側の筋肉)のトレーニング、股関節周囲の筋肉を柔らかくするストレッチなどです。手術に至る場合でも、術後のスムーズな回復のために、筋トレや関節の可動域(かどういき:動かすことができる範囲)を広げておくことが大切です。
また、痛みが強いときは痛み止めも使います。運動療法や薬物療法を行い、それでも改善されない場合には手術を考えます。

大腿四頭筋を鍛える方法の例
大腿四頭筋を鍛える方法の例

次の質問を見る

………………………

Q. 本日は股関節と膝関節のお話を中心に伺いますが、まずこちらの整形外科の特徴をお聞かせください。

Q. 先生は外来でエコー(超音波診断装置)を使った診察をされるとのことですが、エコーはどのように使われるのでしょうか?

Q. その場で検査しながら治療を行えるのですね。あまり外来では見かけないのですが、特別な理由があるのでしょうか?

Q. ありがとうございます。次に、先生のご専門である股関節、膝関節の疾患についてお伺いします。変形性関節症の患者さんが多いとのことですが、やはり手術が必要なのでしょうか?

Q. 人工関節手術で症状はどのくらい改善されますか?

Q. では手術の方法について伺います。人工関節手術にもいろいろな方法があるそうですが、先生はどのような方法で手術されるのでしょうか?

Q. 患者さんにとってより良い方法を選択できるよう、しっかり準備をされているのですね。

Q. 人工関節手術以外で、特に先生が注力されている治療などはありますか?

Q. 骨粗鬆症の治療について具体的に教えてください。

Q. ありがとうございました。最後に、先生が整形外科医を目指されたきっかけをお聞かせください。

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

………………………
*本ページは個人の意見であり、必ずしも全ての方にあてはまるわけではありませんので詳しくは主治医にご相談ください。


その他の先生のインタビューを見る


[0]ホーム
[1]ロコモ対策室〜どこでもロコトレ〜
[2]先生があなたに伝えたいことTOP
[3]病院検索TOP
[4]友達に教える

※当サイトを閲覧する際、「パケット通信料」がかかります。「パケット通信料」はご契約されている携帯電話会社・ご契約の内容により異なります。必ずご確認下さい。
※サイトに掲載されている医療情報は医師の監修を受けていますが症状には個人差があるため、詳しくは専門医にご相談ください。
© KYOCERA Corporation