関節が痛い
「人工関節とは?」の詳しいご説明と、関節痛や股関節・膝関節の痛み(股関節痛、膝関節痛、骨折等)の情報をご提供するサイト
先生があなたに伝えたいこと
………………………
特定医療法人 朋仁会 整形外科 北新東病院(北海道)
佐々木 拓郎 先生(専門:股関節)
………………………
▼Q. 臼蓋形成不全とは?
………………………

A. 大腿骨頭を覆う臼蓋が十分に成長しない疾患のことで、日本人に多い傾向があります。臼蓋が浅いので被覆性が低く、骨頭は臼蓋から外へはみ出して、接触面が小さい状態になります。このため狭い面積で体重を支えなくてはならず、軟骨が傷んでしまうのです。さらに関節唇(かんせつしん)が傷つきやすくなります。関節唇は陰圧効果で吸盤のように骨頭を安定させる役割がありますので、傷めると骨頭は不安定性が増し、変形性股関節症へ至るリスクが高まります。

正常
正常

臼蓋形成不全
臼蓋形成不全

関節唇

次の質問を見る

………………………

Q. 今回のテーマである変形性股関節症(へんけいせいこかんせつしょう)とは、どのような疾患なのでしょうか?

Q. 臼蓋形成不全とは?

Q. 変形性股関節症の治療としては人工股関節手術しかないのでしょうか?

Q. 治療にも段階があるのですね。人工股関節にした場合、耐用年数が気になります。

Q. 人工股関節は具体的にどこが進歩したのですか?

Q. 手術手技の進歩についてはいかがでしょうか?

Q. ALSは患者さんにとってメリットが大きいのですね。

Q. よくわかりました。手術といえば合併症も心配です。

Q. ありがとうございました。最後に先生が整形外科医を選ばれた理由を教えてください。

………………………
*本ページは個人の意見であり、必ずしも全ての方にあてはまるわけではありませんので詳しくは主治医にご相談ください。


その他の先生のインタビューを見る


[0]ホーム
[1]ロコモ対策室〜どこでもロコトレ〜
[2]先生があなたに伝えたいことTOP
[3]病院検索TOP
[4]友達に教える

※当サイトを閲覧する際、「パケット通信料」がかかります。「パケット通信料」はご契約されている携帯電話会社・ご契約の内容により異なります。必ずご確認下さい。
※サイトに掲載されている医療情報は医師の監修を受けていますが症状には個人差があるため、詳しくは専門医にご相談ください。
© KYOCERA Corporation