関節が痛い
「人工関節とは?」の詳しいご説明と、関節痛や股関節・膝関節の痛み(股関節痛、膝関節痛、骨折等)の情報をご提供するサイト
先生があなたに伝えたいこと
………………………
浜松赤十字病院(静岡県)
古橋 亮典 先生
(専門:人工膝関節)
………………………
▼Q. 手術にも選択肢はあるのですか?
………………………
古橋 亮典 先生
A. 大きくは片側、主には内側ですね、そちらだけを人工物に換える「人工膝関節単顆置換術(じんこうひざかんせつたんかちかんじゅつ:UKA)」と、すべてを人工物に換える「人工膝関節全置換術(じんこうひざかんせつぜんちかんじゅつ:TKA)」があります。UKAを行える条件は、靭帯がすべて無事で外側の軟骨が残っていることと、膝の動きが悪くないことです。あとは、内側だけが悪い場合で人工関節は避けたい、自分の骨で何とかしたいという方には「高位脛骨骨切り術(こういけいこつこつきりじゅつ)」という選択肢もあります。これは膝関節の近くで脛骨を切って骨の向きを変え、脚をまっすぐにしてあげる、内側にばかりかかる体重を外に逃がしてあげて痛みを取るという治療です。
手術の考え方としては、まずはUKAか骨切り術を選択し、それでは対応が難しいというときにTKAを選択するということになります。たとえば内側だけ悪くても、その変形が強度だったり、靭帯が傷んでいたり、膝がかなり不安定だったりというときは、TKAの適応となります。片側だけ換えても、膝関節の動きの改善につながらないのなら、全部を換えたほうが動きもだんぜん良くなります。この意味でも、TKAは適応範囲の広い手術です。

人工膝関節単顆置換術(UKA)
人工膝関節単顆置換術(UKA)
画像をクリックすると拡大します。

人工膝関節全置換術(TKA)
人工膝関節全置換術(TKA)
画像をクリックすると拡大します。

次の質問を見る

………………………

Q. 初めに、膝関節の構造と仕組みについて教えてください。

Q. 変形性膝関節症(へんけいせいひざかんせつしょう)とは、どこがどのように悪くなるのでしょうか?

Q. 変形性膝関節症の原因とは?

Q. 半月板や靭帯の損傷は、やはり激しい運動などが原因なのですか?

Q. そういうこともあるのですね。半月板は内側の後ろ側に体重がかかりやすいということですか?

Q. O脚や半月板損傷、靭帯損傷の既往のある方のほかに、変形性膝関節症になりやすい方というのはあるのでしょうか?

Q. わかりました。ありがとうございます。治療法ですが、変形性膝関節症の治療イコール手術ということなのでしょうか?

Q. 軟骨が残っていて、保存療法で痛みも楽になれば、それで一生大丈夫ということもあるのですか?

Q. 手術にも選択肢はあるのですか?

Q. それではUKAのメリットとは何でしょうか?

Q. では高位脛骨骨切り術のメリットは? また、UKAとどちらを選択するかはどのように決められるのですか?

Q. それでは適応範囲が広いというTKA(人工膝関節全置換術)について伺います。その手術手技は進化しているのでしょうか?

Q. 特に術後の痛みが心配という方は多いのでしょうね。

Q. 患者さんの術後の満足度も上がっているのではないですか?

Q. 両方の膝関節とも手術をされる方が多いのですね。

Q. ありがとうございました。ところで、これまでに先生が治療された患者さんで、特に印象に残っておられる方はいらっしゃいますか?

Q. 最後に、先生が整形外科医を選ばれた理由を教えてください。

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

………………………
*本ページは個人の意見であり、必ずしも全ての方にあてはまるわけではありませんので詳しくは主治医にご相談ください。


その他の先生のインタビューを見る


[0]ホーム
[1]ロコモ対策室〜どこでもロコトレ〜
[2]先生があなたに伝えたいことTOP
[3]病院検索TOP
[4]友達に教える

※当サイトを閲覧する際、「パケット通信料」がかかります。「パケット通信料」はご契約されている携帯電話会社・ご契約の内容により異なります。必ずご確認下さい。
※サイトに掲載されている医療情報は医師の監修を受けていますが症状には個人差があるため、詳しくは専門医にご相談ください。
© KYOCERA Corporation