関節が痛い
「人工関節とは?」の詳しいご説明と、関節痛や股関節・膝関節の痛み(股関節痛、膝関節痛、骨折等)の情報をご提供するサイト
先生があなたに伝えたいこと
………………………
独立行政法人 地域医療機能推進機構 大阪みなと中央病院(大阪府)
今村 史明 先生(専門:膝関節)
小倉 宏之 先生(専門:骨粗鬆症)
井石 琢也 先生(専門:膝関節)
………………………
▼Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。
………………………

A. 大阪みなと中央病院整形外科の今村です。膝の痛みで悩まれている患者様へ、私たちは常に患者様のことを考えています。膝の痛い方は、こちらのほうに来られるときには緊張されている方もいらっしゃいますが、リラックスしてお話ししていただいて、どういう風な痛みがあるのかというのを丁寧にお聞きした上で、できるだけ、その方に応じた治療を心がけています。現在の人工関節は機能的に良くなって、手術も容易にできるようになってきました。患者様自身のモチベーション、「私、頑張るよ」という気持ちがあれば、手術はうまくいきます。もちろん、人工関節以外で痛みをとる治療法もありますので、ぜひ気軽に整形外科を受診されて、医師といっしょに痛みのある膝を治していきましょう。


取材日:2016.8.1
………………………

Q. 本日は膝関節の疾患についてお話をお伺いしたく、3名の先生方にお集まりいただきました。まずは膝関節の構造について教えてください。

Q. では膝はどうして痛むのでしょうか? その主な疾患は?

Q. 変形性膝関節症になりやすい人というのはあるのですか?

Q. 変形性膝関節症の保存的治療では、ほかにどういうことをするのですか?

Q. 手術には段階に応じて種類があるのでしょうか?

Q. 片側の軟骨だけが傷んでいて、かつ高齢の方にはどういう手術が適応になりますか?

Q. 若い方でも軟骨全体が摩耗し変形してしまっている場合は、人工膝関節置換術の適応になりますか?

Q. 具体的に、人工膝関節の耐用年数はどれくらいなのですか?

Q. ほかには人工膝関節や、その手術方法にどのような進歩がありましたか?

Q. 人工膝関節手術の入院期間はどれくらいですか?

Q. 退院後の患者さんにアドバイスをお願いします。

Q. ありがとうございました。最後に、先生方が治療される上で大切にされていることをお聞かせいただけますか?

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

………………………
*本ページは個人の意見であり、必ずしも全ての方にあてはまるわけではありませんので詳しくは主治医にご相談ください。


その他の先生のインタビューを見る


[0]ホーム
[1]ロコモ対策室〜どこでもロコトレ〜
[2]先生があなたに伝えたいことTOP
[3]病院検索TOP
[4]友達に教える

※当サイトを閲覧する際、「パケット通信料」がかかります。「パケット通信料」はご契約されている携帯電話会社・ご契約の内容により異なります。必ずご確認下さい。
※サイトに掲載されている医療情報は医師の監修を受けていますが症状には個人差があるため、詳しくは専門医にご相談ください。
© KYOCERA Corporation