関節が痛い
「人工関節とは?」の詳しいご説明と、関節痛や股関節・膝関節の痛み(股関節痛、膝関節痛、骨折等)の情報をご提供するサイト
先生があなたに伝えたいこと
………………………
医療法人社団善衆会 善衆会病院(群馬県)
佐藤 貴久 先生(専門:股関節)
………………………
▼Q. 両側を同時に人工股関節手術することもあるのでしょうか?
………………………

A. 両側同時(りょうそくどうじ)に手術をするメリットがあります。ひとつは両側が悪い患者さんは脚長差(きゃくちょうさ)といって脚の長さが左右で違ってしまっています。これが原因となって近くの膝関節だとか骨盤の歪みがおこり、片側だけ手術してリハビリをする場合にうまくいかないこともあるのですが、両側同時なら脚長差の調整がよりうまくできます。次に、リハビリを1度に済ませることができるのもメリットです。そして何よりも、いっぺんに痛みを低減させることができることが大きなメリットです。ただ、手術時間、出血量、麻酔に掛かっている時間などの手術侵襲が大きいため、その分患者さんの体への負担が大きくなるデメリットもあります。

脚長差
脚長差

両側同時人工関節置換術の手術
両側同時人工関節置換術の手術

次の質問を見る

………………………

Q. まず始めに、股関節はどんな構造になっているのでしょうか? それぞれの部位や働きを簡単に教えてください。

Q. 股関節の代表的な疾患について教えてください。

Q. 長年の徐々におこっていく変形で痛みが出るのでしたら、やはり、高齢の方に多い病気なのですか?

Q. 骨の変形している人というのはどれくらいの数がいらっしゃるのでしょうか?

Q. 女性の方が多いのはどうしてでしょうか?

Q. その治療法について教えてください。

Q. 病期によって治療法は変わるのですね。

Q. 手術を希望されている患者さんにはどのようなご説明をされているのでしょうか?

Q. ということは、人工股関節の耐用年数は向上しているのでしょうか?

Q. 両側を同時に人工股関節手術することもあるのでしょうか?

Q. 人工股関節手術の手術時間はどれくらいなのでしょうか?

Q. 後側方アプローチとはどんな手術なのですか?

Q. 右と左で違う種類の人工股関節を入れることもあるのでしょうか?

Q. 脚長差が大きいと、ほかにどんな障害が出るのでしょうか?

Q. 手術の合併症についてお話をお伺いできますか?

Q. リハビリは具体的にどのようなことをするのでしょうか?

Q. 先生が治療にあたって特に気をつけられていることは何ですか?

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

………………………
*本ページは個人の意見であり、必ずしも全ての方にあてはまるわけではありませんので詳しくは主治医にご相談ください。


その他の先生のインタビューを見る


[0]ホーム
[1]ロコモ対策室〜どこでもロコトレ〜
[2]先生があなたに伝えたいことTOP
[3]病院検索TOP
[4]友達に教える

※当サイトを閲覧する際、「パケット通信料」がかかります。「パケット通信料」はご契約されている携帯電話会社・ご契約の内容により異なります。必ずご確認下さい。
※サイトに掲載されている医療情報は医師の監修を受けていますが症状には個人差があるため、詳しくは専門医にご相談ください。
© KYOCERA Corporation