関節が痛い
「人工関節とは?」の詳しいご説明と、関節痛や股関節・膝関節の痛み(股関節痛、膝関節痛、骨折等)の情報をご提供するサイト
先生があなたに伝えたいこと
………………………
国家公務員共済組合連合会 横浜南共済病院(神奈川県)
佐藤 昌明 先生(専門:股関節・膝関節)
………………………
▼Q. 変形性股関節症は、どのような人に多いのですか?
………………………
A. 軟骨は経年劣化していくので加齢に伴って起こることが多く、とくに骨粗鬆症(こつそしょうしょう)で骨がもろくなりがちなご高齢の女性に多いです。もともと股関節脱臼がある人に起こりやすいのですが、最近は高齢化が進んで骨盤の構造に問題がなくても軟骨が劣化して発症する人が増えました。

次の質問を見る

………………………

Q. 本日は股関節と膝関節についてお話を伺います。まず、股関節の疾患について教えてください。

Q. 変形性股関節症は、どのような人に多いのですか?

Q. 股関節脱臼について教えてください。

Q. 変形性股関節症の治療法について教えてください。やはり手術が必要でしょうか?

Q. では、人工股関節手術についてお伺いします。まず、人工股関節はどのような構造になっているのでしょうか?

Q. 人工関節には寿命があると聞きましたが、具体的にどこに問題が出てくるのでしょうか?

Q. 人工関節も進化しているのですね。手術方法も変わってきているのでしょうか?

Q. 次に膝についてお伺いします。まず、膝関節の構造を教えてください。

Q. 半月板というと、スポーツで傷める人が多いイメージがあります。

Q. 半月板を損傷した場合、手術が必要ですか?

Q. 他に膝の疾患で多いものは何ですか?

Q. では、治療法についてお聞きしますが、膝の変形性関節症もすぐに手術にはならないのでしょうか?

Q. では、どのような場合に手術を考えるのでしょうか?

Q. 画像診断で手術を決めることはない、ということですか?

Q. それは、膝の痛みの原因が股関節ということもあるということですか?

Q. ありがとうございました。最後に、先生がこれまで治療された患者さんの中で、特に印象深いエピソードがあればお聞かせください。

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

………………………
*本ページは個人の意見であり、必ずしも全ての方にあてはまるわけではありませんので詳しくは主治医にご相談ください。


その他の先生のインタビューを見る


[0]ホーム
[1]ロコモ対策室〜どこでもロコトレ〜
[2]先生があなたに伝えたいことTOP
[3]病院検索TOP
[4]友達に教える

※当サイトを閲覧する際、「パケット通信料」がかかります。「パケット通信料」はご契約されている携帯電話会社・ご契約の内容により異なります。必ずご確認下さい。
※サイトに掲載されている医療情報は医師の監修を受けていますが症状には個人差があるため、詳しくは専門医にご相談ください。
© KYOCERA Corporation